http://your8686.blog48.fc2.com/


 スポンサーサイト
--年--月--日 (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 腫瘍ができている場所
2007年09月15日 (土)

抗生剤投与が終了し、仰向けになっていても薬を飲まされないので、余裕のチー太です(^_^)

りらっくす~♪ 


臭腺のところが赤く見えるのは、傷になっているのではなくて、ぶらぶらした腫瘍が粘膜にあるためです(粘膜と同じ色)。

おなかの傷は良くなったチー太ですが、実は、おなかの中にも腫瘍があります。
3ヶ月前に腫瘍を見つけたときの記事は、こちらです。
3ヶ月経った現在の状況は、以下のような感じです。長くなりますので、ご面倒でしたら、パスしてくださいね。


※これまでの治療法
免疫力をUPし体調を整える効果を期待して、βグルカン(サプリメント)をずっと続けて飲ませています。
βグルカンは、ミー太のときにも飲ませていましたが、老化が表れてきたハムには、たしかに効果がある気がします。

もう1種類のサプリメントとして、腫瘍が大きくなるのを抑える効果を期待して、アガリクスを飲ませています。
途中でプロポリスに変えましたが、チー太がすごく嫌がることと、口周りに付いたものが毛づくろいによって体中に広がってベタつくので、現在は、またアガリクスを飲ませています。
腫瘍は、どんどん大きくなるということはありませんが、少しずつ確実に大きくなっています。
ですので、アガリクスやプロポリスの効果については、はっきりわからない、というのが正直な感想です。


※腫瘍ができている場所
実は、場所が問題なのです。

最初、まだ腫瘍がすごく小さかったときには、精子を運ぶ管(輸精管)にできているらしい、ということでした。
しかし、だんだん大きくなってくる過程で、できている場所は、尿道そのものだということがわかってきました。
先生の触診による判断です。私は、かかりつけの先生の診断を信頼しています。
自分で毎日触ってチェックしても、やはり、腫瘍は尿道にあるように思えます。

これまでのサプリメントでの治療においては、場所がどちらでも変わりはないと思います。
しかし、手術を考える場合は大きく違います。
輸精管なら、それごと取り除いても生活に支障は出ないので腫瘍も完全に取れますが、尿道は、それごと取り除くことができませんから…。


※大きさ、形
3ヶ月前に見つけたときは、つまよう枝のあたまくらいでしたが、現在は、直径1.5ミリ、長さ1センチくらいになってしまいました。
皮下にできた脂肪腫のような腫瘍であれば、このくらいの大きさなら全く心配はないのですが、場所が尿道ですから、腫瘍が大きくなっていつ排尿障害が起こるかわかりませんので、心配です。

形は、もともとの管をホースのようなものと仮定すれば、いまは、ちくわのような感じです。
管の周り全体にぐるりと腫瘍ができているのか、部分的にできているのかは、外から触っただけではわかりませんが…。


※どのような手術になる?
尿道は取り除けないので、手術をするとしたら、管にくっついた腫瘍の根の部分を残して、なるべく削ぎ取るような方法になるということです。

その場合、腫瘍の切り口が治る過程でふさがろうとして周りをきゅっと引き寄せてしまう可能性があり、尿道を狭めたり閉塞させてしまったりするかもしれないそうです。
また、腫瘍の根の部分を残すので、また大きくなってくる可能性もあります。


※手術をするとしたら…
上に書きましたように、手術には、かえって排尿障害になるかもしれないというリスクがあります。
また、チー太は今日で満1歳9ヶ月になりました。手術にふみきるには覚悟が必要な年齢です。
つまり、普通に生活できているいまの段階で手術を受けることは、かえって命の危険があり、メリットはほとんどない、ということです。

ですが、このまま腫瘍がだんだん大きくなってくれば、いつか排尿障害がでるかもしれません。
尿が出なくなれば、そのままにしておけば3日ほどで命を落とす危険があります。(我が家の初代ミー太も、状況は違いましたが、尿が出なくなって3日目に亡くなりました。)

ということで、今後、排尿障害が出た段階で、そのとき手術ができる体調であれば、生き残ることができる可能性にかけて緊急に手術を受けるかもしれません。


※今後は
以上のような状況ですが、簡単に言えば、腫瘍が大きくなるのをサプリメントで少しでも抑えていく以外には、動きが取れない、ということです…。
毎日何度もトイレを覗いて、オシッコがちゃんと出ているのを確認しては、ホッとしています。

いま、チー太は、若いころとほとんど同じ体重で、見かけも若々しいです。
サプリメントを飲ませながら、なるべく長くいまの状態が続いてくれるように願いつつ、しっかりお世話して行きます。


長い記事を読んでいただきまして、ありがとうございました。
コメント


チー太くんの生きる可能性に願いを
|´ー`)ノ こんばんは
改めてチー太くんの現在の状況を拝読させて頂くと、もし進行が進んだ場合様々な問題が生じて来ますよね。
でも現時点でこの状態で留まってくれているのは、日頃から愛情と知識をたくさんお持ちになってチー太くんの体調をチェックされているゆあさん、信頼出来る医師の存在、私を含むチー太くん(ミー太くん)ファンの思い・願い、チー太くん自身の生きる力…様々あると思います。
どうか今後もチー太くんが穏やかに暮らしてくれるよう、ココロから願う次第です。
2007/09/16(日) 02:38 | URL | 応子   [編集]


チー太くん!
お腹の傷が治まって一安心だと思っていたのですけど。
腫瘍は尿道管に出来てしまっていたのですね。辛いです。
サプリで少しでも腫瘍の大きくなるのを抑制出来ると
いいですね。悪いイメージを持ちたくはないですけど
もし、そのような事態に陥った場合、やはり私もゆあぷと
同じ決断をするかもしれません。。。
どうぞ、腫瘍がこれ以上大きくならない事を祈ってます。。。
チー太ちゃん。穏やかに過ごしてね!
2007/09/16(日) 08:32 | URL | へこ   [編集]


腫瘍が悪さをせず、チー太君と共存してうまく付き合っていけるといいですね。
サプリがうまく効いてくれますように。

獣医さん、腫瘍の場所をきちんと診断できるいい先生なのですね。
羨ましいです。
2007/09/16(日) 09:40 | URL | いづみん   [編集]


応子さん。
腫瘍がだんだん大きくなってくる中で、オシッコがちゃんと出ているのは本当に運がいいと思います。
管の内側に出来た腫瘍なら、すでにオシッコは出なくなっているはずだということですので…。
身体の機能が衰えて寿命が来るまで、なんとかいまの状態を保ってもらいたいです。
チー太は、いろいろ運がいい子なんですよ。お迎えしたときや動物病院へ通うときなど、チー太を連れた外出では電車などの乗り継ぎがびっくりするほどスムーズなのです。ほかにもいろいろあります…。ですので、その運を生かして、このまま穏やかに暮らしてもらいたいです。
お見舞い、ありがとうございましたm(__)m
2007/09/16(日) 15:25 | URL | ゆあ   [編集]


へこぷぅ。
ご心配をおかけします…。
腫瘍が尿道に出来ていたのは残念なのですが、幸いにも良性らしくて進行が遅いですし、痛みもないようです。また、管の外側に出来ているらしくて、大きくなってきた現在でも、有り難いことにオシッコは普通に出ているのです。
ですから、考えようで、おなかの中に出来た腫瘍の中ではラッキーな部類なのかもしれません。応子さんへのレスにも書かせてもらいましたが、チー太は本当に運のいい子なので、これからも、そのパワーを発揮してくれることを期待しています。
もしも排尿障害が出た場合は、手術か死かしかないので、へこぷぅがおっしゃるように、可能ならば手術を選びたいと思っています。先生を信頼していますので、しっかりお話を聞かせてもらえば、その場合の決断もきっとしやすいだろうと思います。
お見舞いを、ありがとうございました。
2007/09/16(日) 15:26 | URL | ゆあ   [編集]


いづみんさん。
お見舞い、ありがとうございます。
これから老化も進行していくので、腫瘍の成長のスピードも鈍ってくれるのでは?と、期待しています。
サプリメントの効果とチー太の運のよさで、何とか寿命まで穏やかに暮らしてもらいたいです。

かかりつけの先生は、もと、動物園に勤務されていたらしいです。小鳥やげっ歯類、ウサギなどに詳しくて、小さい生き物がとてもお好きなようにお見受けしています。犬猫よりもその他の患者(患畜?)の方が多いくらいなのですよ。
4年以上お世話になっていますが、触診視診などの診察だけで的確に診断されるので、毎回驚かされています(^_^)
たとえば、パソコン周りの配線でも、同じようなコードだとどれがどれだかわかりませんけれど、1本だけ太い線があれば、どこからどこへつながっているのかわかりやすいですよね。
チー太の腫瘍はある程度大きく長くなっていますので、ムニムニすると位置がわかりますから、どこからどこへつながっているか診断をつけやすいのだと思います。
通院が遠距離なのが難点ですが、それでもほかの先生に診ていただく気になれなくてずっと通っています(*^・^*)
2007/09/16(日) 15:28 | URL | ゆあ   [編集]


がんばれ、チー太くん
チー太くん、キズはよくなってきてよかったですが、
腫瘍は難しい位置にあるんですね。
うちのみんとさんも1歳9ヶ月で腫瘍が大きくなりました。
手術は、体の負担を考えて、しなかったんです。
幸い歩きにくいだけで、内臓には何も関係してなかったん
ですけどね。。
チー太ちゃんの腫瘍がこれ以上大きくならずに、うまく
付き合っていけるといいですね。
私には何もできないですけど、チー太ちゃんが元気で過ごせるように、いっぱいいっぱい応援してますよ~!!!
2007/09/16(日) 16:09 | URL | くろすけ   [編集]


チー太くんの腫瘍、そんな場所にできてたんですね…。
1歳半越えると手術は考えますよね。。
なんとか排尿障害が出ずに寿命まで腫瘍と共存?できると良いですね。
うちは最近かかりつけを変えてまだハムは手術をしてもらったことはないので分かりませんが(猫の避妊手術の腕前は凄かったですが/笑)、そんな風に信頼できる獣医さんが近くにいて羨ましいです。
2007/09/16(日) 18:40 | URL | さくら   [編集]


チー太くん、頑張れ!
うわ、大変ですね。
尿道に腫瘍ですか・・・とても深刻な場所ですね。
できるだけ腫瘍を抑えて、チー太くん、長生きしてくださいね!
2007/09/16(日) 19:25 | URL | おおやん   [編集]


くろすけさん。
傷は良くなって、投薬も終了したので、チー太にとっては穏やかな日々が戻ってきました(*^・^*)
みんとさんも、1歳9ヶ月くらいから腫瘍が大きくなったのですか…。内臓に関係していなかったのが幸いでしたね。腫瘍を抱えながら、2歳を過ぎるまでがんばってくれたのですものね。
やはり、1歳半を過ぎると、いろいろありますよね…。
チー太は、若いころと同じでまだ56g前後ありますし、走るスピードも速いです。身体が元気なうちは、なんとか普通に生活してもらいたいというのが、一番の願いです。
お見舞い&応援、ありがとうございました。
2007/09/16(日) 22:46 | URL | ゆあ   [編集]


さくらさん。
そうなのです…難しい場所にできてしまいました。
1歳半を過ぎていても、輸精管なら、大きくなって障害が出る前に手術をしてもらおうと決めていたのですが、尿道とわかったので、してもらいたくても、かえって排尿障害がでるかも、というリスクを考えるとできなくなってしまいました。

かかりつけの獣医さんは、たぶん内科系の先生だと思います。
獣医さんは一人で全部の科をこなすので、ある科が得意だと、ほかの科はいまひとつ…ということもありえるかもしれませんが…。
私は、なるべく穏やかな治療をしてもらいたいと思う方なので、いまの先生とは方向が一致していて、いいと思っています(*^・^*)
お見舞い、ありがとうございました。
2007/09/16(日) 22:48 | URL | ゆあ   [編集]


おおやんさん。
応援、ありがとうございます!
そうなのです…深刻な場所に…。
以前、排尿障害になって苦しんだ子を看取ったことがあるので、できればそういう苦しみは味わわせたくないのです。でも、飼い主がしてやれることは多くなくて…(T_T)
私の心配をよそに、チー太は毎日快調です! 穏やかな日々がなるべく長く続いてほしいです。
2007/09/16(日) 22:51 | URL | ゆあ   [編集]


腫瘍の大きくなってるスピードを考えると、悪性ではないのに…。
人間なら完全切除ができるのに、ハムの魅力でもある
「体の小ささ」が問題になってしまうんですよね。
できることなら手術をせず、腫瘍と上手にお付き合いして寿命を全うできることがベストですが…。

でもサプリは効いてると思いますよ。
でこぽんさんもアウレオが絶対効いてたと思いますもの。

腫瘍さん、このまま悪さをしないで~!!
2007/09/17(月) 00:36 | URL | ぶのし。   [編集]


こんばんは。
チー太くんのお腹の傷、よくなってくれてよかったですね。
今年もまたハムめくりに採用なんてすごいです。
腫瘍は場所もそうだけど、大きくなっているのがちょっと心配ですね。
サプリメントで免疫アップして少しでも落ち着いてくれるといいですね。
チー太くんがこれからも穏やかに過ごせますように。
2007/09/17(月) 19:52 | URL | NEKO   [編集]


ぶのし。さん。
ご心配、ありがとうございます。
本当に…人間なら重症にならないうちに治せる病気でも、小さいということがひっかかってしまい、治せないんですよね…。
排尿障害になった初代ミー太のときも、そのときの獣医さんが「ハムスターにはカテーテルは無理だから…」とおっしゃっていました。ぶのし。さんちのかかりつけのイケメン先生のHPにも、ハムスターにカテーテルは無理というようなことが書いてありましたね。

でこぽんさんは、高齢での手術を乗り越えてくれましたね。チー太にもサプリメントで、なるべく体調を維持してもらおうと思います!
2007/09/18(火) 07:41 | URL | ゆあ   [編集]


NEKOさん。
お見舞い&お祝い、ありがとうございます♪
傷が治ってほっとしました。なるべくゆっくり暮らさせてやりたいので、投薬のストレスがなくなったことも、ほっとしています。
ハムめくりは、運が良かったみたいです(*^・^*)  ミー太に続いてチー太を載せてやることができて、いい記念になりました。

そうなのです…。ほんの少しずつですが大きくなっているのが心配です。痛みなどはないようですが、排尿障害が心配ですので、毎日何度もトイレをチェックしています(^^;
なるべく長く普通の生活が続くことを願う毎日です。
2007/09/18(火) 07:42 | URL | ゆあ   [編集]


傷の方治って良かったですね!
腫瘍はとても難しい場所ですね…。
判断も難しい所ですよね。
どうかサプリの効果がしっかりと出て
少しでも腫瘍が大きくなる速度が
もっとゆっくりになりますように。
排尿障害はハムちゃんも、看ているこちらも
とても辛いですよね。
うちはまろんがそうでした。
どうか腫瘍と上手に付き合っていきたいものですね!
応援してますよ~!
2007/09/23(日) 16:48 | URL | こてつ   [編集]


こてつさん。
お見舞い、ありがとうございます。
難しい場所に腫瘍ができて、動きが取れない状況になっています…。
一日、一日、オシッコがちゃんと出て、苦しくなく過ごせることを、感謝しています。
癌などで、痛みが伴うのよりは、ずっといいと思うのですが、まだ身体もそれほど老化していないので、老化が進む日までなんとかこの状態が続いてほしいと願っています。

まろんちゃんも排尿障害でしたか…。多尿の子がオシッコが出なくなると、いっそうつらかったことでしょう。
いい子でがんばるハムたちみんな、苦しくなく過ごしてほしいです。
応援、ありがとうございました!
2007/09/23(日) 21:43 | URL | ゆあ   [編集]
コメントを投稿する
URL:


コメント:


非公開: 管理者にだけ読めるようにする
Pass:
 
 この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。