http://your8686.blog48.fc2.com/


 腹水
2007年04月30日 (月)

はらみず、ではなくて、ふくすい、です…。

実は、しばらく前から、ミー太のおなかの左半分が腫れています。
比較的やわらかいふくらみで、痛がったり苦しがったりすることはありませんので、たぶん、腹水だろうと思っていました。

病院へ連れて行きたくても、ミー太の体調に波があって、かかりつけの動物病院までの長距離通院に体力的に耐えられそうもない日々が続き、じりじりしながら様子を見ていました。

ここ2、3日、少しだけ体調が良くなったようなので、もう、ここを逃したらこの先チャンスがないかも…と思い、決心して、今日やっと行って来ました。

すやすや


写真ではちょっとわかりにくいですが、左半分全体がふくらんでいます。
診察結果は、やはり、腹水でした。腹水はおもに、心臓、または、肝臓の機能が低下することによってなるそうです。
ミー太の場合は、心音はいたって正常ということで、肝臓の機能が落ちていると考えられるそうです。

腹水を抜くこと自体は、それほど難しい処置ではないそうですが、抜くことによって、空になった(いままで体液がたまっていた)場所に、内側から一気に体液がにじみ出す可能性があるそうです。
そうなると、身体の方が脱水症状のような、危険な状態におちいることがあるということで、腹水を抜く処置はしませんでした。

ミー太の場合は、たまっている液の圧力で、新しくにじみ出す液の量が少なく抑えられているらしいです。

肝機能を改善する効果のある薬が処方されました。
これで、新しくにじみ出す液の量が抑えられるといいのですが…。
もし、抑えられない場合は、ふくらみが大きくなってきて肺を圧迫するのが一番怖いということです。
その場合は利尿剤を使うことになりました。

何にしても、ミー太の体力が落ちているので、身体へのショックが大きいような処置は選びたくないというのが、私の気持ちです。
かかりつけの先生も、患者への負担が少ないことを重視し、外科的処置や強い薬は、他に方法がない場合にしか勧めない方です。
ということで、腹水を抜かずに薬で対応することになりました。



ミー太は、体調に波があるものの、オシッコもウンチも普通で、痛みなどはないようです。
好きなものを食べ、手の上に来てはニコニコと気持ちよさそうにし、マイペースで暮らしています。
腹水と共存しながら、もう少しそばにいてくれるかな、と、期待しています。

明るい内容の記事でなくてすみません。
読んでくださる方のハムちゃんが病気になったとき、少しでも参考になるかもしれないと思い、我が家のハムたちが経験した病気については、なるべく報告していきたいと思っています。
読んでくださって、ありがとうございました。


コメント


ミー太くん心配です…
ミー太くんに腹水があるとの事ですが、確かに腹水を抜くとそこにまた体液が溜まるので抜くかどうかは悩みますよね。
ミー太くんには色々と身体の症状がありますが、マイペースでのんびり暮らしているとの事でその点については安心しました。
うちにも2歳になるハムがいますので健康管理には充分ら気を付けたいと思います。
2007/04/30(月) 23:25 | URL | 応子   [編集]


ミー太くん、腹水ですか…。

うちはぷりんさんが心臓を患ったときにやはり腹水が溜まりました。
でも肺を圧迫するような量ではなかったので、利尿剤を使っていました。
大量のおしっこをすると楽そうにしていたのを思い出します。

ミー太くんはマイペースでのんびりしてくれてるようですね。
少し安心しました。

ゆあさんも看病疲れしませんように…。
2007/04/30(月) 23:35 | URL | ぶのし。   [編集]


ミー太君、心配ですね。
うちのハム達は腹水が溜まったコがいなかったので、ミー太君にそれがどんな症状を与えているのかよく判りませんが、とにかくミー太くんに苦痛がでませんように祈っています。
そして一つ前のヒーリングの記事ですが、私にも同じような経験があります。
特に弱ってきてから私の手に抱いてもらいたくて、ヨロヨロしながら手にすがりついてきたハムちゃんもいました。
心細くて甘えているのかと思っていましたが、そういうヒーリング効果で苦痛も少しは楽になっていたのかもしれませんね。
ミー太君が病気と共存しながらも、ゆったりと心安らかに暮らしていければいいですね。
2007/05/01(火) 00:49 | URL | ぷくぷく   [編集]


闘病生活
生まれてくるものは何かしらの病気を持って来ます。健康な人もいれば持病を持つものも…

ミー太くんには、ミー太くんの人生。短くても長くても一生に変わりはありません。

最後まで、お世話大変だろうけど、頑張ってくださいね。
2007/05/01(火) 07:53 | URL | むーちゃ   [編集]


ミー太君。。。(´;ω;`) ヨシオよりもちょこっとポッチが大きいね。。。
記事を読んでから、思わずヨシオひっくりを返して観てしまいました。

どうかもうこれ以上お水が溜まりませんように・・・・・。人(>ω<;)
ミー太君ガンバレ☆
2007/05/01(火) 15:04 | URL | えーきち   [編集]


応子さん。
たまっているのを見ると、これさえ抜いてもらえば、という気になりますが、すぐにたまる、しかも、身体にショックが…となると…。
先生を信頼していますので、指示どおりに投薬をがんばりたいと思います! お見舞い、ありがとうございます。
老ハムさんの健康管理には、元気そうに見えても細心の注意が必要ですよね。みんな、元気でいてもらいたいです。
2007/05/01(火) 21:23 | URL | ゆあ   [編集]


ぶのし。さん。
ぷりんさんも、腹水がたまりましたか…。腹水は、見た目、かわいそうですよね。
利尿剤は、もっと膨らんできて呼吸が苦しそうになったら使うようにと、指示されています。
腹水の経過をここしばらく見てきたのですが、苦しそうな様子はなく、急変するというわけでもなさそうなので、腰をすえて投薬をがんばりたいと思います。いつもご心配、ありがとうございます。
2007/05/01(火) 21:24 | URL | ゆあ   [編集]


ぷくぷくさん。
私も腹水がたまった子はいままで経験がなくて、ミー太が初めてです。見た目はおなかが膨らんで痛々しいですが、本ハムは、案外気にしていないようです。癌などで腫瘍が見る見る大きくなって痛みがある状態よりは、ずっと暮らしやすいような感じがします。
ぷくぷくさんも、ヒーリングと思われるご経験があるのですね! 旅立ちが近くなったときの、それまでとは違う抱っこのおねだりは、何度経験しても不思議な感じがします。
少しでもミー太が楽に過ごせるように、お世話していきたいと思います。お見舞い、ありがとうございました。
2007/05/01(火) 21:25 | URL | ゆあ   [編集]


むーちゃさん。
本当にそうですよねぇ…。生まれてきたからには、老いも病気も経験せずにはいられないのですよね。
もって生まれた寿命や運命を受け入れることは、大切だと思っています。
ミー太が楽に暮らせる手助けはしますが、寿命を無理に引き伸ばそうとするような強引な治療は考えていません…。 
老ハムと暮らすなら、このくらいのお世話は普通ですよね?がんばります!お見舞い、ありがとうございました。
2007/05/01(火) 21:27 | URL | ゆあ   [編集]


えーきちさん。
そうなのです、かなりポッチが大きくなっています。もうひとつ小さいのもできています。でも、良性の腫瘍は命に別状はないので、あまり気にしないことにしています…。ヨシオくんのは、あまり大きくならないといいですね。
昨日の今日ですが、腹水がすこ~しだけ引いている感じもします。(欲目かも…?)
いつもご心配、ありがとうございます。
2007/05/01(火) 21:28 | URL | ゆあ   [編集]


ミー太くん、腹水がたまってしまったのですね。
その後具合はいかがですか?。
少し小さくなったミ-太くん、でも相変わらず優しいお顔で幸せそうです。
我が家の老ハム3匹もちょっと小さくなりました。
年をとっても、病気があっても、一緒に居られる時を大切にしたいですね。

2007/05/02(水) 00:09 | URL | まーにゃんママ   [編集]


まーにゃんママさん。
ご心配ありがとうございます。
昨日は少しいい感じだったのですが、今日は通院の疲れが出てきたのか、また腹水の感じが以前に戻っています。波があっても、少しずついい方向に向かってくれたらなぁ…と思います。
人間なら、腹水というとかなり状態がわるい感じですが、ミー太の場合は、いまのところ急変しそうな感じはありませんので、もう少しここにいてくれるかな、と思っています。一緒にいられるときを大切にしたいです。
まーにゃんママさんちも、高齢のハムちゃんがそろっていますね。苦しくなく、みんな穏やかに年を重ねてほしいですね。
2007/05/02(水) 20:54 | URL | ゆあ   [編集]


そっか。゚(*ノx')゚。
ゆあさんの日記が新着で上がって来ないので、コメントが遅れます。゚(*ノx')゚。と言うかミ~太が心配なんだぁ~。
ミ~太大丈夫かな~?v-287
前に横浜市で有名なテレビにもよく出ているH藤動物病院に行ったら、
「こんなに小さい動物わからないよ」って感じで(犬・猫が主流なのかな?)ちっとも見てくれないで、訳のわからない薬をくれて5000円も取られました。
でもどんどん痩せて行くので見て居られなくなって、他のA尾病院に電話したら、
「すぐに連れてきなさい」って。
連れて行ったら、菌?を殺す薬を注射してくれて元気になりました。
病院でこんなに違うんだって思いました。
ミ~太が☆に成っちゃうのは凄く悲しいけど。
私もゆあさんと一緒にミ~太を見守りますv-344


2007/05/02(水) 23:53 | URL | と(-з-)もさん   [編集]


この先もミー太君が痛い思いをしませんように
私は、はじてめてのハムのてんちゃんが、つい先日1歳になりました。まだ、老化や病気というものを見ることなく、一日毎により懐いてくれて幸福な日々です。ゆあさんの日記には、これから私が迎えるであろうてんちゃんとの生活に、心がまえや実際の介護という意味でとても参考になります。年老いて病気になったときに、辛くてもハム生の終わりというものからも目を背けず暖かく寄り添える関係が本当の愛情ですね。

ちなみに私は、自然療法に関心があるので、ホメオパシーやフラワーエッセンスを使用しています。最近はペットにも、心に効き、体に無害な治療法として、注目されていますよね。
↓のサイトは、ホメオパシーを扱っている薬剤師さんから頂いた本に載っていました。ハムちゃんについてとっても詳しいゆあさんのこと、もうご存知かもしれませんが・・・。
ちょっとお高いですが、病院や抗生物質が小さな動物には負担になってしまうときには、おうちでできるケアということで、意味があるように思います。ミー太君のために少しでも参考になればうれしいです。
http://momiji.cside.com/index.htm
2007/05/03(木) 12:05 | URL | tenko   [編集]


ミー太君の身体が、新たに体調不良のサインを出したのですね。
お薬が効いて、腹水とうまく付き合っていけるといいですね。
お祈りしています。

我が家もコロが皮膚炎になったり、くりが旅立ったりと、ここ数日落ち着かない毎日を送っています。
久々に動物病院に行ってきました。
やはり病院によって、お薬の処方も違うと感じました。
2007/05/03(木) 23:26 | URL | いづみん   [編集]


ミー太ちゃんがんばれ!
ゆあぷぅ、こんばんは。いつも読み逃げでごめんね。
…ミー太ちゃん、腹水ですか。。。
ハムズの腹水のケースを初めて知りました。
ゆあぷぅ、がんばって報告上げてくれてありがとうね。(>_<)
小さなコたちの闘病生活は、胸がしめつけられる思いだけど
ミー太ちゃんが、マイペースで過ごしてくれているのが救いです。
病気とうまく付き合いながら、ご長寿だったちいぷね~しゃんや
グッピぷぅんちのちょびちゃんの例もある!
ミー太ちゃんも、今の調子で
のんびり老後を過ごしてくれるものだと信じてますよ~!
v-428v-428v-428←ハンドパワーを送っています。
2007/05/03(木) 23:57 | URL | ざりちゅん   [編集]


と(-з-)も さん。
お見舞いありがとうございます。私の方こそ、なかなか と(-з-)もさんのところへ伺えなくてごめんなさいm(__)m
動物病院も、中にはひどいところがあるようです。mixiのコミュで、「口コミ! 動物病院SOS!!」というのがあるのですけれど、怖い話がたくさん載っています…。
ちーちゃんは、と(-з-)もさんが「ここじゃダメだ!」と気づいて別のところへ行ったので、元気になったのですね~(*^・^*)
私もハズレの動物病院へ行ってしまったことがあります(>_<) そういうところって、他より料金が高いことが多いようですね…。
ミー太はがんばっていますので、また見てやってくださいね♪
2007/05/06(日) 21:49 | URL | ゆあ   [編集]


tenkoさん。
てんちゃんの1歳のお誕生日、おめでとうございます(^_^) 大きな節目ですよね!
2歳も元気で迎えてほしいですが、多くは1歳半くらいから老化が始まって、いろいろな症状が出ることが多いようです。
何度育てても、老化と病気を見守って、旅立たせるのは、せつないです。でも、しっかり見守るのが、務めですよね。
懐かせない方が長生きをするという意見もありますが、病気になったときに人間に馴れていないと、まず投薬からして困りますから。てんちゃんと、いまのうちにベタベタな関係を築いておかれるのは、とてもいいことだと思います♪

ホメオパシーのHPのご紹介、ありがとうございます。勉強になりました。
急性や劇症の病気ではないときには、利用させてもらうことを考えたいと思います。
てんちゃんは、tenkoさんにやさしく見守られて、しあわせですね(^_^)
2007/05/06(日) 21:51 | URL | ゆあ   [編集]


いづみんさん。
くりちゃん、旅立ったのですか…。おつらいですね…。くりちゃんのご冥福をお祈りいたします。
そして、コロちゃんは皮膚炎ですか! B市の動物病院へ行かれたのでしょうか?
皮膚病の見立ては、難しいのかもしれませんね。 
原因によって治療法もいろいろですものね。我が家では今年の1月にチー太が脱毛しましたが、オチ○チ○の傷の化膿と連動していたようで、傷用の抗生物質の服用できれいに生えてきました。アカラスなんかだと、また違う薬らしいですが、チー太の場合は細菌性だったのでしょうね。

お見舞い、ありがとうございます。ミー太、がんばっています。
来月の2歳のお誕生日を無事に迎えてほしい…というのが目標です(*^・^*)
2007/05/06(日) 21:52 | URL | ゆあ   [編集]


ざりぷぅ。
見てくださっているだけで、うれしいですよ~。お忙しいのに、お見舞い、ありがとうございます。
本当に、小さい子たちの闘病を見守るのはせつないですね…。
自分のうちの子が病気になったとしたら、やはりいろいろ情報を集めると思うので、こうして書いていくことが他の子のときに役に立つことがあるかも…と思って、UPしています。
腹水で調べると、(定期的に)腹水を抜くという対処法はよく書いてあるのですが、原因治療についてはあまり触れられていなくて…。そうすると、ハムの身体には負担がかかる一方ですから。今回、ミー太は一気に排尿したのが難点でしたけれど、そうでなかったら穏やかに治っていった気がします。
いつもパワーをありがとうございます。パワーをもらって、もうすこし傍にいてくれたらいいなぁ…と思います。
2007/05/06(日) 21:54 | URL | ゆあ   [編集]
コメントを投稿する
URL:


コメント:


非公開: 管理者にだけ読めるようにする
Pass:
 
 この記事のトラックバックURL