http://your8686.blog48.fc2.com/


 スポンサーサイト
--年--月--日 (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 回復中です
2007年01月11日 (木)

ミー太&チー太は、順調に回復しています。ご心配、ありがとうございました。

ミー太は、抜けた歯が生えて、伸びてきました。
目薬は、1日4回前後点眼しています。少し効いてきた気がします。

チー太は、傷と腫れは、もうすっかり治った感じです。
背中のおハゲも、皮膚がきれいになって、うっすら毛が生えてきました。
来週また通院するまでは、抗生物質とミヤイリ菌(腸内細菌を整える薬)を1日2回投薬し、背中の皮膚の消毒にイソジンを1日2回塗るのを、続けることになっています。
(ちなみに、「イソジン」は、うがい薬とは成分が違う別の薬です。傷の消毒などに使われるようです。)

ということで、私は、2匹分で1日8回のお薬タイム(プラス週1回の歯切り)を、こなしております(^^; 
なかなか、日記の更新もできず、みなさんのところも読ませていただくだけで帰ってしまっています…。ごめんなさいm(__)m


ミー太のごはん

ある日のミー太のごはんです。これは、歯の具合がちょうどよさそうなときのものです。
食べづらくなってきた様子なら、もう少し細かくしています。
白っぽいものは、高野豆腐や山羊ミルクや実験動物用のペレット(CR-LPF)を砕いたり粉状にしたものです。このときは高野豆腐がちょっと多めでした(^^;
ハムスターセレクションは、半分は砕き、丸ごとのものも、かじれていないようなら、あとで、ふやかして置いておきます。

穀物は、殻付きのものとむいてあるものを半々にしているのですが、むいてあるものはあまり好きではないらしく、殻付きの方から先に食べます。
でも、切歯(前歯)がうまく使えないので、殻をむくことはできず、そのまま食べているようです。(殻が残っていないです。)

このごはんの他に、おやつとして、チーズや花ささみ(猫用のささみジャーキー)やヨーグルト、スイカの種やカボチャの種などを、少しずつ食べさせています。
ごはんやおやつは、細かくしているだけで、基本的には、歯が使えていたころとほとんど同じです。

我が家では、なるべくおいしい思いをしてほしいと思って育てていますので、ペレットのみで育てる方法を導入することは、いまのところ考えていません。
飼育本にあるような理想的な食事内容ではないかもしれませんが、いままで育ててきて、こういう感じに落ち着いています(^_^)


何を食べようかな。
何を食べようかな。(by ミー太)


好物発掘中。
以前よりやせていますが、何とか50g以上をキープしています。







チー太の背中

5日ほど前に撮った、チー太の背中の写真です。
このときにはまだ皮膚がフケっぽくなっていましたが、現在は、表面がすっかりきれいになって、うっすら毛が生えてきた感じです。
横腹とおなか側は、はげていません。

仰向け=薬を飲まされる、 ということになってしまい、チー太は仰向けでリラックスしてくれなくなりましたが、仕方がないですね…(T_T)
食べ物に混ぜて飲ませる方法もありますけれど、仰向けで飲ませる方がむだなく確実に投与できるので、心を決めて(←おおげさですが)そうしています。


何を食べようかな。
横から見ると、もう、おハゲはほとんど目立ちません。



お豆腐もお手手で持って。
チー太は、今回のことで少しやせて、54gになりました。


もうしばらく、ハムたちのお世話の方に専念させていただこうと思います。
ご心配いただきまして、本当にありがとうございましたm(__)m



コメント


ミー太ちゃん、チー太ちゃん、少しづつ良くなってきているようで良かったですね。
ゆあさんのお世話も大変だと思いますが、お薬の効果も顕れていることを励みに頑張ってください。
ご飯はバラエティー豊かで美味しそうですね。
うちでもペレット以外に雑穀や私達が食べるものも(味を付ける前)少しあげたりしています。
ペレットと水だけで良いと書いてある飼育書もありますが、
ご飯を通じて我が家のペットになってくれた喜び(?)も味わって欲しいという気持ちです。
ペレットもいつも同じだと飽きてしまうので、硬いままあげたり、ふやかしたのをあげたりしています。
でも、だんだん野菜類のバリエーションがなくなってくるのは、人間の献立も同じで頭がイタイところですね(^^;)
2007/01/11(木) 16:56 | URL | ぷくぷく   [編集]


回復!良かった~
|´ー`)ノ こんばんは
ミー太くん&チー太くん、共に回復しつつあるという事で本当に良かった~。
食事を拝見させて頂くと、如何にゆあさんがハムスターの事を考えているかよく分かります。
力のある間は、少しでも自力で殻を剥いたりペレットを噛む力を大切にしてあげたいですよね。
チー太くんも今は「薬はやだなぁ…」と思っているかも知れませんが、いずれその処置は必要な事だったんだな、という事を分かってくれてまたくつろいでくれるようになるのでは無いかと思いますi-1
2007/01/11(木) 17:12 | URL | 応子   [編集]


いやん・・・通院しておられたんですね、、、心配だぁぁぁ(涙)
でも食欲があって回復されているとのことで安心しました。
とくにチー太たん、膿だなんてさぞ驚かれたことでしょう。
ミー太たんもチー太たんも、ゆあさんの心のこもったゴハン
食べて幸せですねーー。ハムにもイソジンいいんですね。
勉強になります。どうぞお大事に
2007/01/11(木) 17:32 | URL | 深雪   [編集]


本当によかった~。
でもチ~太とミ~太は私の夕飯より美味しそうなもの食べてる~!
ハムによっても好き嫌いの違いはあるのかな?
2007/01/11(木) 18:55 | URL | ☻tomo☺   [編集]


ぷくぷくさん。
ありがとうございます~お薬を飲ませるのも、よくなってくれると頑張り甲斐があります(^_^)
ぷくぷくさんちのハムちゃんたちも、おいしそうなものをいろいろもらっていますよね♪ 
おっしゃるとおりで、せっかくうちに来てくれたのだから、「おいしい」という喜びのある一生を送ってもらいたいですものね~。
我が家は、ハムのために野菜を選び、それを人間が消費していくというパターンです(^^; 
それで、人間も野菜をたくさん食べることになるからいいかな~と思うことにしています(^^ゞ
2007/01/11(木) 21:13 | URL | ゆあ   [編集]


応子さん。
ありがとうございます~。
食事は、ペレットが一番!という人から見たら、きっと、とんでもないと思われるかも…です(^^;
かかりつけの獣医さんも、ペレットで育てるのがいいというお考えなのです。病気によっては食事の指導があるので、そういうときは「なるべく」そうするようにはしたいと思いますが、やはり完全にペレットだけにはできそうにないです(^^ゞ
歯の具合で、少しなら噛める場合がありますので、完全に砕いてしまうことはしないようにしていますが、日々歯の具合が変わるので加減が難しいです…。
ハムたちは、薬はいやなのですが、必要だということもなんとなく理解しているような感じです。投薬するので私のことがもう嫌いになった、ということはないようです(*^・^*)  かえって甘えん坊になった感じで、私は、嫌われなくて済んでホッとしています~♪
2007/01/11(木) 21:14 | URL | ゆあ   [編集]


深雪さん。
お見舞い、ありがとうございます~(^_^)
そーなのです、年明けから大騒ぎです(^^; チー太はいままで元気だっただけに、膿も発熱も脱毛も、本当にびっくりしました。
先代のミー太が脂肪腫を自己手術してしまったことがあって、そのときに見て以来の、多量の膿(分泌物)でした~(>_<)
ふたりとも、いまは食欲ばっちりなので、このままどんどん回復してくれると信じています。
「イソジン」は、うがい薬とは成分が違う別の薬で、傷の消毒に、別の獣医さんも使っていました。薬局でも人間用に売っているかもしれませんが…。たしか、野村獣医の『Dr.野村のハムスターに関する100問100答』という本の中でも、自宅での傷の応急処置のときに、あると便利だと書いてあったような気がします。
うがい薬と紛らわしいので、上に、後で書き足しておきますね~(^^;
2007/01/11(木) 21:16 | URL | ゆあ   [編集]


☻tomo☺さん。
ありがとうございます~。
ミー太&チー太、順調によくなっていますよ~♪
☻tomo☺さん、夕食にちゃんと野菜を食べていますか~?(母親になったつもり。。。笑)
ハムごとに、すごく食べ物の好みに差がありますよ。
ミー太は野菜が好きですが、チー太はたんぱく質のものの方が好きです。ミー太はナッツ類が好きですが、チー太はほとんど食べません。
同じものが好きだったら、手間要らずなのですけれどねぇ…(^^;
2007/01/11(木) 21:17 | URL | ゆあ   [編集]


良かった~~~。
 元気になっていくチー太ちゃんやミー太ちゃんの画像見ているだけでも・・・私の口元がほころびます。良かったですね。
こうやって・・完全復活楽しみです。頑張れ~~~。
2007/01/11(木) 21:18 | URL | けむはむ   [編集]


けむはむさん。
いつも、見守ってくださって、ありがとうございます~。
病気になったニュースも、皆さんのご参考になることもあるかも…と、なるべくちゃんと報告するようにしているのですが、やはり、いいニュースの方がいいですよね(^_^)
回復していく様子を見るのは、けむはむさんが書いてくださったように、本当にうれしい気持ちになりますね~♪
頑張って完全復活を目指してもらいたいです! 
私も気合を入れて看病していきたいです!! 
2007/01/11(木) 21:27 | URL | ゆあ   [編集]


ミー太くんもチー太くんも回復中なのですね。良かった♡

我が家のハムたちのご飯は、ゆあさんのおうちのハムごはんと良く似ています(^^)
ハムと一緒に暮らし始めて6年以上になりますが、
色々試行錯誤の結果、今のごはんに落ち着きました。
確かに飼育本通りの「良いごはん」ではないかもしれませんが、
我が家は今のご飯に落ち着いてから病気の子が減りました。
そして長生きの子も増えましたよ。
ただ、キャンベルは糖尿になりやすいというのがどうしても頭にあって、
血糖値の上がる炭水化物の野菜(さつまいもやかぼちゃ、コーンなど)と、
果物はジャンの子たちよりは控えめにしています。
うまぼんもしょぼたんも好き嫌いなくよく食べてくれる良い子たちです♪

お薬は最近はスタミノンに頼りっぱなしです。
どんな体勢でも完全に舐めきってくれるので(笑)。

ふたりとも食欲はばっちり!ですね。
完全復活の日も近そうです♪
ゆあさんも投薬など大変だと思いますが、応援しております。
2007/01/11(木) 23:30 | URL | ぶのし。   [編集]


こんばんは。
ミー太くんとチー太くん、順調によくなってきてくれてよかったですね。
少しずつ回復してくれるのは見ていてうれしいですよね。
栄養的にはペレットと水だけでも十分という本や人がある(いる)ようですが、そもそもハムスター専用に研究されて作られたものではないですし、自然の中で食べるものとは異質なものなので、自分で今までいろいろ調べたり飼育してきた経験から必ず野菜など他のものをプラスしてあげるようにしています。
個人的にはペレットが一番とは思ってなくて、ペレットにも問題はあると思います。(栄養上ということではなくて別の点で)
ゆあさんがあげているごはんはいろいろ考えてあげてますし、ハムちゃんたちもおいしく食べてくれていますよね。
写真のミー太くん、チー太くん、おいしそうに食べていますし。(^^)
イソジンはケガなどの消毒用の外用薬(人間用)が薬局で売っています。
今は持ってないですが、以前はハムのケガなどのために常備していました。
噛まれたときの消毒にも使っていましたけど。(^^;
2007/01/11(木) 23:41 | URL | NEKO   [編集]


チー太くんもミ-太くんも美味しそうに食べてますね(^^)。ゆあさんの心のこもったお世話で、着々と元気になっている様子が良くわかります。
そうか、高野豆腐も粉にしてあげれば良いのですね。我が家のこはくちゃん(先日こはるちゃんと書いてしまいましたが、こはくちゃんの間違いです(^^;)飼い主しっかりしろ…って!!。こはるちゃんはとっても元気です)、ペレットもふやかしは食べてくれませんが、砕いたものは食べてくれました。
私も“美味しい思いをさせてあげたい”と思っています。今はりんごのみじん切りが一番嬉しい様です。
ゆあさんの書かれる事、本当に参考になります。イソジン、我が家にも外用薬のチューブがあります。これって人間が消毒に使うと患部周辺が黄色くなってしまうので、あまりつかわなかったのですが、はむちゃんに使えるんですね!。あって良かったかも。
2007/01/12(金) 09:01 | URL | まーにゃんママ   [編集]


ぶのし。さん。
お見舞い、ありがとうございます~(^_^)
ハムごはん、ぶのし。さんちと似ていますか? 安心しました♪
我が家流なので、バランスがいいかどうかはわかりませんが、ハム飼いになった11年ほど前には、いいペレットもなくて、飼育本もペレット中心にとは書いていなかったのです。それで、私も試行錯誤してこんな感じに落ち着いています。
ただ、我が家の子たちで言うと、バランスよく食べる子よりも、偏食傾向の子の方が長生き(たぶん、生まれ持った寿命だと思いますが)なので、この食事がどれほどの効果があるのか、まだ未知数なのですけれど…(^^ゞ
私も、チー太は60gを超えないように気をつけています。おけいさんは、どの子も里子に出す前に尿糖検査をされるそうですから、チー太については生まれつきの1型糖尿病の心配はしていませんでした。そして、よしみんさんのお話では、大人になってから発病する2型糖尿病の子は、よしみんさんのおうちにはいないということでしたので、キャンベルも、1型ほどには、2型は頻発しないのかも?と思っています。でも、やはり、注意は必要ですよね。

ミー太は、歯切り生活になる前より活動的になりました(*^・^*)  チー太は、もうおハゲといえないくらい毛が生えてきました。もうしばらく、看病をがんばりたいと思います!!
2007/01/12(金) 21:20 | URL | ゆあ   [編集]


NEKOさん。
お見舞い、ありがとうございます~m(__)m
ぐんぐんよくなってくれるので、看病のし甲斐があります♪ といっても、早く投薬しなくてもいいくらいになってほしいですが。
NEKOさんも、いろいろ、おいしそうでバランスもいい食べ物をあげていらっしゃいますよね~。ペレットについても、いろいろ調べていらっしゃるのですね!
ペレットだけを信用して、という飼い方は、言い方は変ですが、ペレットの会社に「下駄を預けて」しまっていて、何が本当にいいのか自分の目でハムたちの様子を見ていなくても過ぎてしまいますよね。
私は、せっかくハムを家族として迎えたのにそういう飼い方ではもったいない気がしますので、生活の様子をよく見ながら、食事や飼育方法を考えていくことにしています。

イソジン、NEKOさんも使っていらっしゃいましたか! 噛まれた傷にも?(笑)私はいままで持っていなかったので、いけないとは思いつつ、ハムの軽いひっかき傷などにはマキ○ンを使っていたのですが、今回イソジンが多めに処方されたので、しばらくはこれを使えそうで安心です(*^・^*)
2007/01/12(金) 21:21 | URL | ゆあ   [編集]


まーにゃんママさん。
お見舞い、ありがとうございます♪
どんどん元気になっていく様子は、見ていてうれしくなりますね。
高野豆腐は、キッチンバサミで切るといいますか削るといいますか、がりがりして小さくしています。ミー太はとても高野豆腐が好きなので、食べられなくなるのはかわいそうですから…。ペレットもキッチンバサミを使って細かくしています。ミルミキサーも買ってあるのですが、いまのところキッチンバサミで十分なので使っていません(^^;
そうそう、以前、こはくちゃんの歯切りをされたということでしたので、こはるちゃんも歯が悪くなって、歯切り生活ハムちゃんがふたりいるのかと思っていました。こはるちゃんはお元気なのですね~(*^・^*)

傷消毒用のイソジンは、野村獣医の『Dr.野村のハムスターに関する100問100答』という本の中にも、自宅での傷の応急処置のときに便利だと書いてありました。ハムがなめても大丈夫らしいです。
でも、塗ると色が付きますよね~。チー太の背中の皮膚、濃い褐色に染まっています(^^; だいぶ生えてきましたので、そのうち皮膚は見えなくなると思いますが…。
まーにゃんママさんのおうちでもせっかく常備されているのですから、もしハムちゃんが怪我をしたら(←そういう場合はない方がいいのですが)、応急処置で使うといいのでは…と思います。あると、安心ですよね♪
2007/01/12(金) 21:23 | URL | ゆあ   [編集]


良かった♪良かった♪
ミー太くん&チー太くん♪元気になって良かったですね。

うちでは、ペレット中心に与えているけれど…
やぱりペレットが食べられなくなるとすごく心配です。

いまクィールちゃんがその状態なんだけど…
小さく砕いたものを入れたり、野菜を多くしたりしてます。

食べられないペレットをなんとか家の中に入れる姿を見ていると涙が出るぐらいうれしいです。

2007/01/13(土) 00:35 | URL | むーちゃ   [編集]


ごはんについて
|´ー`)ノ おはようございます
改めてミー太くん&チー太くんのごはんを拝見させて頂くと、健康と愛情がたくさん詰まっているなぁ~と思います。
確かにペレットと水分さえあれば生きてはいけますけど、それって極論ですよね。
人間が3食麦飯・具無し味噌汁・漬物だけだったら楽しくないように、ハムにとっても健康でかつ美味しく楽しいごはんというのはとても大切じゃないかと思うんです。
ミー太くん&チー太くん、美味しくて身体にいいものを食べて、早く良くなって下さいねv-290
2007/01/13(土) 05:42 | URL | 応子   [編集]


良かったですね(*´∀`)
ミー太ちゃんもチー太ちゃんもグ~ンと回復してきてます
ね~っ。よかったぁ(*´▽`)ノ
TOPページも門松からいちごちゃんだぁv-380
それにしても、なんてゴーカなお食事風景なのでしょうv-271ふたりの王子ちゃまは、ご両親(←ゆあぷ&だんな様でし)からたくさんの愛情を受けて毎日を過ごしてて、本当に幸せですね♪v-343
投薬とか大変ですけど、ゆあぷもお身体に気をつけて
お世話頑張って下さいね~っ(*^▽^*)
2007/01/13(土) 16:20 | URL | へこ   [編集]


むーちゃさん。
お見舞い、ありがとうございますm(__)m
むーちゃさんは、以前の子たちが歯が悪くなったのもあって、歯の健康のためにも大きいペレットを食べさせていらっしゃいましたよね?
ペレットを食べてくれていても、年を取ると歯も老化して、偏食もしがちになるので、どうしても、いろいろ食べられそうなものを追加してみることになりますね。
クィールちゃんは、もうかなり高齢ですから…。クィールちゃんが少しでもたくさん食べてくれて、穏やかな老後を過ごせますように…。
むーちゃさんに引き取られてお世話してもらって、クィールちゃんはしあわせですね♪
2007/01/14(日) 21:24 | URL | ゆあ   [編集]


応子さん。
いつもありがとうございますm(__)m
ごはんは、我が家流なので、栄養バランスを厳しく考える人には、笑われそうですが…。
人間の子育てで、カロリーメイトみたいなものだけで育てようと思う人がいないのと同じで、私は、ハムの食べる楽しみを尊重したいと思っています(*^・^*)
人間は大人になれば自分の食生活を選べますけれど、ハムは一生、与えられるものしか食べられないわけですから…。人間には食べる以外にもたくさん楽しみがありますけれど、ハムには食べる以外の楽しみはほとんどありませんしね。
ハムの気持ちを思い、かつ、なるべく健康でいてもらえるように、これからも考えていきたいです♪
2007/01/14(日) 21:25 | URL | ゆあ   [編集]


へこぷぅ。
お見舞い、どうもありがとうございます(^_^)
ミー太もチー太も元気にしていますよ~♪ チー太は、もうおハゲとはいえないくらいに毛が生えてきました。
食事は、もっときちんとバランスを考えた方がいいとは思うのですが、毎日同じでは味気ないですし、おいしさ、用意しやすさ、バランス、を折衷している我が家です(^^ゞ
ちいぷうちゃんのように、年を取ってもよくペレットを食べてくれると、
3歳まで長生きしてくれるのかな~と、あこがれてはいるのですが…なかなか難しいです(^^;
2ハムがもう大丈夫なところまできてホッとしたせいか、ちょっと体調不良でお返事が遅れてしまいました。ごめんなさいm(__)m  いつも、お心遣い、ありがとうございます~。
2007/01/14(日) 21:26 | URL | ゆあ   [編集]


良かったです~♪
回復しているようでホッと一安心ですね~!
良かった良かったです~(*^-^*)

そして豪華な食事風景ですねぇ~♪
大喜びで食べている様子がうかがえますね。
こうして他のおうちのご飯の内容がわかると
いろいろと参考になっていいですね~。
チー太ちゃん、まだまだうちの子と比べると
しっかりと食べる事が出来そうですね♪
歯の具合が良くなくっても、この調子でご飯たくさん食べて欲しいです。
我家は出来るだけペレット中心に・・・と考えていますが
(その方が体重もしっかり増えてくれる気がするので)
副食もやっぱりつけちゃいますね^-^;
そして最初はペレットをよく食べててくれた子が
副食のみになっちゃう事も・・・。
まぁ、食べててくれればOKという感じです。
副食がなくなってお腹が空けばペレットを食べているようですし。
ペレットについていろいろ考えるところもいろいろありますよね。
よく言われている食性を考えると、ペレットだけだと寂しい感じもしますし、自然に近いものを・・・となるとハム達の生活の中で食事内容だけが自然に近くなっちゃいますしね。
なので、うちでは結局ハム達が食べてくれればいいや、みたいな感じになっちゃってます^-^;

うちにもイソジン(消毒用)、ありますよ~。
獣医さんに分けてもらいました。
まだ使ってはないですが・・・。
お薬をあげる時に仰向けで・・・というのも納得です~。
鼻風邪や肺炎など確実に飲んでもらわないと生死にかかわる時なんて、保定してしっかりと飲んだことを確認しないと!と思っています。

長々とごめんなさい~!
2007/01/15(月) 22:07 | URL | こてつ   [編集]


こんばんは。
ミー太君とチー太君、回復しているようで良かったです。
食事の準備、お薬と色々大変だと思います…。
ゆあさん、頑張って下さいね。
ミー太君とチー太君、長生きできるように祈ってますね。

ここで書くのも変ですが…みことが先ほど他界しました。
帰宅した時ぐったりしてたので病院へ連れて行き、帰ってきてから10~15分後くらいに。
色々ゆあさんに教えて頂いて、本当にありがとうございました。
また改めてお礼に伺わせて頂きます。

では。
2007/01/15(月) 22:25 | URL | でび   [編集]


こてつさん。
お見舞い、ありがとうございます(*^・^*)
2ハムとも、元気にしています。ミー太は昨日、3回目の自宅歯切りをしましたが、抵抗の仕方を覚えてしまい、ちょっと手間取りました(^^; 今回は、ニッパーを使ったのですが、まあまあ上手に切れましたv

ごはんは、以前こてつさんちの粉食も見せていただいたことがありましたが、そこまで完全に粉にしなくても大丈夫みたいです。
ペレットを食べてくれる子でも、だんだん好みが変わってきたり年を取ったりで、副食はゼロというわけにはいかないですよね…。
我が家ではペレットは主食の一部としてしか使っていないのですが、それは、バランスを考えてとか、自然に近いものを、というよりも、おいしい思いをしてもらいたい、という理由が大きいです。将来、ドッグフード並みに栄養とおいしさが考えられたハムフードが出たら、それ中心でもいいかな~とは思いますが…(^^ゞ
こてつさんは、サプリメントにも気を配っていらっしゃるので、もかちゃんたちもがんばって長生きしてくれましたよね! 日本でドワーフが広まってまだ10数年なので、どんな飼い方が本当にいいのかは、まだこれからわかっていくのかもしれませんね。

感染症のときには特に確実に飲ませたいので、仰向けで口もとに垂らす方法で飲ませています。チー太は、飲まされる時間を覚えて、それ以外のときには、また仰向けでリラックスしてくれるようになりました(*^・^*)  賢いです!(おやばか)
いつもご心配いただきまして、ありがとうございますm(__)m
2007/01/16(火) 11:54 | URL | ゆあ   [編集]


でびさん。
みことちゃんのこと、残念でしたね…。1歳10ヶ月まで、でびさんに寄り添うようにして暮らしてくれて、本当にかわいい子でしたね。
でびさんが帰宅されるのを、きっと待っていてくれたのですね。ハムは、最期、すごく苦しむ子が多いのですが、みことちゃんはあまり苦しんだ様子がなかったようなので、ほっとしました…。
みことちゃんが、あちらの世界でも大切にされてのんびり暮らしてくれますように…。
でびさん、おつらいと思います。何を見ても思い出して、自分の部屋にいるのさえ苦しくなりますよね。時間が癒してくれるのを待つしかないので、ご無理をせず、ゆっくりお元気になってください。

ミー太とチー太には、まだがんばってもらって、そばにいてもらいたいと思っています。もって生まれた寿命が来るまで、なるべく苦しくないように、おいしい思いやうれしい思いをたくさんして、ゆっくり暮らしてもらえるように、お世話していきたいです。
おつらいときに、お見舞いを、どうもありがとうございました。
2007/01/16(火) 11:55 | URL | ゆあ   [編集]
コメントを投稿する
URL:


コメント:


非公開: 管理者にだけ読めるようにする
Pass:
 
 この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。