http://your8686.blog48.fc2.com/


 スポンサーサイト
--年--月--日 (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 急変(追記あり)
2007年05月04日 (金)

ミー太の状態が急変しました。

治療方針として、まず肝機能を改善する薬を飲ませ、それでも腹水が増え続けて肺を圧迫するようになったら、そのときには利尿剤を使うということになっていました。
肝臓の薬を飲ませ始めてから2日ほどは、行動に活気が出てきた感じがしていました。

それで、利尿剤は全然使っていなかったのですが…。
昨日の朝、大量のオシッコが出て、腹水が一気に消滅しました。
肝臓の機能が改善されたら、腹水が吸収されて減っていくことがあるとは聞いていたものの、こんなに一気にとは…。
でも、肝機能が改善されて腹水がなくなったのなら、まあ、よかった…
と、ほっとしたのもつかの間で…。

一気に排尿したことで、腎臓に負担がかかったのか、脱水症状になったのか、その後具合が急変しました。
意識がはっきりせず、ぐったりしていました。

病院が遠いので連れて行くことはもう無理ですし、近くても動かせそうにないほどの状態です。
血尿(鮮血ではありません)も出ました。
脱水が気になって、ポカリスエットを少し薄めたものを、2、3時間おきくらいに少しずつ飲ませています。

現在、ほんの少しだけ落ち着いてきたようで、一番好きなスタミノン(本当はこういうときにはいけない食べ物かもしれませんが)なら、何とか口をつけてくれるまでになり、処方されているビタミン剤や肝臓の薬を混ぜて、食べさせています。(少ししか食べませんが…)

ということで、危篤状態を見守っているところです…。

前の記事に、ミー太へのお見舞いのコメントをいただきまして、ありがとうございます。
もう少しミー太の状態が落ち着いてから、お返事させていただきますね。ごめんなさい。

----------------------------------------------------------
追記
みなさん、ありがとうございますm(__)m

5月5日午前8時現在の状態ですが…。
食べられるものの種類は少しだけ増えてきましたが、量はごく少量です。
一昨日は身体(特に下腹部)を触られると、かなり痛がりましたが、今日はそっと抱き上げる分には平気になったようです。
血尿は、ずいぶん色が薄くなってきましたので、おさまりつつあるのだと思います。

ほんの少しずつですが、改善している気がします。
でも、大量のオシッコが出た時点ですでに、身体に脂肪のたくわえがほとんどない状態でしたので、ここ2日ほどほとんど食べていない状況は、かなり危険だと思っています。
見ていて、少しでも改善の兆しがあること自体が不思議に思えるくらいです。
ミー太の生命力の表れなのでしょうね…。

昨日、かかりつけの先生に電話して、できることを尋ねました。
肝臓の(解毒)機能が落ちているということは、腎臓にもその分負担がかかっているということだそうです。
ミー太の場合、連動して腎臓の状態がわるくなっていたと考えられます。そういう状態のところへ、今回の大量の排尿のことがありましたから…。
肝臓の機能が回復してくれば、その分腎臓への負担が減るので、肝臓の薬は続けてくださいと言われました。

ビタミン剤とか、ポカリスエットを与えることは良いということでしたが、自宅でできること(もう動かさない方がいいと先生もおっしゃいました)は、あまりないようです。
ミー太の年齢、衰え方、症状から、復活はかなり難しいだろうと考えていらっしゃるのが伝わってきました…。

でも、わずかでも改善の兆しがあるうちは、あきらめずに見守って行きたいと思います。


コメント


ミー太くん・・・
心配です(TT)
急な排尿で身体に負担がかかったのでしょうか。
症状が落ち着いて元気を取り戻してくれるようお祈りしています。
ミー太くん、頑張ってね!
2007/05/04(金) 11:31 | URL | ぷくぷく   [編集]


ミー太君頑張って!!(TOT)
腹水がイッキに放出ってスゴイ。。。( ̄。 ̄;)

なんの☆ こんな時の為のジャンボリアンの脂肪です!
峠を超えれば大丈夫ですよ☆
2007/05/04(金) 12:02 | URL | えーきち   [編集]


ある方のブログで読んだのですが・・・
ミー太くんを守ってくださるよう、神様にお祈りします。
ゆあさん、こんなときですから、前回の記事のコメントのお返事は気にしないでください。
ネットである方のブログを読んでいたら、その方自身が卵巣のう腫手術の際腹水を除去した後、体液のバランスが崩れて低血糖をおこしたと書いてありました。ミー太君も、いままでと体液のバランスが急に変化したため、具合が悪くなったのではないかと思います。その方は、ブトウ糖と酸素吸入の処置を受けたそうです。ポカリはその方も術後は枕元において口にするようにしていたと書いてありました。食間など空腹時に低血糖をおこすらしいので、こまめに栄養を摂取するのがいいのでしょうね・・。私は素人ですし、ハムちゃんの介護もしたことがないのですが、たまたま読んだブログに書いてあったことが少しでも情報として役にたてば幸いです。
2007/05/04(金) 13:04 | URL | tenko   [編集]


ミー太たん、心配です・・・
お祈りすることしかできませんが、がんばって!!
2007/05/04(金) 16:47 | URL | 深雪   [編集]


ミー太くん回復祈願
排尿の量が多かった為に、体液の浸透圧のバランスに問題があったのでしょうか。
うちのハムが病気で脱水状態になった時はポカリスエットが役に立ちました。
どうかミー太くんも少しずつでいいから回復してくれますように。
生きとし生けるものは皆生きる力を持っていますから、ミー太くんにもその力とゆあさんの思いが届きますよう…
私も心より回復を願います。
2007/05/04(金) 16:50 | URL | 応子   [編集]


ミー太君がんば!だよ。
ミー太君の腹水が減ったのは・・嬉しい事ですが急激だったのかな?
電話で症状を伝えて・・・自宅で出来るベストな方法が解ればいいのですが・・・

私も遠くから・・・お祈りすることしか出来ませんが・・・自己回復力を信じて・・・頑張ってほしいです。がんばって!!
2007/05/04(金) 17:30 | URL | けむはむ   [編集]


腹水がなくなってよかったと思ったら‥。
体の急な変化、負担がかかるんですね。
ミー太くんの具合、心配です。
回復して元気になってくれますように。
がんばれ、ミー太くん。
2007/05/04(金) 17:30 | URL | NEKO   [編集]


頑張れー!
ミー太ちゃんの様子はどうかしら?と見に来てびっくりしています。
急激に排出されて脱水症状になったんですね…。
やはり他の方もおっしゃってますが、ポカリを薄めたものがいいと思いますね。
急激に体液のバランスが崩れたら、やはり症状も激しいのでしょうね。
どうかこれを乗り越えて欲しいです。
ミー太ちゃん!頑張れ~!
せめて脱水症状だけでも改善されるといいですね。
とにかくミー太ちゃんが辛くない、苦しくありませんように…。
ゆあさんも無理ない程度に頑張ってくださいね。
2007/05/04(金) 17:56 | URL | こてつ   [編集]


ミー太ちゃん。頑張って!
ゆあぷ。ミー太ちゃんのその後の具合いかがですか?
どうぞ、ミー太ちゃんが回復してくれます様に。。。
ミー太ちゃん。また、かわいいお顔見せてね。




2007/05/04(金) 19:46 | URL | へこ   [編集]


突然大量のおしっこですか・・・。
皆様も書いてらっしゃるように、急激に大量の排尿をしたことで、
体液のバランスが崩れてしまったのかな。
ゆあさんの手厚い看護で快復しますように。

遠くからですが祈っております。
2007/05/04(金) 22:00 | URL | ぶのし。   [編集]


ミー太頑張れっ!
急変…とても心配です。低血糖の症状なのかな…。
ミー太ちゃん、がんばってちょっとでも栄養摂ろうね。
ミー太ちゃんの回復をお祈りしていますよっ!
ゆあぷぅも看護がんばってくださいね。
2007/05/04(金) 23:25 | URL | ざりちゅん   [編集]


ミー太君頑張ってね
まだ心配な状態ですか?ゆあさんの看護で改善してくれることと信じています。ミー太君も一生懸命生きようと頑張っているので、また元気な顔見せてくれるの待ってます。
2007/05/05(土) 00:17 | URL | オリーブ   [編集]


ゆあさん、今はミー太君の事が心配で一時も気が休まらない状況かと思います。
そんな時に「頑張って」と言う在り来たりな言葉しか
掛けてあげる事が出来なくてごめんなさい。
でも、本当に頑張って欲しい。回復して欲しい。
ミー太君の可愛いお顔がまた見れる事、願ってます。
2007/05/05(土) 00:17 | URL | ちえ   [編集]


がんばれ~!
ゆあぷぅ。ご無沙汰してました。
その間にミー太ちゃんが大変なことに・・・(涙)
今の状態はどうですか?
少しは落ち着いているといいんだけど。。
ゆあぷぅもお世話に気が張っていることと思いますが
ご自身のお体もご自愛くださいね。。
ミー太ちゃんの回復をお祈りしております!
どうかどうか良い方向に向かってくれますように。。。
2007/05/05(土) 01:45 | URL | munyu   [編集]


ミー太ちゃん。
昨日はかかりつけの病院の先生と連絡取れたんですね。
良かったです。それだけでも心強いですもんね!
おしっこの色も少し落ち着いて来たんですね。
ミー太ちゃんが少しでも楽になって回復してくれる事を
お祈りさせて頂きます。
ゆあぷも看病頑張って下さいね。ゆあぷの暖かいお手手で。
ゆあぷのヒーリング効果、ミー太ちゃんには絶大だと思います。

2007/05/05(土) 11:40 | URL | へこ   [編集]


ほんと、獣医さんと連絡取れてよかったですね。
ミー太ちゃんにとって・・穏やかな良い時間が続きますように・・回復しますように・・・私もお祈りさせていただきます。
ゆあさんのお手々でお手当て・・・頑張ってくださいまし。
2007/05/05(土) 18:20 | URL | けむはむ   [編集]


ミ-太くんに少しづつでも元気が戻って来ていたら良いなあ…と思ってやってまいりました。
ミ-太くんもゆあさんや御主人の気持ちを感じながらきっと頑張ってくれている事とおもいます。
私もまーにゃんと一緒に回復をお祈りしています。頑張って!!ミ-太くん。
2007/05/05(土) 20:54 | URL | まーにゃんママ   [編集]


ミー太君の力を信じて、只々祈るばかりです。
どうか、回復しますように。
もっともっとゆあさんとの時間を楽しもう。
2007/05/05(土) 21:54 | URL | いづみん   [編集]


ミー太くん、がんばれ~!
頑張って何とか回復してくれますように…
2007/05/06(日) 00:12 | URL | るーく   [編集]


回復の兆し…
追記を読ませて頂きました。
僅かずつでも何かを食べて、体力を付けてもらえたらなぁ…。
肝機能・腎機能が何とか持ち直してくれますように。
引き続き回復を願います。
2007/05/06(日) 07:42 | URL | 応子   [編集]


うちのクィールちゃんも…
うちのクィールちゃんの時もあぶない状況を何度か脱した時は食事がきちんと出来るかどうかが問題のようです。

ハムは元々、食い溜めが出来ないので、「食事が出来ない=体力が無くなる」ようです。

自分で食べられないときはスポイトのようなもので何でも口に入れてあげた方がいいですよ。

頑張れミー太くん。
2007/05/06(日) 08:08 | URL | むーちゃ   [編集]


ミー太頑張れっ!(2回目)
ゆあぷぅ、看護が大変な中での追記ありがとうございます。
少しでも自力で食べれるようになってくれたのは
とてもいい兆候に思えます。
みんな、ミー太ちゃんの回復をお祈りしています。
みんなの願いが届いきますように!
2007/05/06(日) 16:08 | URL | ざりちゅん   [編集]


ぷくぷくさん。
ミー太は、腎臓に負担がかかったようです…。
応援していただいた甲斐なく旅立ってしまいましたが、もう苦しくないと思うと、ミー太のためにほっとしている部分もあります。
お見舞いありがとうございました。
2007/05/07(月) 20:43 | URL | ゆあ   [編集]


えーきちさん。
腹水が一気に、は、想定外のことでした…。ゆっくり吸収されたのだったら、もう少しこちらで暮らしてくれたと思うのですが…。
脂肪は、老ハム、病ハムには本当に重要ですね。
お見舞いありがとうございました。
2007/05/07(月) 20:44 | URL | ゆあ   [編集]


tenkoさん。
最初のショック状態は、もしかすると低血糖だったかもしれませんが、血尿もありましたし、肝臓との連動の症状は、よくあるらしいので、やはり腎臓への負担が大きすぎたのが原因ではないかと思います。  
いつも見守ってくださって、ありがとうございます。
2007/05/07(月) 20:44 | URL | ゆあ   [編集]


深雪さん。
お見舞いありがとうございます。
残念な結果になってしまいました。何度見送ってもせつなくて、後悔ばかりが残ります。
コナたんにはぜひ長生きしてもらいたいです。
2007/05/07(月) 20:45 | URL | ゆあ   [編集]


応子さん。
肝機能・腎機能の回復は、途中まででミー太の力が尽きてしまいました。
結果的に、かえって苦しい思いを長引かせてしまって、いろいろ後悔するところが多いです…。
いつもお見舞い、ありがとうございます。
2007/05/07(月) 20:46 | URL | ゆあ   [編集]


けむはむさん。
お手手を当てる介護の甲斐なく、ミー太、旅立ってしまいました。
腹水がなくなったのはよかったと思うのですが、急激過ぎたようです。でも、そのとき一番だと思われた方法だったので、仕方がないですね…。獣医さんは、とてもいい先生です。どちらかといえば内科系なので、いつも穏やかな治療をされます。
いつもお見舞い、ありがとうございます。
2007/05/07(月) 20:46 | URL | ゆあ   [編集]


NEKOさん。
腹水がもっと穏やかに吸収されたらよかったと思うのですが、急激過ぎたようですね…。
仕方がなかったのかな、と思うものの、いろいろ後悔することもあります。なんとか持ち直してほしかったですが…。
いつもお見舞い、ありがとうございます。
2007/05/07(月) 20:47 | URL | ゆあ   [編集]


こてつさん。
いつもご心配いただきまして、ありがとうございます。
急激に排出されたのでなかったら、きっと、まだ穏やかに暮らしてくれていたと思うのですが…残念です。
ポカリスエットは、急激な症状のときには効いたみたいです。でも、落ち着いてくるとほとんど飲まなくなりました。おいしくない??
2007/05/07(月) 20:47 | URL | ゆあ   [編集]


へこぷぅ。
お見舞い、ありがとうございます。
かかりつけの先生と連絡が取れたものの、家でできることはほとんどありませんでした…。排尿が急でなかったら、まだがんばってくれていたと思うと、残念でなりません。ヒーリングも、劇症には効力が薄いですね…でも、たくさんミー太とお話ができたので、よかったです。
2007/05/07(月) 20:48 | URL | ゆあ   [編集]


ぶのし。さん。
最初はたぶん、脱水症状だったのだと思いますが、致命的だったのは、腎臓のダメージだと思います。
あれもこれも、わるい方向にはたらいてしまったようで、残念でなりません。うまぼん君の場合は、治療が症状とぴったり合ってくれますように。
いつもお見舞い、ありがとうございます。
2007/05/07(月) 20:48 | URL | ゆあ   [編集]


ざりぷぅ。
最初の症状は、脱水か低血糖か、そういうものだったと思います。でも、致命的だったのは腎臓へのダメージのようです。
肝臓の機能低下の兆候として、最近、たんぱく質(チーズとか)を妙に好むようになっていたので、私に知識があれば、もっと早く対応できたのに…と思います。
応援、お見舞い、ありがとうございました。
2007/05/07(月) 20:49 | URL | ゆあ   [編集]


オリーブさん。
ミー太は、本当にがんばり屋でした。復活の兆候を見せてくれただけでも、とてもうれしかったです。
もう少し長く穏やかに暮らさせてやれなかったのは、私の責任だと思います。でも、もう苦しくないところにいるので、ホッとしている面もあります。
お見舞い、ありがとうございました。
2007/05/07(月) 20:49 | URL | ゆあ   [編集]


ちえさん。
いつもお気遣い、ありがとうございます。
ミー太はがんばりましたが、力尽きてしまいました。
ミー太は思いやりのある子で、特にいろいろ話が通じていたので、喪失感が大きいです…。
また戻って来てくれるといいなぁ…と思っています。
2007/05/07(月) 20:50 | URL | ゆあ   [編集]


munyuぷぅ。
おひさしぶりです~。
せっかく応援してくださったのに、残念な結果になってしまいました…。
小さい生き物ですけれど、存在感が大きいので、喪失感も大きいですよね。
ミー太へのお見舞い、そして、私のことまで心配してくださって、ありがとうございました。
2007/05/07(月) 20:50 | URL | ゆあ   [編集]


まーにゃんママさん。
まーにゃんママさんとまーにゃんちゃんの応援でいいところまで回復してくれていたのに…。ミー太は、残念な結果になってしまいました。
食べ始めたことで、かえって肝臓・腎臓に負担がかかり始めたのかもしれません…。
ミー太へのお見舞い、応援、どうもありがとうございました。
2007/05/07(月) 20:51 | URL | ゆあ   [編集]


いづみんさん。
残念な結果になってしまいましたが、最期まで、ミー太とは濃い時間を持てたと思います。歯切りをはじめ、いろいろ介護が必要でしたが、それがいっそう愛しかったです。
ミー太へのお見舞い、ありがとうございました。
2007/05/07(月) 20:52 | URL | ゆあ   [編集]


るーくさん。
病気への対応に関して、悔やまれることも多いので、今後にそれをぜひ生かしていきたいと思います。
ミー太へのお見舞い、ありがとうございました。
2007/05/07(月) 20:53 | URL | ゆあ   [編集]


むーちゃさん。
クィールちゃんのように、長くそばにいてくれたらよかったのですけれど…。
自分でいろいろ食べられるようになるまでの間、少しでも口に入れてくれるものはどんどん食べさせていたのですが…。今回の症状が出るまでに、体力を使い切っていたので、乗り越えられなかったようです。
お見舞い、ありがとうございました。
2007/05/07(月) 20:53 | URL | ゆあ   [編集]
コメントを投稿する
URL:


コメント:


非公開: 管理者にだけ読めるようにする
Pass:
 
 この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。