http://your8686.blog48.fc2.com/


 スポンサーサイト
--年--月--日 (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 またね
2007年05月07日 (月)

昨日、ひと山越えたとご報告したばかりですが、夜中に容態が悪化して、今朝には、もう時間の問題…というのがわかる状態でした。

そして、午後4時4分、旅立ちました。
けいれんが来て苦しみましたけれど、最期のときまでの長い時間、手の上で見守ってやることができました。
いろいろ話しかけながら、ゆっくりお別れができました。

老化が始まってから今日まで、ミー太は本当によくがんばりました。
私の方はといえば、反省することばかりです…。
ごめんね、ミー太。

以下の写真は、すべて元気だったころのものです。


ミー太は、ホームセンターの水槽出身です。
2005年7月29日、34gで我が家へやって来ました。
来月2歳の誕生日を迎えるはずでした…。
いつもニコニコしていて、頭がよくて、人間への思いやりがある子でした。

あるとき、歯切りで、うまく切れなくて歯にショックを与えてしまい、ミー太に痛い思いをさせてしまったことがあります。
ミー太を抱っこしたまま、ミー太に申し訳ないやら自分のことが情けないやらで、つい、ぽろっと泣いてしまいました。
ミー太は、泣いている私を見て、何も言わないのに、私の鼻の頭に手を添えて自分の鼻をくっつけてしばらくじっとしていてくれていました。
なぐさめてくれたのだと思っています。

たくさんのやさしい時間をありがとう、ミー太…。
もう、嫌いな歯切りをしなくていいし、おなかが苦しくもないから、ゆっくりおやすみなさいね。
しばらくゆっくりしたら、またおいしいものを食べに、戻って来てくれるとうれしいな…。

2.jpg

3.jpg

皆さん、ミー太をかわいがっていただきまして、ありがとうございました。



コメント


ミー太君、安らかに・・・
言葉にすると切ないばかりです。
お悔やみ申し上げます。
ゆあさん、ご主人様も御気落とし無いように。。。

チー太君、お二人を慰めてあげてね。
実家のお祖母ちゃんからお願いしますね。
2007/05/07(月) 21:15 | URL | おけい   [編集]


ミー太ちゃん、ありがとうね。
やさしいミー太ちゃん、旅立ってしまったのですね…。
でもでも、すごく頑張ったもんね。
お手々の上でお別れができたなんて、
最期の時まで、本当にやさしいコだなぁ~。

なんだか、ミー太ちゃんがゆあぷぅのお家にやってきたのが
ついこの間のような気がしていたので
お別れはあまりに早く、残念でなりません。

ゆあぷぅ、ゆっくり元気になってくださいね。

ミー太ちゃん、いつも温泉のように私を癒してくれてありがとうね!
キミの米印寝んね、忘れないよっ!
2007/05/07(月) 21:26 | URL | ざりちゅん   [編集]


涙が止まりません。
言葉に出来ないくらい切ないです。

ゆあさんとご主人からたくさんの愛情を受けて、ミー太くんは幸せだったと思います。
お迎えされたのがゆあさんのところでなかったならば、もっと生き急いでいたかもしれません。

またいつか還っておいで、ミー太くん。
2007/05/07(月) 21:38 | URL | いづみん   [編集]


ミー太ちゃん。ありがとう。
ミー太ちゃん。よく頑張りましたよね。
ホント思いやりにあふれる優しいおにーちゃんでしたね。
ゆあぷの暖かいお手手の上で安心して旅立って行かれた
と思います。まだまだかわいいお顔を拝見したかったです。
ゆあぷ。だんな様。精一杯のご看病お疲れ様でした。
ミー太ちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ゆあぷ。ゆっくりゆっくりされて下さいね。。。
ミー太ちゃん。ありがとね。


2007/05/07(月) 21:40 | URL | へこ   [編集]


ミーし太君がんばったね、そしてありがとう。てんちゃんをお迎えして、ネットでミー太君を知って・・・ミー太君のこと大好きだったよ。ミー太くんの写真を見て、私はいつも癒されていました。きみは本当に優しい心の持ち主だったんだね。
歯切りのときのエピソードは、人間よりもこの小さな生き物たちはよほど優れたものを持っているのではないか。。。と思ってしまいます。
ゆあさんも看病お疲れ様でした。
愛情でいっぱいのゆあさんとハムちゃんとの生活には、教えていただくことがいっぱいです。
2007/05/07(月) 22:00 | URL | tenko   [編集]


追記
すいません、どうしても書きたくて追記します。天使について書かれた本を読むと、数字には天使のメッセージが託されているとか。4は、「天使が助けてくれているよ」という意味だそうです。だから4時4分は、ミー太くんのそばには天使さまがついて守ってくれているよ、っていうことだと思います。
2007/05/07(月) 22:09 | URL | tenko   [編集]


峠を越えて安心したの束の間、今日の更新で『え?まさか!』と信じられない気持ちでいっぱいです。(´;ω;`)
この手に抱いたハムちゃんがまたお空に旅立ってしまった。。。

ブログで出会ってからちょうど1年、ヨシオよりもちょっとお兄さんのミー太君。。。
一緒に2歳を迎えたかったけど、残念だったね・・・・・。
さようなら・・・・・、可愛いミー太君のことずっと忘れない・・・・・。
甘えん坊なミー太君は、生まれ変わってもきっと、また大好きなゆあさんの手の中に戻ってくるような気がします。

えーきちも『ま・た・ね♡』って明るく見送るね?

ゆあさん、看病お疲れさまでした。
しばらく寂しいけど、チー太君とゆっくりでいいから元気出して下さいね。。。
2007/05/07(月) 22:20 | URL | えーきち   [編集]


・・・・・前の記事でほっとしたばかりでショックです・・・
ほんと悲しくて涙が出ます。。。ゆあさんの接しぶりは本当に
頭が下がるくらいの素晴らしいものでした。ミー太たんは
最高に幸せだった思います。ミー太たんはもう痛みも苦しみも
ない世界にいて今度はゆあさんを見守ってるとおもいます。
ご冥福をお祈りいたします
2007/05/07(月) 22:37 | URL | 深雪   [編集]


ミー太君、かわいい笑顔をたくさんありがとう。
ハムスターランドでたくさんのお友達と遊んでね。

ゆあさん、看護お疲れ様でした。しばらくはゆっくりなさってください。
2007/05/08(火) 02:20 | URL | オリーブ   [編集]


ミー太ちゃん
前記事で「おぉ!良かった~。」とちょっぴり安心して
安定してくるといいなぁ、と思っていたのですが残念です。
あー、涙が止まりません。
でもでも、ミー太ちゃんはとってもよく頑張っていましたね。
ミー太ちゃんがやってきたのは、何だかついこの間のような気がするのですが、あっという間ですね・・。
ミー太ちゃん、かわいいお顔をたくさん見せてくれて
どうもありがとう。
かわいいお顔にいつも癒されていました。
ミー太ちゃん、ゆあさんのもとでとっても幸せに暮らしていましたね。
お空にいるうちの子達とも、もう出会えた頃でしょうか。
どうか、安らかに・・・。

ゆあさんもどうか無理なさいませんよう、ゆっくりゆっくり元気になってくださいね。
2007/05/08(火) 04:40 | URL | こてつ   [編集]


ミー太くん、またね
ミー太くん、ひとまずはお疲れ様でした。
ハムランドにいるうちのハム達と遊んでやって下さいね。

ゆあさんのブログにお邪魔させて頂いたばかりの頃「また帰って来てくれると思っているので我が家は世襲制です」
というお言葉に衝撃を受けました。
長年ハムと暮らしていながら、どうして私はそういう考え方が出来なかったのだろうって。
ごめんなさい、まだ涙が止まらなくてまとまらない事しか書けませんが…ミー太くん、また次の代のミー太くんとして帰って来てくれるまで一ファンとしてのんびり待ってますよ。
また可愛い表情を見せて下さいね、ミー太くん。
2007/05/08(火) 05:31 | URL | 応子   [編集]


回し車で回転していたミー太を思い出すと、ミ~太が自分のハムの様にいとおしいです。

悲しいです。

ミ~太はゆあさんと出合って幸せ者だったと思います。

ミ~太ありがとう!
2007/05/08(火) 06:30 | URL | と(-з-)もさん   [編集]


ミ-太くん、旅立って行ってしまったのですね。
きっと沢山の“ありがとう”をゆあさんに言っている事でしょう。
PCの前の私達まであたたかい気持ちにさせてくれたミ-太くん、あの表情は本当に大切に育てられた子しか見せてはくれないでしょう。
ゆあさんのおうちの子になれて本当に良かったね。
これからはゆあさんの心の中で、ゆあさんをしっかり支えてあげてね。

御冥福をお祈りいたします。
2007/05/08(火) 11:46 | URL | まーにゃんママ   [編集]


ひと山越えたとお聞きし、このままずっと小康状態を保っていけたらいいなぁ、と思っていましたのに・・・
でも、ゆあさんの手の中で最期を迎えられて良かったですね。
ミー太くんも安心して旅立てたと思います。
ゆあさんも看護が大変だったでしょうけれど、ミー太君もよく頑張ってくれましたよね。
ミー太くん、いつも可愛い笑顔をありがとう。
これからはお空からゆあさんとチー太君を見守ってあげてね。
痛みも苦しみもない天国で、ゆっくり休んでくださいね。
ミー太君のご冥福を心よりお祈りいたします。
2007/05/08(火) 13:32 | URL | ぷくぷく   [編集]


ミー太くん、旅立ってしまったのですね…
またいつか戻ってきて、かわいいお顔を見せてね。

ミー太くんのご冥福をお祈りします。
2007/05/08(火) 15:46 | URL | るーく   [編集]


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/05/08(火) 16:11 | |   [編集]


ミー太くんもゆあさんもお疲れ様。
ミー太くん残念でしたね。でも天命はまっとうしたと思いますよ。

ゆあさんいつも言っていましたよね。輪廻でいつか戻って来るって…。ミー太くんがまた戻って来る日まで、待っててあげてくださいね。

ゆあさんも最後まで、お世話ご苦労さまでした。

東北の空からご冥福を祈ってます。
2007/05/08(火) 21:04 | URL | むーちゃ   [編集]


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/05/08(火) 21:35 | |   [編集]


ミー太たん、安らかに。
ミー太君、旅立ってしまいましたか。
本当に残念です。
山を越えたということでちょっと安心していました。
まさかと思い見に来て。。。。
ミー太君は本当に幸せだったと思いますよ。
ゆあさんという素晴らしい飼い主、いや、パートナーに出会えて。
最後も一緒に居られてきっと苦しみの中でもゆあさんに感謝
しながら旅立って行ったのだと思います。
いつかきっと、ゆあさんのところに戻ってきてくれるはず。
それまでは、ゆっくりしてね。ミー太君。
ご冥福、お祈りします。
2007/05/08(火) 23:09 | URL | 直次郎   [編集]


ミー太くん。
ほわほわで優しいお顔で、賢くって・・・。
みんなミー太くんのことが大好きでした。
ゆあさんの手でまったりするミー太くんを見て、
どれだけの人が癒されたことでしょう。

また会おうね。

ゆあさんも看病、お疲れ様でした。
2007/05/09(水) 00:46 | URL | ぶのし。   [編集]


ありがとね
ミー太ちゃん本当によく頑張りましたね(涙)
お迎えした当時の、クマちゃん体型のミー太ちゃんから
ずっと辿って見てきました。
本当にたっぷりの愛情の中で過ごせて
ミー太ちゃんのハム生は幸せだったなーと
心から感じています。

ミー太ちゃん、今までいっぱいいっぱいありがとうね!
またいつか、ゆあぷぅと旦那様の元に帰ってきてね。

ゆあぷぅも精一杯の看護お疲れ様でした。
心労もあることと思います。ゆっくり休んでくださいね。

ミー太ちゃんのご冥福を心よりお祈りしております。。
2007/05/09(水) 08:19 | URL | munyu   [編集]


みなさんへ。
ミー太へのお悔やみ、本当にありがとうございました。
お返事を…と思い、書き始めたのですが…。
闘病中のことを思い出しながら、生前の記事へいただいたコメントにお返事することはできたものの、亡くなったことをきちんと受けとめてミー太のことを「思い出」としてお返事を書くことは、まだできそうにありません…。
もう少し、お時間をいただきたいと思います。ごめんなさい。
2007/05/10(木) 08:24 | URL | ゆあ   [編集]


ミー太ちゃん、ばいばいだね
久しぶりにお伺いしてみたら・・・
ミー太ちゃん、よく頑張りましたね。
一生懸命、生きたよね。
でもきっと幸せだったでしょ。
愛情いっぱいもらって、うんと可愛がってもらったもん。
もう体は軽くなったかな。
お空にぐ~んって飛んでいって、虹の橋に着いたかな。
それともまだ、ゆあママの側をトテトテ走ってるかな。
気持ちいいお手手に乗りたくて、
もう一回、抱っこしてもらいたくて・・。
ミー太ちゃん、またいつか会えるといいね。

ゆあさん、残念でしたよね。
もうすぐ2歳だったのに。もうちょっとだったのに。
手の中でまあるくなって寝ているミー太ちゃん、
とても可愛かったですよね・・。
愛らしいハムちゃんでした。
愛嬌があって、本当にお目目が笑っていましたもん。
今は悲しくてお辛いでしょうが、また元気になったら
楽しかった思い出を語ってくださいね。
ご冥福をお祈りします。

PS:風邪をこじらせて寝込んでいたので、
ミー太ちゃんの訃報に気づかず、遅くなりました。
ごめんなさい。
2007/05/10(木) 22:06 | URL | ニキ   [編集]


ミー太くん ありがとう
私も泣いてしまいました。
ミー太くんには たくさん癒してもらいました。
しばらくパソコンから離れているうちにお空へ旅立っていたなんて・・・
遅くなってごめんなさい。
いつもゆあさんの記事でミー太くんの優しさがよく伝わってきていました。
お空でゆっくり休んでくださいね。
ゆあさんも少しずつ元気を取り戻してくださいね。
2007/05/11(金) 11:57 | URL | ロンママ   [編集]


お悔やみ申し上げます
お悔やみの言葉が遅くなって、ごめんなさい。

ミー太くんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
「歯切り」のエピソード、とっても美しい話ですね。
優しい子だったんですね。ゆあさんが優しいからミー太君も。

ゆあさん、おつらいこtことは思いますが、どうぞご自愛くださいませ。
(お返事は特には要りませんよ~。)
2007/05/12(土) 09:11 | URL | おおやん   [編集]


ミー太くん、安らかに
こんばんは。
見に来るのが遅くなってしまって‥。
ミー太くん、急に悪くなってしまったんですね。
お空へ旅立ってしまったなんて。
最後にしっかりお別れできてよかったですね。
たくさんかわいがってもらって、最後は抱っこして見送ってもらってミー太くんはとても幸せでしたね。
かわいくてやさしいミー太くん、いつも癒してくれてありがとう。
おやつをおいしそうに食べる姿、とてもかわいいです。
さよならミー太くん、またね。
2007/05/13(日) 21:09 | URL | NEKO   [編集]


おけいさん。
ミー太とチー太が両方いてくれて、ハム生活を満喫して来ましたので…。ミー太がいなくなって、喪失感の大きさに、ぼう然としています。

チー太は本当にいい子です。繊細な子なので、ミー太のようにべったりしてくれるということはありませんが、いつもよりたくさん出てきて抱っこさせてくれますし、ツンのときも長くお鼻をくっつけていてくれるようになりました。私を気遣ってくれているのが伝わってきます。
お悔やみ、ありがとうございました。
2007/05/14(月) 22:27 | URL | ゆあ   [編集]


ざりぷぅ。
ミー太は本当にやさしい子でした。介護などでお世話することがとても多かったので、いなくなったことや、もうお世話する必要がなくなったことに、まだ慣れません…。
元気だったときも、介護や投薬が必要になっても、ミー太の心、身体、存在そのものが大好きでした。

ざりぷぅには、ミー太がやって来たときからずっと見守っていただきましたね。いただいた学校のミニチュアの机の間で、ニコニコしていたミー太の顔が思い出されます…。
ミー太をかわいがってくださり、ありがとうございました。
2007/05/14(月) 22:28 | URL | ゆあ   [編集]


いづみんさん。
ミー太のために……ありがとうございます。
ミー太は、ホームセンターの水槽にいました。
手を入れるとみんな乗ってこようとしました。他の子はやがて飽きてよそへ行ってしまったのに、ミー太は、他の子が乗っているときにはおすわりして順番を待ち、何度降ろしてもまた乗って来ました。
戻って来てくれたといいますか、出会いといいますか、来たくて来てくれた子をせいいっぱいかわいがって、また送り出し…。
そしてまた、戻って来てくれるのを待つことにします! 
2007/05/14(月) 22:29 | URL | ゆあ   [編集]


へこぷぅ。
ミー太は本当によくがんばりました…。
私の方は、ミー太のためにできることを、と考えて看病してきたのですけれど、反省することばかりです。
老化が出てからは、ミー太にとっては、歯切りや点眼など、いやなことをされる一方だったと思うのですが、私たちに対して優しい気持ちをもち続けてくれました。感謝の気持ちでいっぱいです。
もう少しいてほしかったのですが、ミー太がもう苦しくないことを思うと、いまはホッとしています。
お心遣い、ありがとうございました。
2007/05/14(月) 22:30 | URL | ゆあ   [編集]


tenkoさん。
ミー太のことをいつも見ていてくださり、ありがとうございました。
いままでの子たちもそうでしたが、ミー太は人間に対して思いやりのある子でした。小さい生き物の中にあるやさしい心やさまざまな感情に触れて、感動したことが何度もありました。ハムと付き合って、この生き物の可能性に魅了され続けています。
tenkoさんも、てんちゃんとのお付き合いが深まる中で、まだまだたくさんの素敵なご経験をされると思います。てんちゃんとの1日1日は、宝物ですね。

追記で書いてくださったこと、心にしみました。最期は苦しんで…、でもなかなか旅立ちのときが訪れなかったのですが、4時4分に、天使に連れられ旅立って行くことができたのですね…。
2007/05/14(月) 22:31 | URL | ゆあ   [編集]


えーきちさん。
えーきちさんに抱っこしてもらって、手の上で寝ていたミー太の様子が思い出されます。あの時はすでに老化が進んでいて、最盛期のピカピカした状態ではありませんでしたが…。
あのころのスピードで老化が進んだら、年を越せないのではないかと不安に思っていたのですが、ミー太は本当によくがんばってくれました。
ヨシオくんには、どうかミー太の分も長生きしてもらいたいです。
ミー太は、また戻って来てくれると信じています。
戻って来たら、毎回、これまでできていたことはすぐに覚える(思い出す?)のですよ~(^_^)
いつもミー太のことを見守ってくださり、ありがとうございました。
2007/05/14(月) 22:32 | URL | ゆあ   [編集]


深雪さん。
ミー太のために…どうもありがとうございます。
ミー太はがんばり屋で、とてもいい子でした。
ミー太のためにと思っていろいろしてきたのですが、特に最後の方の治療はかえってミー太の苦しみを増やしてしまいました。終末期の治療では、無理をさせない(通院、投薬等をやめて見守る)というのがいままでの私の考え方でした。今回はそれを守らず、ミー太に申し訳なくて、反省することばかりです…。
もし戻って来てくれたら、今度こそ苦しみの少ないハム生を送らせてやりたいと思います。
お悔やみ、ありがとうございました。
2007/05/14(月) 22:33 | URL | ゆあ   [編集]


オリーブさん。
ミー太へのお言葉、ありがとうございます。
たくさん仲間がいて、もう苦しくもないところへ行ったので、安心です…。
自分の気持ちに折り合いをつけて、少しずつ復活したいと思います。
私のことまでお気遣いいただきまして、ありがとうございました。
2007/05/14(月) 22:34 | URL | ゆあ   [編集]


こてつさん。
ミー太のために……ありがとうございます。
こてつさんには、ミー太がやって来たときから見ていただいて、たくさんかわいがっていただきましたね。本当に、あっという間の年月でした。ミー太にとって充実していたハム生だったらいいのですが…。
もかちゃんたちほど長生きはできませんでしたが、いまごろはお空で先輩たちにいろいろ教えてもらっていることでしょう。
いつもお気遣いいただきまして、ありがとうございます。
2007/05/14(月) 22:35 | URL | ゆあ   [編集]


応子さん。
ミー太は、苦しみから解放されて、いまごろは走り回っていることでしょうね。マルヒメちゃんたちにもちゃんとご挨拶できているでしょうか…。
ミー太のために……ありがとうございます。
最初にお迎えした子が旅立ったときに、あまりにも喪失感が大きくて、自然に「戻って来てくれるのでは」と思うようになりました。私の感覚でしかありませんが、この子だ!と思った子を連れて帰ると、以前できていたことはすぐにマスターしてくれるのです。顔や容姿は違っても、ミー太はミー太の性格、チー太はチー太の性格を受け継いでくれるのが不思議です。
いつかミー太が戻って来たら、どうかまたかわいがってやってくださいね。
2007/05/14(月) 22:36 | URL | ゆあ   [編集]


と(-з-)もさん。
そうそう、と(-з-)もさんには、最初のころ、回し車の動画を見ていただいたのでした。
おっとりもこもこと回す子どものころのミー太の様子、昨日のことのように思い出します。
我が家へやって来て、楽しい思いをしていってくれたのだったらいいのですが。
ミー太へのお言葉、ありがとうございました。
2007/05/14(月) 22:37 | URL | ゆあ   [編集]


まーにゃんママさん。
おいしいものをもらったときや、いい子ね~とほめられたときは、ミー太は極上の笑顔で応えてくれました。ミー太には最後の半年は、苦しい思いばかりをさせてしまいました。なるべく不自由なく暮らせるようにと思ってお世話してきましたが、ミー太にとってはどうだったのでしょうか…。
私たちと暮らせてよかったな~と、少しでも思っていてくれたらうれしいですが。
ミー太へのお悔やみ、ありがとうございました。
2007/05/14(月) 22:38 | URL | ゆあ   [編集]


ぷくぷくさん。
ミー太は本当によくがんばってくれました。苦しい闘病でしたけれど、もういまは、身体も軽くなったことでしょう。老化が始まってから半年以上も、常にどこか不具合を抱えながらも、毎日ニコニコ過ごしてくれました。
ハムは、どの子も、最期まで全力で病気と闘うので、見ていて教えられることがたくさんありますね…。
ミー太へのお悔やみ、ありがとうございました。
2007/05/14(月) 22:39 | URL | ゆあ   [編集]


るーくさん。
ミー太は力尽きて行ってしまいましたが、最期までよくがんばってくれました。
ハムって、偉い生き物だと、見送るたびに思います。
またいつか、会える日が来るといいなぁ…と思っています。
ミー太へのお悔やみ、ありがとうございました。
2007/05/14(月) 22:39 | URL | ゆあ   [編集]


むーちゃさん。
クィールちゃんほど長生きはできませんでしたが、ミー太はせいいっぱい生き抜いてくれたと思います。
苦しい闘病で、もうこれ以上がんばれとは言えないくらいでした。それに比べて私は、至らないことばかりでした。
でも、ミー太は、きっといつか戻って来てくれると信じています。
むーちゃさんには、我が家のハムたちの歴史をずっと見ていただいていますね。
いつもありがとうございます。そして、お悔やみ、ありがとうございました。
2007/05/14(月) 22:40 | URL | ゆあ   [編集]


直次郎さん。
もう身体全体が弱っていたので、復活しかけて食べたことが、かえって内臓に負担になったのかもしれません。いま思い返すと、治療のタイミングをはじめ、後悔することばかりです…。
今後の子たちのお世話に今回のことを生かしていくことで、ミー太への「ごめんなさい」を消化していきたいと思います。
いつもお気にかけていただきましてありがとうございます。そして、ミー太へのお悔やみも、ありがとうございました。
2007/05/14(月) 22:40 | URL | ゆあ   [編集]


ぶのし。さん。
いつも見守ってくださり、ありがとうございます。
ミー太はとてもいい子でした…おなかの毛がロン毛で、若いときにはすごくきれいなほわほわな仰向け姿を見せてくれました。
その賢さにも、びっくりさせられることばかりでした。
…4代目ミー太についての、たぶん最後のおやばかの機会ですので、どうかお許しくださいね。
またいつか戻って来てくれると思っています。そのときには、ぜひ見てやってくださいね~。
2007/05/14(月) 22:41 | URL | ゆあ   [編集]


munyuぷぅ。
くまちゃん体型のミー太を見てくださったのですね! やって来たときはコロコロでした。その後なかなか体重が増えなかったのですが、やがて大柄ハムに。
やさしくてほわほわで、とてもいい子でした…。
今年のカミンのカレンダーに、くぅたん達と一緒に載せてもらえたのも、すごくいい思い出です。昨年末には、3月のカレンダーの週まで生きられないかも…と心配していましたので、それを超えてがんばってくれたことを、誇りに思っています。
ミー太へのお悔やみ、そして、お心遣い、どうもありがとうございました。
2007/05/14(月) 22:42 | URL | ゆあ   [編集]


ニキさん。
ミー太は、もうお空へ行ってしまったような気がします。身体が軽くなって、きっと、走り回っていることでしょう。
ハム太君のように、長く私たちのそばにとどまる子もいますけれど、今回、ミー太は亡くなって2日目には気配が消えた気がします。いままでの子の中で一番早いです。早く戻って来てくれるつもりなのか、しっかり病気と闘ったので心残りがないのか、わかりませんけれど…。
4代目ミー太として、十分生き抜いてくれたと思っています。またいつか会えると、信じています…。ミー太へのお悔やみ、ありがとうございました。

日記、読ませていただきました。ご体調が早く万全になりますように!草太君がそばにいて癒してくれますよね。
2007/05/14(月) 22:43 | URL | ゆあ   [編集]


ロンママさん。
ミー太のために……どうもありがとうございます。
ミー太はやさしい子で、人間のことまで思いやれる子でした。ミー太に教えられたことがたくさんあります。
我が家の子になってくれてとてもうれしかったです。
闘病が本当に過酷でしたので、その分、いまごろはお空でゆっくりしていると思います。
お忙しい中、私のことまでご心配いただきまして、ありがとうございます。
ロンママさんも、お仕事の合間にはなるべく休んで、ご体調を維持してくださいね。
2007/05/14(月) 22:45 | URL | ゆあ   [編集]


おおやんさん。
ミー太へのお悔やみ、どうもありがとうございます。
ミー太は聞き分けのいい子でしたが、歯切りだけはどうしてもいやで、徹底抗戦していました。そして、結局切られてしまっても、根にもたずに、変わらず私のことを信頼してくれていました。
ハムって、偉い生き物だなぁ…と、いつも尊敬の気持ちをもってお世話しています。
おおやんさんもお忙しいのに、私のことまでご心配くださり、ありがとうございます。私の方こそお返事が遅くなりまして、すみませんでした。
2007/05/14(月) 22:46 | URL | ゆあ   [編集]


NEKOさん。
ミー太は復活の兆しがあったものの、食べ始めたことで、かえって、ギリギリの状態だった内臓への負担が増して、乗り越えられなくなったのではないかと思います…。
治療のタイミングについて、悔やむことがたくさんありますが、それは今後の子たちのお世話に生かしていきたいと思います…。ミー太がもう苦しまなくてもよくなったことには、ほっとしています。
たくさん抱っこさせてもらい、たくさん笑顔を見せてもらいました。また会えるといいなぁ…と思います。
NEKOさん、お忙しいのに、ミー太へのお言葉をいただきまして、どうもありがとうございました。
2007/05/14(月) 22:46 | URL | ゆあ   [編集]
コメントを投稿する
URL:


コメント:


非公開: 管理者にだけ読めるようにする
Pass:
 
 この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。