http://your8686.blog48.fc2.com/


 うれしい顔
2006年05月30日 (火)

ハムって、とっても表情が豊かですよね。
うれしい場合でも、なでられたりほめられたりしたときの顔と、おやつをもらったときの顔では、全然違いますね(*^・^*)
おやつのときの顔はいままでにも載せたことがあるので、今日は、なでられてご機嫌になったときの顔を。


うれしい…  by ミー太
「うれしい 」  (by ミー太)




うれしい~  by チー太
「うれしい 」  (by チー太)



みなさんもそうかもしれませんが、我が家では、なるべく話しかけて育てます。

たとえば、毎朝の小掃除のときは、「お掃除するよ。いい?」と尋ねて、ハムが返事(ツン)をしたら、待機場所(デパートなどの紙袋)に移します。
小掃除が終わって手のお迎えが来るまでの間、毛づくろいしたり寝たりしながら、ミー太もチー太もおとなしく待っていてくれます。
その後は、「待っていてくれたねー。イイコイイコ…」と、ほめちぎります(^_^)


また、手の上にしばらくいた後に、「もう、おうち(衣装ケース)に帰る?」と尋ねると、まだ手の上にいたいときには返事をしないので、引き続き、なでなで。満足そうにしています。
反対に、「もう、おうちに帰る?」と言われて返事(ツン)をしたのに、人間が動き出さない(連れて帰ってくれない)ときには、あれ??という感じでそわそわして、帰る方向に身を乗り出します。


この他にも、あらゆる場面で、話しかけています(^^ゞ
それに応じた表情や動作をしてくれるので、ハムはいくつかの言葉(または、状況との関連)を識別しているのだと、私は感じていますが…。
みなさんは、どう思われますか?(*^・^*)


 大柄ハムスターの系譜
2006年05月27日 (土)

最近の我が家の子たちはみんな大柄です(*^・^*)

でも、ハムを飼い始めてから約6年間、4匹目の子までは、みんな55g前後どまりでした。
ちょっと大き目だったものの、60gを超えた子はいませんでした。

我が家が大柄帝国(笑)になるきっかけは、↓この、3代目チー太でした。
3代目チー太 74g
オーッス!ボク、3代目チー太だよ。(耳掃除中です)


3代目チー太は、それまでの子と同じように育てていたのに、あっという間に、最高体重74g、体長13.7センチという、縦横そろった堂々たる体格になりました。

1歳半を過ぎたころ、歯からの感染症で、口やのどに肉腫ができ、ほとんど水に近いさらさらした物しかのどを通らなくなりました。
動物病院を変えて、やっと病名がはっきりしたときには、早ければ数日で逝ってしまうと宣告されたのです。その時点で、肺炎も併発していました。

でも、それから、3代目チー太は肺炎を克服したのです。
感染症には結局勝てなかったのですが、先生の予想を超えて、3週間、がんばり続けました。
発病時70gほどあった体重は、最後には35gを切っていました。
骨格が大きかったので、35gといっても、最後には歩けるのが不思議なほどやせ細っていました。

本当に、立派な闘病態度でした…。
3代目チー太のがんばりはもちろんですが、大柄だったからこそ、そこまで闘病できたと、私は思っています。

そして、3代目チー太が食欲があってものどにひっかかるためにほとんど食べられなくなった状態を見守りながら、何の心配もなく食べさせてやれることのしあわせを思い知らされました。

ハムは、病気になったり老化が始まったりすれば、あっという間に10~15gくらいはやせてしまいますね。
元々細身の子では、もちこたえられないようなときにも、体格が大きければもちこたえてくれる場合もあるのでは…と思っています。

やたらにおやつを与えて不健康に太らせるのは論外ですが、3代目チー太以後、我が家では、バランスのとれた食生活で大柄になるのは大歓迎、という方針になりました。

長々とすみません…。
決して、大柄にすることを勧めているわけではないのです(^^;
ハムの健康状態の管理は、当然、それぞれの飼い主さんの判断ですべきことですから。

いままでこの日記を見てくださっていて、どうしてそんなに大柄にしてしまうの?と思っていた方が、たぶんいらっしゃると思います…(笑)
その理由は、以上のようなことです(^^ゞ


前置きが長くなりましたが、大柄ハムの系譜の続きを。

3代目ミー太 68g
3代目ミー太です。
最高体重68g。とても人なつこい子で、オフ会でたくさんの人になでてもらいました。





4代目チー太 65g
4代目チー太です。
最高体重65g。たくさん笑顔をくれました。いままでで一番立派なタ○タ○の持ち主(^^;





4代目ミー太 65g
現役4代目ミー太です。
最高体重65g。この写真は、冬毛でふかふかだったときのもので、いっそう大きく見えます。



現役5代目チー太は、キャンベルなので運動量が多いため、現在49~51gくらいです。
これ以上の大柄になってくれるかどうかはわかりませんが、50gあれば、病気などのときに体重が減っても、まあ大丈夫かな…と思います。
元気で過ごしてくれれば、いまのままでも、もっと増えても、どちらでもいうことはありません♪





ね、ボクだけじゃないでしょう!
大柄なのは、ボクだけじゃなくて、デントウなんだって。(by ミー太)



 座頭チー
2006年05月23日 (火)

ねむねむ…
お昼には眠いようですが、眠気食欲 ということで、ねむねむなお目目で食べています。



ん?なぁに?
「ミーちゃん!」と呼びかけると、「なぁに~?」と、お目目がちょっと大きくなりました。






激ねむ
一方、チー太は、激ねむです。食べながらも、お目目が開いていません(笑)



座頭チー
「チーちゃん!」という呼びかけにも、1ミリ開くのがやっとでした。 座頭チー?(爆)



眠くても食欲があるくらいの方が、安心していられます(*^・^*)
ミー太は現在65g、チー太は50gです。チー太は毛足が長いので、大きく見えますが、案外スリムなのです(笑)
我が家の歴代の子はみんな50gを超えましたので、チー太は、やっと(我が家の)基準に達したところです。




ほんとは、こんなにお目目が大きいんだよ!
ボクね、本当はこんなにお目目が大きいんだよ。知ってた?(by チー太)



 直立一本○゛ソ の系譜
2006年05月20日 (土)

思えば、こうして先代の4代目チー太が、直立一本○゛ソ を初めて披露してくれて…
4代目チー太





いまの4代目ミー太も、その後に続き、あくびまでプラスするという新ワザを披露し…
4代目ミー太





ついに、いまの5代目チー太も、直立一本○゛ソ のワザを体得いたしました
5代目チー太


御覧ください。
このすばらしい照り。まるで、日時計のように影を伴っています 
ウン日時計



お食事中の方、申し訳ありませんm(__)m
でも、ハムのきれいなウ○チは、健康のしるしですから…。
これからも、ずっと健康なウ○チが続くことを願ってやみません。


 ハムの目の見え方についての私見
2006年05月18日 (木)

きらきらお目目
活動中の、きらきらお目目のチー太です。


以下、文字ばかりですので、興味のない方はどうぞパスしてください(^_^)


続きを読む?


 足の裏を見せてもらいました
2006年05月14日 (日)

繭足?ジャンガリアンの足の裏って、かわいいですよね(^_^)
盛り上がるくらいにモコモコ毛が生えていて、遠くから見ると、繭(まゆ)みたいに見えませんか?

←は、ジャンガリアンのミー太の足の裏です。

キャンベルのチー太も、足の裏に毛が生えていますが、ジャンガリアンとはちょっと生え方が違います。





リラックス(ミー太の足)普通の状態のミー太(ジャンガリアン)の足(右足)です。

全体に、きれいに白い毛が生えています。

リラックス(チー太の足)普通の状態のチー太(キャンベル)の足(左足)です。

上半分は、毛が薄く、指が透けて見えます。
下半分は、長めの毛が生えています。






ちょっと力を入れたとき(ミー太の足)ちょっと力が入った状態のミー太(ジャンガリアン)の足(右足)です。

力を入れても、皮膚が透けて見えることはほとんどありません。


ちょっと力を入れたとき(チー太の足)ちょっと力が入った状態のチー太(キャンベル)の足(右足)です。

上半分は毛が薄いので、指の形がはっきりわかりますね。

爪の感触も、チー太の方が硬い感じです。






かかと、目立たない(ミー太)ミー太(ジャンガリアン)の下半身です。

 (タ○タ○ではなくて)かかとに注目してください。

かかとのカーブが、それほど角ばっていません。


かかと、しっかり(チー太)チー太(キャンベル)の下半身です。

 (タ○タ○ではなくて)かかとに注目してください。

かかとのカーブが、くっきり直角です。




キャンベルは、活発で、かかとをあまり地面につけないでビュンビュン走るのかもしれません。
爪も、足の付き方も、ジャンガリアンより力強くて、「速く走るための足」という感じがします。

ジャンガリアンも、走るのは速いのですが、スピードが、ジャンガリアン=自転車、
キャンベル=バイク、という感じです。
こうして足を見てみると、やはりキャンベルのスピードにはかなわないのが納得できます。

祖先が、それぞれの生息地の環境に適応したのでしょうね。



今度は切れずに撮れました(^^;
ボクも、力強いでしょ?(by ミー太)



男前?
ボク、かっこいい?(by チー太)



 鼻の穴を見せてもらいました
2006年05月08日 (月)

仰向けで寝ているところを撮って、鼻の穴を見せてもらいました。
比較してみましたが、ジャンガリアンとキャンベルの差といえるかどうか…?
個体差かもしれません。 ハムの鼻の穴に詳しい方、教えてください(笑)


すやすやミー太ミー太です。

片手をあげて、よく寝ています。

ミー太は、口はいつも閉じています。




すやすやチー太チー太です。

すやすや寝ています。ずいぶん毛足が長くなりました。

チー太は、やや口が開いていることがあります。




やわらかいミー太の鼻ミー太の鼻の拡大図です。

ミー太の鼻は少しやわらかいので、「ツンして~」というと鼻でタッチしてくれるのですが、その感触は、ぷにゅっという感じです。




しっかりしたチー太の鼻チー太の鼻の拡大図です。

チー太の鼻は少しかためなので、「ツンして~」というと鼻でタッチしてくれるのですが、その感触は、コツンという感じです。




ところで、ハムの鼻の穴は横長に見えますね。
でも、横長なのは「溝の形」です。穴自体は、真ん中に近いところにあって、丸いのです。
下の写真は、ミー太の鼻を横から見たところです。穴の形がわかりますか?

横から見た鼻の穴(ミー太)
ハムって、身体のどの部分でもかわいいですよね



 チョキな足
2006年05月04日 (木)

昨年12月に健康診断に行ったとき、ミー太の足のポチが気になっていたので、診てもらいました。
診断は、タコだということでした。
すごく小さいころに左足の小指の付け根のところを脱臼して、そのまま育って固定してしまったらしい、ということです。
そこに力がかかってしまうので、タコになったようです。
健康診断のときの記事は、こちらです。


どんな状態かというと…
チョキな足

力が入ると、小指が開いて、チョキな足になります。
この写真のときは、力を入れてもらうために、寝ているところをちょっと不安定な姿勢になってもらいました(^^ゞ



タコはあるけど、痛くないよ。

小指の付け根に、タコがあります。
先生は、痛みはないでしょうし、本ハムは全く気にしていないでしょう、とおっしゃいました。
実際、ミー太はむっちり体型なのに、毎晩身軽に巣箱の屋根に上ったり下りたりしています。痛そうな様子はありません。

これからも、チョキな足をよく気をつけて見守っていきたいと思います。




ミー太の、面白い写真だけではなくて、かわいい写真も撮ろうとがんばっています。
せっかくのチャンスだったのに、頭が切れてしまいましたが、かわいいので(←おやばか)どうしても載せたくて…(^^ゞ 

は~い、ミー太でちゅ。
は~い、ミー太でちゅ。足はチョキでも、手は、ぱぁ~だよ。(by ミー太)


あ~ん。
穴があったら、入りたい。ひもがあったら、かじりたい。(by ミー太)




ちょこっと、チー太も…。
ボクも~。(by チー太)
ボクも~。(by チー太)