http://your8686.blog48.fc2.com/


 スポンサーサイト
--年--月--日 (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 暑すぎるぅ~!
2005年11月18日 (金)

ダンナの手の上で、この姿勢でしばらく寝ていたミー太。突然、目が覚めました。
気持ちよく寝ていたのに、起きてしまった、その理由とは… 


「暑いよぉ~!!」(by ミー太)


上の写真で、ミー太のわき腹のあたりの毛が濡れているのがわかりますか?
汗かきのダンナの、手の汗です(^^;
このあと、おうちに帰してもらったミー太が、トイレに駆け込んでシャカシャカしたのは、言うまでもありません(爆笑)


手の上は暖かいとはいっても(笑)、ハムスターの住まいの保温には、気を遣う季節になりましたね。
みなさんは、何度くらいを目安に保温していますか?
我が家の失敗について、お話したいと思います。


初めて飼った初代ミー太が、まもなく2歳になるというころ、設定ミスで、半日ほど、巣箱の周りを15度くらいまで低くしてしまったことがありました。
擬似冬眠になりかけたかどうかはわかりませんが、普段と比べてものすごく眠い状態になっていたのは確かです。

慌てて、温度を上げ、そっとしておいたところ、次の日には普通に戻りました。
しかし…それからすぐに、皮膚病を発症してしまったのです。
因果関係はわかりません。わかりませんが、温度が下がったことで体力を消耗し、免疫力が落ちて、発症してしまった可能性は大きいと思います。
それから8年近く経ったいまでも、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

5度を下回ると、擬似冬眠し、危険な状態になるということは、よく飼育本にも載っていますね。

しかし、高齢の場合や身体の弱い子の場合は、15度でも身体への負担は大きいと、我が家の失敗の例からも、わかります。

先日、あるハムのブログで、
「日内休眠(擬似冬眠と同じ意味のようでした)に入ってしまう温度は5度なので、それを下回らないように注意しさえすれば、そんなに温度を上げなくてもいい。」
という意味の書き込みを読みました。

私は、それを読んで、びっくりし、とても悲しい気持ちになりました。
「5度」に近い低温というのは、元気なハムにとっても、相当過酷な環境だと思えます。
ハムの健康状態によっては、死に直結する場合もあるかもしれません。

そういう方針で飼われているハムがいることが残念ですし、それを読んで真似をする人が出てきた場合のことを考えると、さらに悲しい気持ちになりました。

「最悪でも死ななければいい」ということと、家族の一員としてハムに「快適な生活をさせる」ということは、全く別の次元の話です。

私は、ハムの飼い方については、飼い主さんの判断でいいと思っていますし、普段は、他の人の飼い方についてどうこう言うことは慎まねば!と、自分に言い聞かせているつもりです。
でも、この書き込みについてはショックが大き過ぎて、いまだにその内容が頭から離れません。
そして、こうして、自分の失敗を記事にせずにはいられませんでした…。


我が家では、現在、20度を目安に温度管理をしています。
それでも、先代ミー太が1歳9ヶ月で肺炎になったときには、獣医さんから、「快復するまでは、25度近くまで上げてください」と言われました。
病気のハムにとっては特に、低温の環境に置かれることは恐ろしいことだと思います。

みなさんのところは、何度くらいを目安に保温していますか…?
(長々と読んでいただき、ありがとうございました。)

コメント


辛い失敗談の書きこみ、ありがとうございます
σ( ̄。 ̄) オイラのところには現在ジャンガリアンが3匹いますが、まだまだミー太一族のようにベタ慣れにはなってくれてません(泣
まぁ、それでも噛まれてもかわいいですけど
気温の事に関しては一応。15℃前後を目安にしようと考えてますねぇ
季節感を忘れない為に?ある程度の気温差は必要だと思っていますけど、年齢や体調に合わせないといけませんね
σ( ̄。 ̄) オイラも汗ッかきなので、もし手の上で腹だし寝したら、きっとハムの背中は濡れるな・・・・w
2005/11/18(金) 13:54 | URL | 魔チャ   [編集]


我が家の旦那も手に汗をかきやすいので、長時間触るのは無理です。
・・・というか、乗ってると思うと緊張して余計に汗をかいてしまうみたい。
こちらは初雪が降りかなり寒くなりました。高齢の子はとくに気を遣う
季節ですよね。寒いと体の体温を保とうとエネルギーを使うので、
体調を崩してる子や高齢の子はそのエネルギーに体力を使い、それで
弱ってそのまま旅立つ時もあるので冬場はほんとに心配です。
ちなみに我が家は今は23度くらいです。
2005/11/18(金) 20:16 | URL | ふわわん   [編集]


寒くなってきましたね~。さっきこちらでは、ちょっと霰が降ってました。
もうそんな季節なんですね。
ハム達の温度管理も難しくなってきましたねぇ。
うちは20度きらないように・・・している・・・つもりです^-^;
ただ、床に置いているケースもあるので、その子たちは温度計が20度を示していても実際はもっと低い気がするので、今後は下に座布団を引いて、ケースの上半分をビニール袋等で覆ってやってます。
あ、もちろんケースにはヒーターは入ってますが(^o^;...
うちは、先日もかともなかが風邪をひいたので、20度でも寒い?なんて余計な心配をしてます。老ハムもいますしね。
2005/11/18(金) 21:20 | URL | こてつ   [編集]


魔チャさん。 はじめまして!魔チャさんのところは、15度が目安なのですね。子どものころから季節に慣れさせる育て方をしていて、元気な状態なら、大丈夫でしょうか? 私は、あの事故以来、温度をを下げてみるということは恐くてできないので…。
ミー太たちのことを見てくださって、ありがとうございます(^_^) べた馴れになってくれればいっそうかわいいですが、そうでなくても、ハムのかわいさって、格別ですよね。魔チャさんのおうちの3匹さんが仰向け寝をしてくれるようになったら…しゃかしゃか用の砂をボーナスとして追加してあげてくださいね~ (^^;
2005/11/18(金) 23:28 | URL | ゆあ   [編集]


ふわわんさん。 旦那さまも、手に汗のタイプですか~! カカオ君やミルクちゃんを乗せて緊張している様子、きっと、ほほえましいのでしょうね。 
我が家の先代たちはそれでもけっこう我慢していましたが、いまのミー太は、湿ってくるとすぐ起きます(^^;
ふわわんさんのおうちは、23度ですか! ミルクちゃんは高齢ですし、クックちゃんは先日手術しましたしね…。23度なら、安心して過ごさせてあげられますね。ハムを飼っていると、冬を乗り切るためにとても気を遣いますね。ふわわんさんのところのみんなは、本当に幸せだと思います。
2005/11/18(金) 23:29 | URL | ゆあ   [編集]


それは私のことですね様。 Oさんと呼ばせていただきますね。誤解、とおっしゃいますが、日内休眠(擬似冬眠?)のことを書かれた2件の書き込みでは、Oさんが現在どんな飼い方をされているかについては、全く触れられていませんでした。
むしろ、Oさんの「…どうすればいいんだろうと調べてこのことをしり、真冬でもやたらめったら部屋を暖めなくてもいいんだなとわかり、大変気が楽になりましたよ。最低室温が5度ってラインを守るのはそんなに大変じゃないからね。」という記述を読めば、Oさんが5度のラインを目安にしていると思う方が自然だと思います。
また、ご自分が実行されているわけでもなく、推奨しているわけでもないような記事を、ブログに立て続けに書き込むということは、私の4年余のHP管理経験をもとに考えても、この場合、とても想像できません。
2005/11/18(金) 23:30 | URL | ゆあ   [編集]


それは私のことですね様。 (続きです)ブログやHPは、どんな人が見ているか分かりません。Oさんが書き込まれたブログには、確か、幼い感じの人も訪問されていましたよね。私は文章の読み書きを仕事にしています。読むことに慣れている方だと思いますが、大人の私が読ませていただいて「誤解」するのであれば、子どもさんの目にとまれば、「そうか、5度以上ならそれでいいのか」と「誤解」される可能性はとても高いです。
Oさんは大人で、ご自分の判断でハムちゃんを育てていらっしゃるのですから、5度のラインを参考にされていてもいなくても、また、その結果がどのようなことになっても、ご自分の中で完結できると思います。ですが、もし、子どもさんや初心者の方があの記事を読んで、その翌日のフォロー記事を読むことなく、「5度以上ならいい」と「誤解」したまま育てたとしたら…。私は、それが一番悲しいのです。
ネットでの情報の取捨選択は「自己責任」と言われます。確かにそうなのですが、ハムを愛するものとして、ハムの命にかかわるような危険な情報を流すのは、いかがなものでしょう。
2005/11/18(金) 23:31 | URL | ゆあ   [編集]


それは私のことですね様。 (続きです)昨日は、あの記事が読んだ人の間を流れて行って、ハムたちにとってかわいそうな結果を生むことになるのではないかということが心配で、私も涙が出そうになりました…。
あの2件の記事自体が及ぼすかもしれない影響について、私は心配しているのです。お分かりいただけますでしょうか。Oさんがどんな本で勉強され、その本にどんなことが書いてあり、Oさんがどんなに熱心にハムちゃんのことを思っているかについては、現在私が考えている問題点とは直接関係ありません。それらのことについてのコメントは今後も差し控えさせていただきますので、これ以上の書き込みをしていただいても、現在のところ、お返事致しかねます。
2005/11/18(金) 23:32 | URL | ゆあ   [編集]


こんばんは~。
旦那様は手に汗をかきやすいのですね。
実はぶのし。もです(汗)。
でも直次郎の手はタバコくさいのか、ハムたちはぶのし。の手に
自ら乗ってきてくれます。
ぷっぷちんはまた投薬中なのですが、お薬を飲ませるときは
ぷっぷちんの毛はビショビショです。『鼻の穴に入らないように…。』とか、
ぶのし。が無意識に緊張するのかも。
温度管理はむずかしいですね。
我が家は夏と冬はエアコンをつけっぱなしですが(おかげで電気代がとんでもないことに・・・。)、
夏は室温よりも湿度を気にしますね。なのでドライのつけっぱなしです。
冬はエアコンとヒーター、デグーたちは半分ホットカーペットです。
1年を通して20~25度を保てるようにしていますね。
ヒーターはメインの巣箱の下に来るようにしていますが、
我が家のハムたちはサブ巣箱があるので、見ていると昼間はサブ巣箱、
夜はヒーターの上野メイン巣箱で寝ていることが多いようです。
ミー太くんは顔が丸っこくて童顔ですね~。
もふもふしたいなぁ~。
2005/11/18(金) 23:43 | URL | ぶのし。   [編集]


あのあと、あのコメントが誤解を与えることになると判断したので、削除してもらいました。
人を悲しくさせる文章を書いてしまったことを反省しています。
お返事はいただかなくても結構です、また再度の書込みごめんなさい。
指摘されて気づくことってありますね。
心にとめていきます。
2005/11/19(土) 09:50 | URL | それは私のことですね   [編集]


こてつさん。 霰ですか~! 寒そう…。寒い地方だと、いっそう暖房には気を遣いますね。こてつさんがされているように何重にも対策をしても、高齢の子や病気の子がいたら、どこか心配…というお気持ち、すごくわかります。我が家ではホットマットで床暖房、寒いときの覆いは、避難用具によく入っている銀色の保温シート+ひざ掛け、それでも寒い感じなら使い捨てカイロやエアコン暖房もプラスします。寒さで体力が落ちて病気になるのが怖くて…。
ハム飼いの心配のタネは尽きませんね(*^・^*)
2005/11/19(土) 18:15 | URL | ゆあ   [編集]


ぶのし。さん。 ぶのし。さんも、手に汗のタイプですか(笑) それでも、直次郎さんの手より、人気なのですね(^_^) 我が家のダンナもヘビースモーカーでしたが、10年以上前に禁煙したので、汗(と熱)以外は、ハムたちは何も気にしていないようです(笑)
ぷっぷぎさんは、またお薬生活ですか…高齢で闘病中となると、温度管理がいっそう必要になりますが、ぶのし。さんちは以前からエアコンで管理されているので心配なしですよね。さらに、ヒーターもあるので、みんな、冬って何?状態かも…(^_^)
ミー太はおなかの毛がやや長くて、さわると気持ちがいいです♪ もふもふし放題ですよ~。ぶのし。さんにも、もふっていただきたいです~。
2005/11/19(土) 18:16 | URL | ゆあ   [編集]
コメントを投稿する
URL:


コメント:


非公開: 管理者にだけ読めるようにする
Pass:
 
 この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。