http://your8686.blog48.fc2.com/


 大柄ハムスターの系譜
2006年05月27日 (土)

最近の我が家の子たちはみんな大柄です(*^・^*)

でも、ハムを飼い始めてから約6年間、4匹目の子までは、みんな55g前後どまりでした。
ちょっと大き目だったものの、60gを超えた子はいませんでした。

我が家が大柄帝国(笑)になるきっかけは、↓この、3代目チー太でした。
3代目チー太 74g
オーッス!ボク、3代目チー太だよ。(耳掃除中です)


3代目チー太は、それまでの子と同じように育てていたのに、あっという間に、最高体重74g、体長13.7センチという、縦横そろった堂々たる体格になりました。

1歳半を過ぎたころ、歯からの感染症で、口やのどに肉腫ができ、ほとんど水に近いさらさらした物しかのどを通らなくなりました。
動物病院を変えて、やっと病名がはっきりしたときには、早ければ数日で逝ってしまうと宣告されたのです。その時点で、肺炎も併発していました。

でも、それから、3代目チー太は肺炎を克服したのです。
感染症には結局勝てなかったのですが、先生の予想を超えて、3週間、がんばり続けました。
発病時70gほどあった体重は、最後には35gを切っていました。
骨格が大きかったので、35gといっても、最後には歩けるのが不思議なほどやせ細っていました。

本当に、立派な闘病態度でした…。
3代目チー太のがんばりはもちろんですが、大柄だったからこそ、そこまで闘病できたと、私は思っています。

そして、3代目チー太が食欲があってものどにひっかかるためにほとんど食べられなくなった状態を見守りながら、何の心配もなく食べさせてやれることのしあわせを思い知らされました。

ハムは、病気になったり老化が始まったりすれば、あっという間に10~15gくらいはやせてしまいますね。
元々細身の子では、もちこたえられないようなときにも、体格が大きければもちこたえてくれる場合もあるのでは…と思っています。

やたらにおやつを与えて不健康に太らせるのは論外ですが、3代目チー太以後、我が家では、バランスのとれた食生活で大柄になるのは大歓迎、という方針になりました。

長々とすみません…。
決して、大柄にすることを勧めているわけではないのです(^^;
ハムの健康状態の管理は、当然、それぞれの飼い主さんの判断ですべきことですから。

いままでこの日記を見てくださっていて、どうしてそんなに大柄にしてしまうの?と思っていた方が、たぶんいらっしゃると思います…(笑)
その理由は、以上のようなことです(^^ゞ


前置きが長くなりましたが、大柄ハムの系譜の続きを。

3代目ミー太 68g
3代目ミー太です。
最高体重68g。とても人なつこい子で、オフ会でたくさんの人になでてもらいました。





4代目チー太 65g
4代目チー太です。
最高体重65g。たくさん笑顔をくれました。いままでで一番立派なタ○タ○の持ち主(^^;





4代目ミー太 65g
現役4代目ミー太です。
最高体重65g。この写真は、冬毛でふかふかだったときのもので、いっそう大きく見えます。



現役5代目チー太は、キャンベルなので運動量が多いため、現在49~51gくらいです。
これ以上の大柄になってくれるかどうかはわかりませんが、50gあれば、病気などのときに体重が減っても、まあ大丈夫かな…と思います。
元気で過ごしてくれれば、いまのままでも、もっと増えても、どちらでもいうことはありません♪





ね、ボクだけじゃないでしょう!
大柄なのは、ボクだけじゃなくて、デントウなんだって。(by ミー太)



コメント


うちの子も・・・
家も大きくなってる。くろっちは69グラム・新入りもぐは・・ただ今計ったら31gだし・・でも、バランスの良い食事・・・。ダイエットも性格変わってなかなか難しいです。だから今は 要観察で・・・このままかな。
2006/05/27(土) 20:57 | URL | けむはむ    [編集]


大柄ハムスターの謎解き♪
ゆあぷ。こんばんは~っe-241
「大柄ハムスターの系譜」うんうんと大きくうなずきながら
読ませて頂きました。3代目チー太くん。かわいいっ(≧ー≦〃)へこぷのはーとまあく点灯でしv-344大病を患ってもその立派な体格で力強く頑張ってくれたのですねっe-68チー太くんもミー太くんもみんな立派(〃ー〃)
ゆあぷ家のバランスの良いお食事はこちらでも以前、紹介して頂いてましたから。。。本当に健康的なモノばかりですものね~っ。最近、我が家のちいぷね~ちゃんが余り食べなくなって来ました。あとちょっとボケてる?っぽいです。ご飯時の反応がにぶくなっちゃいましたv-388
ゆあぷ。もう、おいしいモノ。好きなモノだけ食べさせてあげてもいいんでしょうかね?戸惑っています(;´▽`A``
2006/05/27(土) 21:22 | URL | へこ   [編集]


けむはむさん。
え~っ!くろっちくん、いつの間にそんなに大柄に?? 術後の体調が、よほど良好なのでしょうねe-420 
バランスのよい食事でどんどん育つ分は、たぶん、その子の持って生まれた素質だと思うのです。病的な肥満でなければ、くろっちくんのいままでの闘病生活を考えても、ダイエットはかわいそうですよね…。
ハムって(人間もですが)、食べ物を制限されるとイライラしますよね…健康な範囲なら、好きなだけ食べて穏やかな気持ちで暮らしてほしいと思う私です。ということで、我が家では、「ダイエット」という言葉は、ないに等しいかも(爆)
2006/05/27(土) 21:55 | URL | ゆあ   [編集]


へこぷぅ。
ムダに長い日記を丁寧に読んでくださって、うれしいです♪ ハムの闘病態度は本当に立派で、見守るたびにハムという生き物を尊敬してしまう私ですv-352
特に、3代目チー太の闘病はすさまじかったです…こんなにつらい思いを、長引かせるだけのために薬を飲ませているんじゃないかと、自問自答する毎日でした。3代目チー太には、とても多くのことを教えてもらいました。はーとまあくを点灯してもらえて、うれしいです。ありがとうございました。

ちいぷうちゃんですが、2歳半という年齢と、ボケ(?)の始まりという状態から考えても、もう好きなものだけ食べさせてあげてもいいのではないでしょうか。飼い主にとっては、3歳、いえ4歳まででも生きてほしいので、食事のバランスを崩すのはあきらめることになるような気がして、決心が付きにくいと思います。でも、どうすればいまのちいぷうちゃんをしあわせに、穏やかに暮らさせてあげられるかということを考えると…。
ハムの病気を見守るときには、人間の心の痛みよりハムのしあわせ、が、私のモットーになっています(^^; でも、あくまでも、それは、私の場合ですから…。
毎日見守っていらっしゃるへこぷうが一番いいと思われる方法が、ちいぷうちゃんにとっても、いいことなのだと思います。
2006/05/27(土) 21:57 | URL | ゆあ   [編集]


こんにちは。
そうか、大きい子は丈夫なんですね。
私が今飼っているジャンハム(♂まぁ君)は、今まで飼っていたジャンハム2匹より10gも大きくて、「いいのかしら?」と心細かったのですが、ゆあさんの記事を読んで、安心しました。
ちなみに、まぁ君は生後2ヶ月、体重は50gで落ち着きそうです。
2006/05/28(日) 10:50 | URL | おおやん   [編集]


「どすこいハムちゃん」( ̄□ ̄;)!?
・・・・・失礼しました。 「大柄ハムちゃん」ですよね?v-291
ウチはジャンハム、キャンベル共、デブのボーダーは40gにしてます。
しかし現在黒猫は50g・・・・・。(-""-;) デブ・キャン。
ですが、またまたゆあさん式ハム論文を読んで、目からウロコが!( ̄。 ̄;)
なるほど~!そういう考えもアリですね~。
それにしても歴代のハムちゃんみんな癒し系ですね! ハムスターのオフ会なるイベントがあるとは? 興味しんしんです~!(゜∀゜)
2006/05/28(日) 15:13 | URL | えーきち   [編集]


おおやんさん。
まぁ君は、50gで落ち着きそうですか(^_^) クリーミィサファイアということで、大きくなる素質がありそうですが、そのくらいで落ち着いてくれたら普通(←我が家では小柄…)ですね(笑)
大きい子=丈夫 といえるかどうかはわかりませんけれど…(^^; 腫瘍など、遺伝が大きくかかわると思われる病気は大柄小柄に関係なく出ると思いますが、いざ病気になったとき、闘病する体力は、やはり大きい子の方があるように思います。
大柄な子は、抱っこしたときの手ざわりがよくて、性格もおっとりしているので、そういう理由からも、大柄な子が大好きな私ですe-328
2006/05/28(日) 16:49 | URL | ゆあ   [編集]


えーきちさん。
たしかに…別名、「どすこいハムちゃん」とも言えそうです(^^;
40gは小柄ですねぇ(^^; でも、ハムは、60gを超えたとしても、頭や目はそれに比例して大きくはならないので、ハムらしくちんまりとしたかわいいバランスを保つには、やはり40g前後かもしれませんね。さすが、美ハム愛好家のえーきちさんの基準は、厳格ですね(笑)
ちなみに、我が家のボーダーは50gです!(もちろん、下限です。)

ハムオフ会って、こんな楽しい集まりがあったとは! という、目からウロコの楽しさですよv-278
いままで、2回、参加した経験があるのですが…。
1回目は、一昨年、3代目ミー太を連れて、「おぷぅ」なみなさんの会に参加させてもらいました。↓こんな感じでした。
http://your8686.blog48.fc2.com/blog-entry-9.html
2回目は、今年の1月、はるばるチー太をお迎えに、おけいさんちまで。たくさんのハムちゃんを抱っこさせてもらって、舞い上がってしまいました(^_^) ↓こんな感じでした。
http://your8686.blog48.fc2.com/blog-entry-133.html
機会があったら、えーきちさんもぜひ体験してみてください(*^・^*)
2006/05/28(日) 16:51 | URL | ゆあ   [編集]


おデブでも、健康であればいいと私も思います。
飼育書の標準体重を越えると、すぐダイエットなんて飼い主さんもいらっしゃいますが、まぁそれぞれと言うことで。

3代目チー太君が感染症を患った子なんですね。
病気で小さくなっちゃったハムを見ていると、本当に切ないです。
2006/05/28(日) 17:58 | URL | いづみん   [編集]


悩めるご老公さまの付き人・・・
大柄なことで闘病に耐えられる。というのはありだなって思います。
昨年いっちゃんがマイボームの治療に耐えてくれたのも、発病時点の体重が50gあったからかもって思ってます。食欲が落ちて体重も若干減ったのですが、完治するまでの7ヶ月間を本当によく頑張ってくれました。
以前にも、ゆあぷぅが大柄ハムさんにこだわりを持っている理由に触れた記事があって、それを読んでなるほど・・と思ったことを覚えています。

大柄=肥満 にしなければいいんだよなって思うんです。バランスの取れた食事で大柄になるのであれば。ですが、病院に行くと獣医さんから体重にチェックが入ってしまって、なんともかんともなんです(;・・ゞ
丁寧に診察してくださる先生なので、忠告(おでぶにするでないぞえ)を無視するのもいけないような気がしてしまって・・。

獣医さんの忠告も聞きつつ、まじめにお世話をしてらっしゃるお世話係さんの実体験を参考にして、自分なりの方法をさぐっていこうと思います。一番大事なのは、我が子の幸せですもんねp(≧ー≦ )

長々とすいませんでしたーi-201
2006/05/28(日) 21:02 | URL | エマ   [編集]


いづみんさん。
健康であれば、なるべくハムのしたいように暮らさせてやりたいと思ってしまうのです…。
飼育書と言われるものは20冊以上は目を通したと思いますが、飼育書の内容はすっかり踏み越えております(^^; 私が基本的な飼育方法をHPに載せない(載せられない?)のは、飼育書どおりの飼い方をv-362と思っている部分が多いせいかも…。

ハムを見送るたびに、自分なりの、飼い方に対する思いが積み重なって、現在のような大柄帝国が出来上がってしまいましたが、いづみんさんに「それぞれ」と言っていただけて、ほっとしました。

そうなのです。3代目チー太が、例の野村獣医の本に載っている病気になった子です。初めは歯茎のちょっとした腫れとくわえにくい症状だけだったのですが、最初にかかった病院で不必要な治療をされてしまい…。推測に過ぎませんが、感染症もそこで感染したかも…という疑いを捨て切れません。診察に使う器具や容器があまりきれいではなかったので。ちょうど3年経ちますが、いまだに3代目チー太には、申し訳ない気持ちでいっぱいです…。
2006/05/28(日) 21:14 | URL | ゆあ   [編集]


エマぷぅ。
いっちゃんは、よくがんばってくれましたし、いまも、エマぷぅの心づくしのお世話で、本当に立派なご老公を続けてくれていますね。

大柄には、確かに成人病(?)のリスクはあると思うのです。私も、獣医さんにいつも言われるのですが、ありがたく思いつつ、聞き流してしまいます(^^;
ハムを見送るたびに、ハムの幸せな一生って?と、考えてしまい、だんだん、いまのような飼い方に落ち着いてきました。
ただ、生まれつきではない後天的な糖尿病などを発症されたら、考え方が変わるかもしれませんが…。

エマぷぅがおっしゃるように、一番大事なのは、我が子の幸せですものね。
そして、その方針を決める(決めなければならない)のは、飼い主自身であり、その結果を背負わなければならないのも、飼い主自身ですものね。
難しいことがたくさんありますが、それでもやはり、ハム飼いはやめられませんv-290
2006/05/28(日) 21:29 | URL | ゆあ   [編集]


こんばんは。
体の大きさによって体重っていちがいに何gとはいえないから、その子を見ながら、その子にあった体格であればいいのかなと思います。
3代目チー太くんの13.7cmってかなり大柄ですね。
小雪は小柄なのか、体長が10cmもないようで、36gしかないにもかかわらずけっこうふっくらして見えます。(^^;
ちなみに、うちでは40~45gくらいを目安にはしています。
50gを超えて太ってしまった子は晩年にかなり痩せてきてしまい、太っていたことで身体に負担がかかっていたのでは?と思うようなことがあったからですが。
2006/05/28(日) 23:21 | URL | NEKO   [編集]


NEKOさん。
小雪ちゃんは、体重はそれほどでもないですが、全体がまるいシルエットで、女の子らしくてかわいいですよね♪
3代目チー太は、目薬をさすときなどに、長いのでにょろ~んと手から出てしまい、片手で握りこむのが難しいほどの大きさでした(^^; いまのミー太は飼育書の基準を超えて、12.5センチくらいですが、それよりもっと長かったです。

いままでの子たちで2歳を迎えられなかった3匹は、ガンや感染症など、明らかな病気で亡くなりました。
2歳を超えてくれた4匹のうち3匹は、緩やかに老いていった気がします。
1匹(4代目チー太)だけ、短期間に急に衰えたのです…。2歳を迎えるころに、意識障害(痴呆?)と痙攣の発作を繰り返して弱っていったので、人間で言えば脳腫瘍みたいな感じだったのかも…と思っています。
飲む量、尿量とも普通で、おしっこのにおいが甘い感じでもなかったので、糖尿病による衰弱ではなかったと思っています。
ということで、我が家の場合は肥満が原因の衰えを経験していないので、いまも大柄帝国を続けていられるのですが…。今後もハムたちの様子に気を配りながら育てたいと思いますe-346
2006/05/29(月) 07:58 | URL | ゆあ   [編集]


実感してます
うちもぽこさんの時に、そう思いましたよ~
元々もっちり大柄な子だったので、スマートになっても40g前後でした。
亡くなった時は20gという小ささ・・・元が小さかったら
あんなに耐えられなかったかもしれません。
2ヶ月ほどの間に20gも減ってしまいましたから・・・(涙)

健康な状態で大柄。うちも今はそこを目指しています☆
むぴちゃん50g、くぅたん58g・・・なかなかの大柄な子達です(笑)
2006/05/29(月) 13:48 | URL | munyu   [編集]


大柄ちゃん(*^-^*)
ゆあぷぅ、お久しぶりにお邪魔いたします。
私は3代目ミー太ちゃん、4代目チー太ちゃんを実際に抱っこさせてもらいましたが、どちらもブヨブヨとした肥満体型ではなく、ミッシリと中身が詰まった筋肉質・・という印象を強くもちました(*^-^*)あの時から大柄ハムちゃんに対する憧れが芽生えてしまって・・・(笑)

ハムちゃんの体重については、いろんな考え方がありますよね。獣医さんは「肥満は大敵」とおっしゃる事が多いように思います。でも、あまりそれに拘りすぎると、いざ体調を崩して食欲が落ちた時に余力がなくて辛い思いをさせちゃうこともあるし・・・。病的な肥満でなければ、大柄ハムちゃんには大賛成です (〃▽〃)ちなみにうちの子は、生後3ヶ月にしてすでに60グラムある、れっきとした大柄ハムでございまする~(笑)
2006/05/29(月) 14:08 | URL | みゆみゆ   [編集]


munyuぷぅ。
そうですよね、ぽこさんは、すごいがんばりを見せてくれましたよね!
40gから20gへ…ぽこさんを見守りながら、munyuぷぅがなんともいえないつらいお気持ちだったこと、私も同じだったのでよくわかります。ハムの生きようとするまっすぐな姿勢に、逆に励まされる日々ですよね。

大柄がいいと人に勧める気持ちはないのですが、そういう体験をした上での育て方だということを知ってもらえたらなぁ…と思って、記事を書きました。
飼育書どおりに育てるよりも、気遣いも手間も覚悟も必要ですけれど、ハムが充実した一生を送るためにいいと思える方法で育てていこうと思っています。

むぴちゃんは、お年にしては立派な体格ですよね。美しく元気でいてくれるのも、そのおかげでしょう。そして、くぅたんが、大柄仲間として、これからもどんどん活躍してくれることを期待していま~すe-420
2006/05/29(月) 20:51 | URL | ゆあ   [編集]


みゆぷぅ。
わぁ~! みゆぷぅ!!v-343
うちの大柄兄貴たちを両方とも抱っこしてくださったのは、エルフィンの先生とダンナ以外、みゆぷぅだけですから…(^_^) 筋肉質と言ってもらえて、うれしいです。
あのころは、みゆぷぅんちのお子ちゃまは、どちらも可憐な王子様でしたけれど、ついについに…みゆぷぅんちにも、大柄な兄貴が登場しましたね!

獣医さんは、お仕事なので、一番常識的な方法を薦めてくださるのだと思いますが、結局、どういう飼い方をするかは、飼い主が自分で判断して決めるべきことですものね。
私は、みゆぷぅがおっしゃるように「体調を崩して食欲が落ちたとき」に力を発揮できるように、大きく育てることを、どうしてもやめられなくて…。
ぴこ君が、これから大柄界(どんな世界?。。。笑)の新星として活躍してくれることを、期待していまーす。抱っこさせてもらうのが楽しみです♪
2006/05/29(月) 20:54 | URL | ゆあ   [編集]


なるほど・ざ・大柄帝国!
ここまでゆあぷぅ&ハムオーナーさま方の貴重なご意見を拝読し、なるほど~!と首が回らなくなるほど(既に回らないが)上下にブンブンの繰り返しでした!
ウチでは初代のちいちいが40gを越えた頃、獣医さんにダイエットを勧められました。ちいちいはもともと小さな子だったんで、身長とのバランスでみたら”ちょいデブ”だったのでしょうね。
確かに大柄なコのほうが基礎体力に秀でていると思います。
身体の変調が体重減少に現れてくると、あっという間に危険な状態に陥ってしまいますもんね。(= =)
大柄なコはそういう部分でも変調に気づきやすいのでは?とも思います。

オオーw(*゜o゜*)w”おぷぅ会関西大会”だっe-343
もう一昨年のことなんですね~。夢のように楽しかったな~e-266
また行きたいな~(*´∇`*)

2006/05/30(火) 15:11 | URL | ざりちゅん   [編集]


ざりぷぅ。
ざりぷぅんちは、ちいぼうちゃんは小柄でしたよね。そして、ちいちいちゃんもそうだったのですね~。でも、ダイエットを勧められましたか…。
我が家は、毎回勧められていますが、飼い主が全然守らないので、先生もあきらめ気味かもしれません(^^ゞ

人間の子育てでは、ふっくらした子もガリガリの子もいて、体格の差があるのが普通で、みんながそれを受け入れているのだから、ハムの世界でも、できたらそうなってほしいなぁ…と、思います。

そうなんです、関西おぷぅ会は、もう、一昨年のことですよ~! 本当に楽しかったですよねe-328 
ぜひまた、こちら方面へおいでくださいませ~(*^・^*)
2006/05/30(火) 17:24 | URL | ゆあ   [編集]


すっかりご無沙汰しちゃいました・・・。
我が家ももちろん大柄ぞろいですv-356
やはり病気した時の事を考えると、貯蓄がある方が回復も早いような気がしますから・・・。
うちで1番最初にお迎えしたハムのみにすけが、標準体重よりちょいオーバーした時、ダイエットさせた事があるのですが、思ってた以上に減り具合が多く、後から焦って増やそうと思ったときには不正咬合もあって体重が増えてくれませんでした。
それ以来、うちの子達はダイエットと無縁になってしまいました(^o^;...
まぁ、健康的な範囲での大柄ならOKかなぁ、、、なんて^-^;
2006/06/06(火) 22:03 | URL | こてつ   [編集]


こてつさん。
こちらこそ、お返事が遅くなりまして、本当にごめんなさいv-436
こてつさんちも、大柄さんが多いですよね。いまの、おじじちゃんチームのもかちゃん、ももちゃんも、体格にも助けられて、不調を乗り越えてくれましたものね!
みにすけちゃんは、粉食生活でしたが、こてつさんの行き届いたお世話で2歳を迎えてくれましたし。
飼育書に書いてあることを踏み越えることには、覚悟も気遣いも必要ですけれど…。結局は、どんなことでも自分の判断で決めることが、大切だと思っています。後悔のない付き合い方をしたいですよね。
2006/06/09(金) 20:14 | URL | ゆあ   [編集]
コメントを投稿する
URL:


コメント:


非公開: 管理者にだけ読めるようにする
Pass:
 
 この記事のトラックバックURL