http://your8686.blog48.fc2.com/


 筋肉隆々
2007年06月24日 (日)

腫瘍の具合を診察してもらいに、一昨日病院へ行ってきました。
発見してから3週間になりますが、ほとんど大きくなっていないことから、
「たぶん、良性でしょう。」と言われました。
これからも、いままでどおり、アガリクスなどのサプリメントで対応していくことになりました。

ただ、できている場所が尿道に近いため、大きくなってくると尿が出にくくなる可能性があるそうです。出にくくなって3日ほどで命を落とす危険もあると言われました。
今後も、腫瘍の大きくなり具合には十分注意して行きたいと思います。


私たちの心配をよそに、チー太は元気いっぱいです。

筋肉隆々
筋肉隆々(金肉…ではありません!)



身体に力が入っています!
身体に力が入っています!



しっぽにも力が入ってます!!
しっぽにも力が入ってます!!



走っているときは、筋肉隆々で、野性的です。すごくスピードが出ます。
チー太は現在54~56g(お弁当込み)で、伸びると体長がかなりあり、触った感じでも、ぷよぷよしたところはありません。

毛足が長いのと、身体に力が入っているせいで、2枚目の写真はふっくらして見えますが…。
気のせいということにしてください(^^ゞ


 女装の系譜
2007年06月20日 (水)

くるみリスの女の子3年ほど前にへこさんにいただいた、
シルバニアのくるみリスの女の子。

そのドレスをちょっと借りて、リラックス中の
ハムたちのおなかの上に…。

掛けぶとんのようにかけているだけで、
   着せているわけではありません。

ドレス






3代目ミー太の女の子姿
3代目ミー太
うふっ♪




4代目チー太の女の子姿
4代目チー太
似合う?




4代目ミー太の女の子姿
4代目ミー太
うっとり





いよいよ、5代目チー太の女の子姿ですが…。
チー太は、親指に顔をうずめるようにするのがクセなので、ドレスが横にずれました(^^;
5代目チー太
寝相が悪い?



そして、体勢を直そうとすると…。
とうっ!
とうっ!


おとなしい子なので、手は全然かじりませんが、ドレスにはかじりついています(^^;
チー太は敏感なので、人間の手と慣れているブラッシング用の歯ブラシ以外が身体に触れると、すぐに起き上がります。
そういう繊細なところが、またいっそうかわいいです。(おやばか)



自前の毛皮が一番きれい♪
フラッシュ無しで撮りました。
自前の毛皮が一番似合っていて、ハンサムなチー太です(おやばかⅡ)



前の記事に書きました腫瘍は、現在、ほとんど大きくなっていませんが、もうしばらく様子を見てから、もう一度診察してもらう予定です。


 腫瘍…
2007年06月09日 (土)

毎日、チー太が仰向けでリラックスしてくれている間に、歯、臭腺、皮膚の状態や、おなかに異常(腫瘍など)がないかどうかを、チェックしています。

前の記事を書いた翌日に、チー太のおなかに腫瘍を見つけました…。
つまよう枝の頭の部分くらいの小さいものです。
こりこりした硬い腫瘍で、触った感じでは、内臓とかには癒着していないようでした。
場所は、下の写真の○印のあたりです。

おなかに…


大きくなり方を確認するために数日経過を見てから、昨日、病院へ行ってきました。

念入りに触診してくださいました。
診察の結果は…
1.触診した感じでは、悪性ではないように思われる。(いぼのようなもの。)
2.できている場所は、睾丸から伸びている管(←先生は名称をおっしゃらなかったのですが、たぶん輸精管だと思います)ではないかと思われる。

ということでした。
いまのところは、ほとんど大きくなってきていないので、現在飲ませているβグルカン(サプリメント)にアガリクスも追加して飲ませ、2、3週間経過を見ることになりました。

腫瘍が大きくなってきて歩くのに支障が出たり、排尿に支障が出たりするようであれば、手術という選択肢もあるということでした。
大きさがあまり変わらなければ、サプリメントで抑えながら、そのまま過ごすことになると思います。

腫瘍といっても、「下腹部に腫瘍ができています。」と言ってチー太を先生に渡し、先生がひととおり触って「え?どこですか?」と聞き直されたほど小さいものです。
ですので、このまま大きくならなければ、チー太にとっては全然気にならない程度のものだと思います。
本ハムは食欲もあり、毛艶もよく、とても元気です。

まだ老化は表れていないと思っていましたが、腫瘍を見つけたことで、今後はいままで以上に気をつけて様子を見守って行かなければ、と思っています。
1歳半というのは、やはり1つの節目なのですね…。
とはいえ、なるべくチー太のストレスにならないようにするつもりです。
サプリメントも、薬のときのように仰向けにして飲ませるのではなく、スタミノンを少しだけ混ぜて、自分でなめてもらうようにしています(*^・^*)


ボク、がんばるでちよ。ボク、がんばるからね~!(by チー太)
ねむねむ…

先生におなかをムニムニされてイヤだったと思うのですが、チー太は少し抵抗しただけでおりこうにしていました。
でも、ちょっとくたびれたようです。



 言い訳
2007年06月02日 (土)

チー太は、今月15日で、1歳半になります
でも、まだ老化も見せず、童顔で、毛並みもピカピカです
キャンベルは活発で、走るスピードもジャンガリアンよりずいぶん速いのですが、チー太も、まだすごいスピ-ドが出ます(^_^)

…ということで、食べているときと手の上にいるとき以外は、なかなか、ちゃんとした写真が撮れないのです(^^;
と、先に言い訳しておきます(笑)

以前にも同じような写真を載せましたが、また、「スタミノンまぜまぜβグルカン」を作るときに使ったつまよう枝をなめているときの写真です。
かわいいのが撮れましたので(おやばか)、どうかお許しくださいm(__)m

スタミノンまぜまぜβグルカン いただいいてます♪
童顔でしょう?




お手手が、かわいかったり…
同じような写真に見えますが、お手手が、かわいかったり



下くちびるが、かわいかったり♪
下くちびるが、かわいかったりします



結局、おやばかですね(^^ゞ

元気でぴかぴかのチー太ですが、実は、1ヶ所だけ具合の悪いところがあります。
下の前歯(切歯)が伸びすぎるのです…。

チー太は子どものころから下の前歯が長かったのですが、1歳ごろまでは実験動物用のデカペレットもガリガリかじれ、不自由なく暮らしていました。
ところが、1歳になる少し前ごろから、上の前歯のうちの1本が白くなってきて、伸びが鈍ってきました。
その歯は、だんだん短くなって、現在は歯茎すれすれまで短くなっています。

白くなったのは1本だけですので、栄養などが原因というよりも、歯の老化、あるいは、体質ではないかと思っています。
もう1本の上の歯は健在ですので、食べるのにはほとんど差し支えないようです。

ですが、もともと長かった下の歯は、上の歯が1本になってから、擦り合わせて削れる量が2分の1になってしまったために、どんどん長くなってきました(>_<)
それで、獣医さんと相談し、1歳1ヶ月のときに初めて切ってもらうことになりました。
その後は、ずっと私が切っています。

こういう場合は、気付くのが遅れると、下の歯が伸びすぎて曲がってしまうこともあるようです。
チー太の場合は、毎日歯のチェックをさせてもらっているので、曲がる前に切り始めることができました。普通に食べられる状態を、当分、保っていけそうです。

チー太は、子どものころから下の歯が長い状態でちょうど噛み合っていましたので、下の歯を短くしすぎると上の歯との間に隙間ができて、食べ物がくわえられなくなります。
ですから、切るときも少しだけ切って、長めで保つようにしています。

歯切りも、亡くなったミー太は絶対イヤ!で徹底抗戦(首を振る、手で払う、ち~~~と鳴く)していましたが、チー太はほとんど暴れないので、切りやすくて助かっています。

私は、ハム飼育歴は12年目ですが、継続して歯切りが必要になった子は、亡くなったミー太が初めてでした。
そして、いまのチー太も、ということで、最近になって、連続です(>_<)
歯のことではいろいろ考えさせられ、歯切りの経験も積むことができました。
不正咬合になるべく早く気付くためには、歯のチェックは欠かせないと思います。

何年ハムと暮らしても、勉強の連続ですね。
それを、全然、苦労などとは思わないところが、重症のハム中毒の証拠…?(笑)