http://your8686.blog48.fc2.com/


 それぞれの春?!
2005年03月27日 (日)

ミー太です。
ずいぶん元気になりましたよ。

春らしくなってきたせいか、食欲が出てきました!

手の上で、寝ながら食パンを食べています(*^・^*)


食べたあとは、お口の周りのお手入れ。

なぜか、横になったまま…(笑)


そして、体勢を整えて、また、うとうとします。

ミー太は、この体勢のとき、なぜかいつも足が浮いています(^_^)




チー太です。

春になって、そわそわするようになりました。床材の新聞紙をビリビリにし、塩土を掘ってまわりに土を散らしています。

この写真は、ダンナの半纏の袖口から入って登り、わきの下の辺りの、半纏と上着の間を掘っているところです(^^;

汗クサイと思うのですが、なぜかうっとりした顔をしていますねぇ…??
まぁ、元気なのが一番なのですが…。


更新情報;「リンクの部屋」に、こてつさんのHP 「Minimum Space」を追加しました。



 のんびり暮らしています
2005年03月23日 (水)

ミー太です。だんだん復活してきました!
先週まで、吐くような動作を繰り返し、舌は紫色になり、目をむいて倒れ込んでしばらく動かない…というひどい発作を何度も起こしていたので、もう何日も生きられないかも、と思っていたのですが、いまは軽い発作も出なくなりました。

2ヶ月あまり前に肺炎になってからずっと通院したり薬を飲まされたりする状態が続いていたので、ストレスがたまって、それが発作の引き金になったのかもしれません。
思い切って薬をやめ、なるべく刺激を与えないようにしたところ、発作が起こらなくなって、また、手の上で甘えてくれるようになりました。

いままでのように甘えたいけれど、人間が嫌なこと(通院、投薬)をするようになったから信用できないし…という気持ちが、発作として表れていたのかもしれません…。
ミー太はもともと、嫌なことをされても噛んだりせずに我慢する子なので、余計にストレスをため込んだのかもしれません。
ハムの心は、とっても繊細なのでしょうね。

これは、カボ種を食べているところです。
いまは何でも好きなものを好きなだけ食べさせていますが、病気をする前に比べて、ずいぶんやせました。

でも、もうだめかも…と、いったんは覚悟しただけに、復活して、こうして食欲も出てきたことが言葉にできないくらいうれしいです♪



 お地蔵さん?だるまさん?
2005年03月19日 (土)

チー太です(*^・^*)

ダンナの手の上で1時間近く寝た後、だんだん目が覚めてきてボーッとしているときには、いつもこのポーズをしています。

不安定で苦しいのでは?と思うのですが、いつもこのポーズのまま、しばらくうつらうつらしています。




ミー太です(*^・^*)

寝起きでぼーっとしていて、顔に寝癖がついていますが、しっかりスタミノンをなめています。

なるべくそっとしておくようにしてから、発作がだんだん少なくなってきました!
いまは、ひどい発作はなくなって、小康状態です。

好きなものを少しずつ食べて、のんびり暮らしています。

ひどい発作を起こしていたときは、いまにも旅立つのでは…と思いましたが、この調子なら何とか2歳を迎えられそうです(^_^)v

毎日の掃除のときだけ、移動のために抱っこするのですが、前は抱き上げるとすぐ発作を起こしていたのに、このごろは少しの間(20~30秒くらい)なら発作を起こさずに手の上にいて、手をぺろぺろなめてくれるようになりました。
また発作を起こすのでは…と、私の方が不安なので、それ以上は無理をさせないで、すぐに衣装ケースのおうちへ戻しています。

だんだん暖かくなって、老ハムには過ごしやすくなってきたようです。
でも、心配なので、ホットマットを衣装ケースの下に敷いている以外に、まだ夜はエアコンで暖房し、カイロを巣箱の横あたりに、衣装ケースの外側から立てかけています。
エアコンのおかげで、チー太の方は抜け毛がすごくて、毛変わり真っ最中ですが…(^^;



 のぞいてみました
2005年03月11日 (金)

「なんだか、ゆあの気配がするなぁ。」(by チー太)
「チー太く~ん、遊びましょ~♪」(by ゆあ)

「仕方がないなぁ。相手をして、おやつでもGETして来るか…。」(by チー太)

この後、すごいスピードで手のところまで走ってきて、しがみつきます(笑)



これは、ミー太です。目を開けたままですが、ぐっすり寝ています。

吐くような動作をすることが増えていたのですが、だんだんひどくなり、吐くというよりは心臓発作かも?と思える、かなり苦しそうな様子をするようになってきました。
抱き上げると興奮するらしく、発作が出るので、しばらく抱っこはしないで、住まいの衣装ケースの中にいるミー太をなでるだけにしようと思います。

お世話になっている獣医さんのところまで長距離(片道100分)通院させることは、体力的に、ミー太にはもう無理だと思います。
また、発作を誘発するため抱き上げることができないので、たとえ通院して薬を処方してもらったとしても、飲ませることができません。
食べられる物の種類も量も極端に減っているので、薬を食べ物に混ぜて飲んでもらうことも、いまは難しいと思います。

それで、このまま見守ることに決めました…。
毛艶がよくて、表情があどけないミー太を見ていると、発作さえ出なければ、まだまだ傍にいてくれそうに思えるのですが、ひどい発作が起きたときには、このままま旅立つのかも…と思ってしまいます。

ミー太が喜んで食べてくれる物を探してなるべく食べさせ、刺激しないように穏やかに暮らさせることしかできませんが、お別れの日まで、しっかり見守っていこうと思います。
日記をなかなかUPできなくて、ごめんなさいm(__)m



 甘えん坊チー太
2005年03月03日 (木)

日記をUPするのも、チー太の写真をUPするのも、久しぶりになってしまいました(^^;

チー太は、相変わらず甘えん坊路線で、衣装ケースに手を入れて呼ぶと、すごいスピードで手のところまで走って来ます。


抱っこされてたっぷり寝ると、やっと満足するようです(*^・^*)


「写真を撮っていないで、早く抱っこしてよ!」(by チー太)



スタミノンをなめさせてもらうミー太です。

右目は見えていないようですが、もとの黒い色に戻りました。

でも、老化は日々進んでいるようです。
薬を飲んだ後やスタミノンをなめた後に、のどに引っかかったような動作をすることが増えました。
人間も年を取るとお餅がのどに引っかかったりしますが、それに似ていますね。

体重も、だんだん減って、現在56gです。
ミー太は体長があって骨格が大きいので、この体重でも、ずいぶんやせて見えます。

4月で2歳になりますが、このまま痛みや苦しみがなく、穏やかに過ごして、無事に2歳を迎えてくれることを願っています。