http://your8686.blog48.fc2.com/


 遠縁
2007年10月02日 (火)

ごはん~♪
ごはん~♪


チー太は、のんびり暮らしています。毛づやもいいでしょう? 
キャンベルには「サテン」という、濡れたようなツヤツヤした毛質の子がいます。
チー太は「サテン」ではないのですが、サテンと同じ分泌物(ムース?)が少しだけ分泌されているようで、季節や時間帯によって、頭から背中にかけて濡れているようにツヤツヤしているときがあります。

回し車でチッコする子も、チッコが付いて毛がテカることがあるようですが、チー太はトイレでしかチッコしないので、チッコのツヤではありません…。念のため(笑)


眠くなってきたチー太
眠くなってきたチー太


ふわふわです♪ 
今月で1歳10ヶ月になりますが、まだ腰高にもならず、外見は若々しいです。
体重は、今朝量ってみると55gでした。若いころの最高値が57gなので、いい感じで維持できています。
穏やかに暮らしてくれている1日1日が、貴重です。


ヨーグルトの宅配で~す(^_^)
ねむねむなので、ヨーグルトも宅配で…(笑)



ところで、タイトルの「遠縁」ですが…。
我が家では、べったり触れ合う飼育方法なので、ハムの定員は多くても2名までです。
そして、歯のこともあり、チー太の子どもが見たいという夢は、結局、あきらめました。

でも、チー太の親戚の血筋では、かなり子孫繁栄しています(^_^)
最近、チー太の遠縁の子たちが、このブログにも遊びに来てくださるハム仲間さんのOさん、Kさん、Zさんのところに相次いでもらわれて来ました。
写真を見せていただくと、毛色は違っていても何となくチー太に似ていますし、みなさんも、チー太に似ていると言ってくださっています。
なんだか、ほんわかして、うれしい気持ちです(*^・^*)

どのくらい遠い親戚かといいますと…
チー太のママと、その子たち(きょうだい)の曾おばあさんが、姉妹なのです(^^;
ルーツは、チー太の元親さんのおけいさんちです。

人間なら、世代が違いすぎたり、親戚といっても遠縁すぎて会うこともない関係でしょうが、ハムは成熟が早いので、何代にもわたって血縁の子たちを見せてもらうことができます。
血がつながっていると、やはり容貌にも似たところがある気がします♪

ペットショップの出身ではなくて里子にいただいた子は、我が家ではチー太がはじめてなのですが、遠い親戚までわかることのすばらしさに、感激しました。

遠縁の子たちが元気で大きくなってくれますように


コメント


親戚はむさん^^
我が家には、チー太くんのママの姉妹
そのひ孫と言う形で、子孫が帰ってまいりました。
何代離れていても、我が家の顔って言うか
どこか似た面影があるのが血縁のある嬉しい所、醍醐味なのかもしれませんね。
「ぱぷち」まだ仮名ですが、大人しい子です。
これから、どんな風に成長してくれて、また子孫を残してくれるのか楽しみなところでもあります。
2007/10/02(火) 16:57 | URL | おけい   [編集]


チー太さ~~ま。
チー太君よりも・・・チー太さまが似合うようなお姿・素敵です。凄く穏やかな空気までも・・・こちらに伝わります。その空気が・・・私の心までも穏やかに~~~~。有り難う。元気貰いますね。お互い元気に頑張りましょうねぇ。

血縁・親戚ハムさんの近況などを垣間見る事のできる幸せ!サイコーです。そして・・・わがお迎えした子と似ている~~の連発!!・嬉しくPCに向かって・・・にたにたしてしまいます。本当に『感激・感動』の一言に尽きますね。

みんなに元気に過ごせますように~~~。
2007/10/02(火) 17:08 | URL | けこはむ   [編集]


チー太くんの毛は濡れたようにツヤツヤしているので、キャンベルさんの特徴なのかと思ってました。
でもどのキャンベルちゃんも、そのムースが出るわけじゃないんですね。
それと、ゆあさんの溢れる愛情で、チー太くんの分泌物も溢れんばかりなのね~(笑

私もこれまでショップからのお迎えばかりだったのですが、えーきちさんのところからパクをお預かりして、里親の楽しさが本当によく分りました。
親兄弟のみならず、その数代先まで知ることができる素晴らしさ。
そして成長の様子まで見ることができるブログの便利さも有難いですね。
2007/10/02(火) 17:15 | URL | ぷくぷく   [編集]


かわい過ぎて。。。
ゆあぷ。ナイスフォトですね~っv-212
のんびり穏やかに・・・。幸せそうなとってもいいお顔だぁv-344
あまりのかわいさにまたもや鼻血ぶーですわ(* ̄TT ̄*)
ミー太くんの遠縁の仔たちが、スクスクと元気に育って
いかれるのを見守る楽しみがまた出来ましたね。
ステキなご縁で皆様繋がってらっしゃるのですね(o´艸)

2007/10/02(火) 17:57 | URL | へこ   [編集]


わ~♡(゜∀゜)チー太君たら若々しくて艶っぽい色気~~~v-344
とても老ハムに見えませんねv-10
遠縁のコはウチはまだおりませんが、親元さんからのお話いいですね♪
例え直系の子供が居なくとも、チー太君の家族の血は続いていく、嬉しい気持ちわかります♡
きっとチー太君の元気さは、ミー太君の分まで頑張ってるんですね!
2007/10/02(火) 18:08 | URL | えーきち   [編集]


ツヤツヤ~
|´ー`)ノ こんばんは
確かにチー太くんの毛質の感じ、艶感がありますね。
ふわふわな所もあり艶がある所もあり、可愛いです~。
チー太くんの穏やかな表情を見せてもらうと、日々大切に温かい愛情を受けて暮らしているのがよく分かって拝見させて頂く側としましてもニコニコしてしまいます。
うちは元親さんが病気になった為に引き取った子がいたりして現在5名おりますが、血の繋がりでは無いですけども何となく縁を感じます。
里子として譲って頂くと誕生日も分かって嬉しいですよね。
2007/10/02(火) 18:25 | URL | 応子   [編集]


我が家のハムもサテンではないのに、時期によってベタっとした艶がでるハムがいます。
夏場が特に。
キャンを飼い始めた頃はそれがサテンだと思っていた私。
今考えると恥ずかしいです。

ハム親戚さんいいですね。
うちもいるはずなんですが、よく解らない。
その中に自分の飼っている子と似た子がいたら幸せですよね。
2007/10/02(火) 20:49 | URL | いづみん   [編集]


Zですよ~( `ー´)ノ
この度、ご縁がありまして、親戚筋になりました♪
チー太ちゃんの血筋で、ぱぷちくんの兄弟の
襟巻きっ子”ちいりん”をお迎えしました。
けこはむさんのおうちのコとも兄弟なのですね♪
急に親戚が増えたようで、なんだかとっても嬉しいです。

ちなみに、ちいりんは回し車でチッコ派です…。
2007/10/02(火) 22:47 | URL | ざりちゅん   [編集]


おけいさん。
遠縁の子のお顔を見せてもらえるのも、おけいさんのハムネットワークのおかげです。ありがとうございます。

ぱぷち君たちもチー太も、目と耳が大きくて、整ったかわいいお顔で、似ていますよね~♪
おけいさんちのハムちゃんのお顔だと思います。
見せていただいて、「あ、チー太に似ている!」と思うのは、かならず、遠縁でも血縁のある子です。
性格もきっと遺伝するのでしょうね~(*^・^*)  大人しくてハンサムなぱぷち君の活躍を期待していますe-414
2007/10/03(水) 08:27 | URL | ゆあ   [編集]


けこはむさん。
チー太をほめてくださって、ありがとうございます。チー太は、頭がよくて穏やかな子です♪(おやばか)
ハムちゃんの癒しパワーで、けこはむさんも私も癒してもらって、体調不良を乗り越えていきましょう~!! お身体、お大事にしてくださいね。

くるみちゃんは、ぎんちゃんに似ていて、ぎんちゃんはチー太のおじさんなのでやはり似ていて…親戚の輪v-357はどんどん広がりますね(*^・^*)
遠縁ですけれど、くるみちゃんたちきょうだいは、チー太を含めたおけいさんちのお顔をしていて、つながりを感じます。元気で大きくなってくれますように。
2007/10/03(水) 08:29 | URL | ゆあ   [編集]


ぷくぷくさん。
ムースの出方は、個体差があるようです(^_^)  本物のサテンの子は、全身ムースで毛並みがモップ状態になるので、私は、チー太のようにときどき部分ムースになるくらいでちょうどいいかな…と思っています(^^;
チー太は、臭腺の分泌物はあふれんばかりですよ~そうか、私の愛情過多のせいだったのね…(>_<)

里子のお迎えは、親戚ハムさんの様子を見せてもらえたり、親戚里親さんとのお付き合いが生まれたり、楽しいですよね! 
パクちゃんたちきょうだいも、みんなよく似ていて、お顔に特徴がありますよね。お目目の間が開いていて、愛嬌いっぱいのお顔e-266 遠縁の子が生まれても、きっと特徴が受け継がれていくことでしょう。
遠いところの遠い血縁の子の様子を親しい気持ちで見せてもらえるのも、ネットのおかげですね~。
2007/10/03(水) 08:30 | URL | ゆあ   [編集]


へこぷぅ。
ありがとうございます~。
ハムもおじさんになってくると、変わった行動や活発な動作もあまりしなくなりますので、写真はいつもおっとり構えているものになってしまうのです(^^;
いつも似たような写真になっていますが、チー太の穏やかさにめんじて、見逃してくださいね~(笑)

ざりぷぅんちのちいりんちゃんのお顔も、昨夜初披露されましたね!!
チー太とあまりにも似ていて、びっくりしました(*^・^*)  血縁の威力はすごいです。
ちいりんちゃんたちがずっと元気で楽しく暮らしてくれる様子を見せてもらうのが、楽しみですe-343
2007/10/03(水) 08:32 | URL | ゆあ   [編集]


えーきちさん。
ありがとうございます~。
1歳10ヶ月になっても、外見は若々しいチー太です。まだ女の子にもモテそうなくらい、つやつやですよ~(*^・^*)
ヨシオくんも、1歳10ヶ月のころは若々しかったですよね~。アイジンもいらっしゃるし、まだまだアイドルの座を確保していてほしいです。

えーきちさんちは、まだ孫までですけれど、これからどんどん子孫繁栄してほしいですね。
繁殖力のあるハムも、血縁が続いていくのは繁殖されている方たちのご努力があってこそだと思います。おけいさんをはじめ、キャンベルの繁殖をされている方たちのネットワークに感謝していますv-364
2007/10/03(水) 08:33 | URL | ゆあ   [編集]


応子さん。
ほめてくださって、ありがとうございます~。
チー太のムースは、ほんの少しなので、ちょっと艶があるかな…くらいで済んでいて、私にはちょうどよく思えます。本物の「サテン」の子は、全身ムースでモップ状態なので、お手入れが大変そうです(^^;
おなかに腫瘍がありますので、痛みがなくて普通に穏やかにくらせる1日1日がとても貴重だと思っています。

応子さんのところは、おチビくんが里子としてやって来た子でしたよね。
こころよく受け入れられた状況を日記で読ませていただいて、おチビくんはとても運がいい子だな~と思いました。
縁があってやって来てくれた子たちにしあわせに暮らしてもらえたら、それが、私たちにも何よりうれしいことですよね~e-415
2007/10/03(水) 08:36 | URL | ゆあ   [編集]


いづみんさん。
いづみんさんのところにも、サテンではないのにサテンっぽい子がいたのですね! 
私は、おけいさんのところで本物のサテンの子を抱っこさせてもらいましたので、チー太の部分サテン(?)との違いがよくわかりました。 
サテンはムースの独特のにおい(キュウリ系?)がしますね。チー太も、ムースが出ている場合は同じにおいが少ししますよ。
我が家はもふもふしてかわいがるので、ふわふわ系が好きです。本物のサテンの子はモップ状態になりますから…(^^;

親戚ハムさんにはすごく親近感があります。不思議な感情です。
でも、一番近いはずのチー太のお兄さんハムちゃんの情報は、わからないんですよ…e-263
いづみんさんのところも、親戚ハムさんの所在がわかるといいですね~。
2007/10/03(水) 08:38 | URL | ゆあ   [編集]


ざりぷぅ。
ちいりんちゃんのお迎え、おめでとうございます~v-314
この記事を書いたときにはまだ、ちいりんちゃんのことは未公開でしたので、一応お名前を伏せておきました(笑)

ちいりんちゃん、かわいいですね~v-343
お写真を見せてもらって、似ているとは聞いていたものの、ここまで似ているとは思わなかったので、びっくりしました。
毛色は違いますが、お顔や雰囲気がチー太とそっくりです。あ、回し車アロマ仕様は、チー太は2、3回で卒業しましたが…(*^・^*)
ちいりんちゃん、ぱぷち君、くるみちゃん、親戚ハムさんたちみんな、元気でどんどん活躍してほしいです♪
2007/10/03(水) 08:40 | URL | ゆあ   [編集]


本当に・・・
本当にチー太君は毛艶がいいですよね。1本1本立って見えるほどキレイでうらやましいです。ベッドでちっこ派の伊藤の貧弱な毛とは大違い・・・。ご飯の後はねむねむタイムに突入のチー太君、ママにヨーグルトをお家まで運んでもらって大切にされてよかったね!おけいさん系列のキャンベルちゃんは本当にやさしそうな良いお顔の子ばかりですよね。すっごくハンサムな美ハムちゃんの血だと思います。うらやましいかぎりです。
2007/10/03(水) 12:26 | URL | 太郎   [編集]


ハムスターを必要以上に触るのはやめたほうがいいですよ…
ハムスターを必要以上に触る人が飼っているハムスターはあまり長生きしていません。
みんな1、2年で死んでしまいます。
普通にストレスのない環境で飼えば3年は生きますよ。(個体差はありますが)
一見、気持ちよく撫でられているように見えても、実際は凄いストレスを感じています。
手の上で寝るのも、安心しているのではなく、人の手の暖かさで、又は、眠たいから仕方なく手の上で寝るのです。
本当にハムスターのことを考えてあげているなら、すぐにやめてあげて下さい。
2007/10/04(木) 01:12 | URL | 通りすがり   [編集]


太郎さん。
ほめてくださって、ありがとうございます~。
チー太は、毛並みが、自慢の箇所の1つですよ♪(おやばか)
伊藤さんはベッドでチッコ派なのですね…でも、お写真で見せていただくとホワイトとシルバーの、とてもきれいな毛並みに見えます。いつもいいお顔で、満足して生活しているのが伝わってきますよ。太郎ママのご配慮や健康チェックが行き届いているからでしょう(*^・^*)

おけいさんのおうちの血筋の子は、お顔がかわいい子が多いですよね♡ 
性格が穏やかな子も多いようで、チー太は1度も噛んだことがなくて頭もすごくいいです♪(おやばか2)
獣医さんにも、「穏やかでいい子ですね。」と、いつもほめてもらっています。

伊藤さんやチー太に宣伝マンになってもらって、キャンベルのかわいさを、たくさんの人に知ってもらいたいですね~i-80
2007/10/04(木) 08:17 | URL | ゆあ   [編集]


通りすがり様
ご意見、ありがとうございます。

私は、ハムスターとの暮らしについての価値観は、人それぞれだと思っています。

通りすがり様は「3年生きさせる」ことをハムを飼う上での一番の目標にしていらっしゃるのですね。
我が家では、ハムと触れ合って、人間もハムもうれしい気持ちになるような、そういう生活を、ハムを飼う上での一番の目標にしています。
人間で言えば、若いときから入院して病院食のみを食べ、だれにも会わずに暮らして100歳を迎えるのを良い生き方だと考えるか、70歳くらいで寿命を終えるとしても、何か楽しみをもって暮らすのを良い生き方だと考えるか、もうそれは、人それぞれですよね。
それと少し似ているのではないでしょうか。

「一見、気持ちよく撫でられているように見えても、実際は凄いストレスを感じています。
手の上で寝るのも、安心しているのではなく、人の手の暖かさで、又は、眠たいから仕方なく手の上で寝るのです。 」

と、断言されるということは、通りすがり様にも手の上でハムがくつろいでくれたご経験が何度もあって、その様子をよく観察された上でのご意見だと考えていいですか?

でも、そういうご経験があって、くつろいだハムのゆったりした様子を間近で見ていながら、それをハムのストレスだと思うような人は、まず、いない気がします。
また、「触れ合わない飼い方」を良いとされている通りすがり様が、ハムが手の上でくつろいでくれた経験を、それはストレスであると断言できるほど何度もお持ちなのだとすれば、おっしゃっていることと矛盾しています。

ご存知のように、ハムは犬とは違って、こうしたいという自分の気持ちを抑えてまで人間に服従する生き物ではありません。手の上に居たくなければ、全力で降りようとします。
ですので、通りすがり様がおっしゃるような、ストレスを感じたり、仕方ない、という気持ちを持ちながらも手の上でくつろいでいるという状況は、考えにくいと思います。

私は、ネットでいろいろなハム関係のページを見せていただくようになって7年近くなりますが、寡聞にして、3年以上生きたハムの話をそれほど知りません。
たくさんのハムをそれほど触れ合わずに飼っていらっしゃる人のページも、何箇所かずっと見せていただいていますが、3年生きる子は本当にまれなようです。

通りすがり様のハムちゃんがそれほど長生きさんばかりで、ご自分の飼い方について自信をお持ちなのでしたら、こうして匿名でいろいろなところに書き込んで注意して回られるよりは、ブログなりHPなりを開設して、ご自分の飼い方を皆さんに公開される方が効果的だと思いますよ。
触れ合う飼い方に警鐘を鳴らしたいと真剣にお考えでしたら、ぜひそうされることを、お勧めいたします。

ただし、冒頭にも書きましたように、ハムとの暮らし方に対する考え方は人それぞれですから、通りすがり様の飼い方に対しても、それを読んで反対の考えを持つ人は、必ず出てくると思いますが…。
2007/10/04(木) 08:17 | URL | ゆあ   [編集]


こんばんは。
チー太ちゃんのツヤツヤな毛は、ムースのようなものが分泌されているのですね。それは、すばらしい。(^^)b
チー太ちゃん、55gですか!うちのるいちゃんは、いま57gですが、あまり変わらないですね。
まだまだ若いチー太ちゃん、元気で過ごして欲しいです。

キャンベルさんは、ショップではあまりみかけないので、今後は、里子をお迎えしようと思っています。
いつか、チー太ちゃんの遠縁のコがうちに来てくれるとうれしいですね。(^^)b

ゆあさんの言う通り、ハムちゃんだって愛情を注げば、きっとそれに答えてくれますよね。
犬とは違い、イヤならイヤって意思表示するはずだし。
人それぞれ考えはあると思いますが、ただ生きてるだけの3年と愛されつづけた2年では、違うと思います。
ハムちゃんも、きっとそうだと思いますよ。(^^)b
2007/10/05(金) 03:22 | URL | くろすけ   [編集]


くろすけさん。
おはようございます~v-278
サテンの子を一度抱っこさせてもらったことがあるのですが、手触り、におい(キュウリのような独特のにおいがあります)がチー太のムース部分と同じでした。
本格派サテンだと全身がムースでモップ状態になるので、もふもふして楽しみたい我が家にとっては、部分ムースくらいでちょうどいいです(^^;

るいちゃんはいま、出張お婿さんなのですね(*^・^*)  我が家の子の子孫が見たいというお気持ち、すごくわかりますよ!私は、不正咬合(チー太は過長歯です)が遺伝するというのを知って、きっぱりあきらめました…。遺伝するとしても、生まれた子を里子に出さず全員自分で飼えば問題はないのですが、それは出来そうにないので(^^; るいちゃんのご健闘を祈っています♪
あ、まだ、チー太の遠縁の子たちの残りのきょうだい(女の子)の里親募集をされているようですよ~(^_^)

ハムとの暮らし方は本当に人それぞれですよね。
そう思っているので、ブログやHPめぐりをする上では、すぐに命にかかわる場合以外は他の人の飼い方についてとやかく言わないということを、もう長年、自分の方針にしています。
それで、上のようなコメントをいただいたことに少し驚いてしまって、長々とレスを書いてしまいました(^^ゞ
くろすけさんがおっしゃってくださったように、ハムはイヤならイヤと意思表示する生き物ですから…。くつろいでくれるのは、信頼のしるしだと、私は思っています。いままでの子たちには、楽しい2年前後の生涯を過ごさせてやれたと思っていますので、寿命の長さだけにこだわる飼い方は、これからも私はしないと思います。
くろすけさんにそう言っていただけて、ほっとしました。ありがとうございました。
2007/10/05(金) 08:05 | URL | ゆあ   [編集]


家は、匹数が多いので、ゆあさんのような一匹一匹に対する
お世話は出来ないので…基本、放置に近いかも?

自然界においてでさえストレスは不可避、ケージで行動を制限されている分
衣食住が保障されている分、逆にストレスが少ないかもしれないですよね。

通りすがりさんが「個体差はあります」と書いている時点で
通りすがりさんの持論は破綻してますね。
例外があるものに対して一律で論破する事など出来ないと思っています。

まあ、触り過ぎない?放置に近い状態で飼っていても
延べ数で言ったら100匹くらい居ましたけど
三歳越えは少ないです。三歳三ヶ月と、三歳調度の二匹かな。
それ以外は、三歳を迎えることはありませんでした。
人間の平均余命が80歳だとしても、それ以前に亡くなる方は大勢居ます。
それと同じで、ハムでも他の生き物でも・・・
長さでなく、いかに充実して生きたか、そのほうが重大だと思います。

私も目に余るという状態でなければ、他のサイトさんに干渉しません。
飼い方は、人それぞれですから。そして、飼われているはむっちゃんも。。。

名を名乗らない・・・せめて持論が正しいと思っているのなら
「通りすがり」は止めていただきたいですねぇ。
いかにも飼育本か他のサイトの受け売りのような文章は、底が浅いと感じざるおえません。
2007/10/05(金) 14:34 | URL | おけい   [編集]


おけいさん。
ありがとうございます。
ご経験に基づいたおけいさんのコメントには、説得力があって、改めて納得いたしました。
通りすがり様が、読んでくださるといいのですが。


実は、この方と同じ人のものだと思えるコメントを、よそのブログでもお見かけしておりました。
ものの見方や文章の書き方から、すごく若い、高校生くらいの人かもしれないと思っています。

匿名での、上のような書き込みは、即刻削除という対応方法も考えられますが、言わせていただきたいこともありましたので、長々しいレスを書かせていただくという対応をとりました。

その対応が、こうして、おけいさんやくろすけさんにお手数をかけてしまうことにもなり、申し訳ありません…。適切なコメントをいただきまして、ありがとうございました。
2007/10/05(金) 16:03 | URL | ゆあ   [編集]


おけいさんファミリー♪
インターネットのおかげで、たくさんの親戚・兄弟の写真を見ることが出来るのは楽しみですね。

うちのハムちゃんの兄弟も…みんな似ているし…
じぶんちのように楽しむ事ができます。

ストレスの無いハムちゃんが良いかというのは個人的にも疑問です。人間だってストレスが無い方が長生き出来るかもしれないけど…それでは楽しく無いですから。

動物園だって、ペットだって、「飼う」という事を始めた自体で、飼っている側の自己満足の世界に入ってしまう訳です。

可愛いがり方にもそれぞれあると思いますが、見てるだけでも十分だと思う人もいるのでしょうね。

うちで飼っていたクィールちゃん(ジャンガリアン・ノーマル・メス)は2年と11ヶ月でしたが、かなり触られて育ちましたが、それでも十分長生きはするのです。

私は、ゆあさんちで飼われているハムちゃんは幸せだと思いますよ。
2007/10/06(土) 09:09 | URL | むーちゃ   [編集]


わ~♪
チー太ちゃん、もこもこつやつやの毛並みじゃないですか♪
本当にサテンっぽい感じのツヤですね。
外見も本当に若々しいですねv-353
眠くなってきた表情が何ともかわいい~v-344
そしてヨーグルトも宅配(笑)なのですね♪
体重もいい具合にキープできてますね~。
歯が都合悪くなってきていても、この体重をキープできているのは
さすがですね!

血縁がどんどんと広がっていくのは、本当に嬉しいですね♪
うちのこはるの血縁も増えてきていて、「やっぱり似てるな~。」とか思いながら、お顔を見るのが楽しみなんですよ~。

そうそう、手の上に乗るのが嫌な子ってあっという間に手の上から飛び出しますよね~。
うちの子達がいい例ですよね(笑)
だからこの子達は、気持ちいいことも知っていて
この子達なりに意思もちゃんとあって
だからこそ嫌な時は嫌!と表現するんですよね~。
私としては、ゆあさんのお宅のようにくつろいでくれるなんて
お互いが気持ちいいのではないかなぁと思います。
うらやましい~v-409

2007/10/06(土) 15:38 | URL | こてつ   [編集]


むーちゃさん。
そうですよね~。インターネットのおかげで、たくさんの親戚ハムちゃんたちの様子を見せてもらえて、すごくほのぼのした気持ちになりますね! ぶぶちゃんのきょうだいは、みんな個性的で、かわいいですよね♪
10年くらい前は、まだメジャーではなかったハムを、大事にひっそりと、孤独に飼っていました。いまはこうしてネットを通して、たくさんのハム仲間さんに出会えたことに感謝したいです。
むーちゃさんは、もう10年くらい前にはネットで情報交換されていたかもしれませんが…(^_^)

動物園でも、ペットとしてでも、「飼う」ということは、人間の自己満足ですよね…。
そういう中でも、生き物にどれだけ満足して暮らしてもらえるかが大切だと思っています。
クィールちゃんはとても長生きでしたけれど、むーちゃさんちに引き取られるまでは、小さいお子さんに無理に触られたりしていたのでしたね。
私はけっこう触っている方かもしれませんが、ハムの生活のリズムや気持ちを尊重し、決して無理はさせていないつもりです。
通りすがり様のコメントでは、私の接し方を、小さいお子さんの接し方と同一に見られているようで、それが非常に残念です。

HPの開設時からお付き合いいただいているむーちゃさんに、我が家のハムのことをしあわせだと言っていただけて、とてもうれしく思いました。ありがとうございました。
2007/10/06(土) 20:53 | URL | ゆあ   [編集]


こてつさん。
チー太のサテンっぽい艶は、いつもというわけではなくて、活動が活発な時間帯にそうなっていることが多いです。こはるちゃんのように本格派のサテンではないのですが、少しだけサテンムース(?)が分泌されているのでしょうね(^_^)
歯の具合は、上の歯がもうありませんので、細かくしなければ食べられない状態ですが、さいわいにも食欲はとてもあって、もりもり食べられるということが若さの秘訣かな?と思っています。こゆきちゃんは、歯の具合がちょうどいいときには、まだ少しかじることができるのですよね? こゆきちゃんにもチー太にも、たくさん食べて、ずっと元気に暮らしてもらいたいです。

こはるちゃんにも、親戚ハムちゃんが多いですよね!! パパのオリオン君もまだ元気ですし、こはるちゃんも糖尿病がいい具合に落ち着いてくれていますし、ご親戚一同、長生きしてもらいたいです。

私の場合は、「気」のような、何か動物ウケするような気配が自然に出ているのかもしれないと、自分で勝手に思っています(^^; 
ハムだけではなくて、たとえば猫なんかでも、「うちの子はよその人には絶対近寄らない。」というおうちの猫が、自然に膝に乗ってきたりします。
私のそういう能力(?)は、たぶん、先天的な性質だと思いますので、こてつさんの接し方が我が家と比べてどうこうということは絶対ないと思います。いや、むしろ、我が家よりもすごく行き届いたお世話をされていると思います。

こてつさんの飼い方を参考にさせていただくことが多いので、そのこてつさんからそう言っていただけてうれしかったです。ありがとうございました。
2007/10/06(土) 20:54 | URL | ゆあ   [編集]


v-354出遅れてしまったわ~~ うわんうわん
ほんと、ゆあさんちのハムちゃんはみんなめちゃくちゃ幸せ
そうなのがお写真みただけで十二分に伝わってきますよね

私はヘタレなので、繁殖をする勇気なんかないんですけど、
ときどき妄想することがあって、そんなときぜったい「我が家の
だいじなだいじな子ハムちゃんv-354」(妄想中)
はぜひゆあさんに引きとっていただくワって勝手に決めて
ます(ゴメンナサイ・・・) そのときには高速バスにのってお渡
ししに行くんだーーe-291ってことになってます。
なぜ新幹線じゃなくてバスなのかは不明ですが・・・

チー太たん、ますますツヤツヤe-267になって
きましたねーーー。ま、まぶしいワっ
2007/10/06(土) 23:04 | URL | 深雪   [編集]


深雪さん。
うわんうわん、ありがとうございます~v-360  
しあわせそうだと言っていただけたのが、すごくうれしいです(^_^) 
小浪ちゃんも、深雪さんにすごく大事にされていて、しあわせそうなのが伝わってきますよ~♪
自分では精一杯のことをしているつもりでも、ほかからそれがどう見えるかは、自分ではわかりませんので、ほめてくださる方がいることは、すごく励みになります。

私も、チー太が1歳になる前、いろいろとお嫁さんや子ハムのことを妄想していました(^^;
歯の不具合は、ハム自身にも飼い主にもかなりつらいところがありますから、遺伝する可能性があると知って、1歳ごろには、きっぱりあきらめたのですが…。でも、いまでも、チー太に似た子がわらわらするところを、想像することがありますよ♪
そういうとき、里子に出すのは、どんなにちゃんとした飼い方をされている人のところへもらってもらうとしても、どうしているか気になって仕方がないだろうなぁ…それなら全員自分で飼おう!!!……とか、(不必要なことを)考えたり(^^ゞ

ですから、深雪さんに里親候補にしてもらえたのは、すごく光栄に思いますe-420
高速バス…えーきちさんが我が家に来てくださったとき以来、なぜか私も、関西方面へは高速バス!というイメージです(笑) 
あのとき、カッちゃんのお子ちゃまをいただくことになっていたら、きっと、行きは高速バス、帰りは新幹線、だったかも~(^^;
2007/10/07(日) 13:26 | URL | ゆあ   [編集]


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/10/08(月) 04:03 | |   [編集]


通りすがり様
初めはハムをなでていて、獣医さんのアドバイスでそれをやめられたそうですね…。なでることがストレスだというのは、ご自分の判断ではなく、獣医さんのお言葉だということですね。
獣医さんは病気やその治療法には詳しいと思います。しかし、ハムの生態や細かい行動、普段の状態については、毎日接しているハム飼育歴の長い飼い主の方が詳しいと、私は思っています。

「触らないで育てれば3年は生きる」というのも、通りすがり様のご経験からではなく、獣医さんがおっしゃったから、ということなのでしょうか? 
「先述したことをお医者様から言われた」とありましたので、そういうことですよね?
もしそうでしたら、その獣医さんは、そうおっしゃること自体、ハムについての実際的なご経験があまりないのかも?と疑いたくなります。
触れ合わない場合でも3年生きるということはあまりないという現実を見れば、獣医さんの説の前提がすでに成立していないということは明らかです。通りすがり様が獣医さんのおっしゃるとおりに飼って、何十匹も3歳を迎えた子がいた、というご経験をお持ちなら話は別ですが…。

我が家のかかりつけの獣医さんは、ハムの寿命について、「1歳半を過ぎると何があってもおかしくないので、気をつけて見ていきましょう。」とおっしゃいます。その感覚は「触らなければ3年生きる」とおっしゃる獣医さんよりは、ハム飼育者の感覚に近く、実情に即したものだと私は思います。
どの獣医さんを選ぶか、どういう飼い方を選ぶか。その責任は、あくまでも飼い主にあり、飼い主が主体となって考えていくべきことであると、私は考えています。

4年以上お世話になっている我が家のかかりつけの先生は、小動物に詳しく、診断も的確にされる方ですが、ハムを飼う上での知識や経験においては、私の飼い方を認めてくださっています。
我が家の子たちはみんな、先生の扱い方が優しいので、診察中に非常におとなしく、先生の手の上で寝入ってしまう子もいました。
「ここまで大人しく診察させてくれる子はそういないです。おうちで穏やかに育てていらっしゃるからでしょう。」と、先生はほめてくださいます。
普段触られていなくて、診察中にひどく暴れる子、暴れて投薬をさせてくれない子は、本ハムに急激なストレスがかかるばかりでなく、病気治療が満足にできないということにもなりかねません。

触れ合って飼うことひとつをとっても、このように両面の見方があります。

前のコメントでも申しましたように、飼い方において、何に価値を見出すかは、人それぞれです。
みなさんが、通りすがり様の書き込みに対して、反論ともいえる書き込みをしてくださっているのも、それぞれご経験に基づいてそう考えていらっしゃるからです。
それに対して「論理的に」反論が可能だとおっしゃってみても、仕方がないことだと思われませんか?
論理や知識だけで、いろいろな個性を持つ生きた相手であるハムを、しあわせに育てることは難しいと思いますよ。

もちろん、知識はハムを飼育する上で必要条件ではありますが。
みなさんもそうだと思いますが、飼育歴が長くなれば、当然知識も増えます。我が家にも飼育本は20冊近くありますし、獣医さんもいまの先生で3人目です。
知識を持った上で、自分でいろいろな経験をして、どの方法が一番よいのかを柔軟に考えて選び取っていくことが大切だと、私は思います。

このブログに来てくださる方は、ハム飼育の経験が長い方が多いです。
経験が長くなれば、ハムにはいろいろな個性の子がいて、飼い主の方の考え方もさまざまであるということが、自然に理解でき、飼い方の多様性を容認していく気持ちも自然に出てきます。
ですから、飼育歴の長い方なら、すぐに命にかかわるような場合や相手から相談されたとき以外は、みなさん、他の方の飼い方に安易に口を出されたりはしないと思いますよ。
通りすがり様が、ご自分のかかりつけの獣医さんに言われたことや、ご自分がお考えになったことのみが正しい、それに賛成しない人の考え方は間違っている、と思っていらっしゃるのは、ハムの飼育についてまだいろいろな状況をそれほど経験されていない、飼育歴が浅い方だからではないかと思えてしまいます。

ハムの飼育に限らず、何かを、違う考えを持っている人に理解してもらおうとするときには、まずご自分がやってみて結果を出し、(匿名や非公開のコメントではなく)自信を持ってきちんと言えるようになってからでなければ、説得力がないです。私が前のコメントで、ブログ等の開設をお勧めしたのは、そういう理由です。

最後に、他のブログでお見かけしたというのは、私の勘違いのようですので、おわび申し上げます。すみませんでした。
2007/10/08(月) 06:56 | URL | ゆあ   [編集]


チー太ちゃま とっても毛艶もよく、表情が本当にほんわかしていて和みます。
眠い・・・zzzときの表情がまたたまりません(*/ω\*)

私も、実家にいたときにお迎えしていたジャンは、3年と半月が1匹。2年8ヶ月が1匹いました。3年越えのハムちゃんはまだ飼育経験は浅い私ですが、本当に稀だと思います。

あと、動物が「お腹」を見せるのは、相手を信頼し、相手に心を開いているからだと私は思います。

ゆあさんのところのチー太ちゃまは本当に心を許しているから「お腹」を見せてご飯も食べるし、手の上で寝てしまうんだとおもいます。

自然界でお腹を見せてご飯なんて食べてたら外敵に襲われてしまいますよ!!!

2007/10/08(月) 20:51 | URL | むむひめ   [編集]


むむひめさん。
チー太をほめてくださって、ありがとうございます~♪
のんびり暮らしてくれるのが、何よりうれしいです。

むむひめさんのおうちにも、長生きさんがいたのですね(*^・^*)
致命的な病気をしないという本ハムの体質も必須とはいえ、むむひめさんのお世話が行き届いていたからこそ、ですね。
3歳を越えさせるのは並大抵のことではないと思います。

私は、3歳越えを目指したいと思っているわけではなく、こうして触れ合いながら暮らして、その上、もし長くいてくれるならいっそううれしいな、というような気持ちでいます。
いままでもそうでしたし、これからもたぶんそういう気持ちで行くと思います。
むむひめさんをはじめ、認めてくださる方がいることを励みに、ハム飼いとして努力して行きたいと思います。ありがとうございました。
2007/10/08(月) 22:44 | URL | ゆあ   [編集]


通りすがりさんへ
人様の場所ですし、これまで何も書けませんでしたが、非公開という卑怯極まる手段を講じて貴方が何を書いたのかは、ゆあさんのお言葉を拝見すれば分かります。
どのような場所でも発言には責任が生じます。
貴方はここに書き込んだ全ての内容に対して責任を負う義務があります。
それは大人であれば御理解頂けると思います。
貴方がこういった卑劣な方法でゆあさんを詰り貶めた事、少なくとも私は許容致しません。

ゆあさんへ
きつい書き込みをしてしまって申し訳ないのですが、このような卑怯な行為におかれましては厳しい態度を取る事も時には必要なのではないでしょうか。
ゆあさんとチー太くん、これまでゆあさんと暮らして来たハムちゃん達の傷付いた気持ちをどうしたらいいのでしょう。
怒りを禁じ得ず、つい書き込みをさせて頂いた次第です。
落ち着かれましたらまたチー太くんの様子をいつも通り拝見させて下さいませ。
2007/10/09(火) 19:07 | URL | 応子   [編集]


ゆあさんこんばんは。
本当にチー太君は毛艶が良いですね♪キラキラのピカピカ♪
確かにサテンさんの光ってますね。魅力的だなぁ~チー太君。
私は、ぽもりんが手術をした後、ぽもりんに赤ちゃん産ませてあげたかったなと思いました。
いや、私が、ぽもりんの赤ちゃんを見たかったと言う方が正しいですね(^◇^;
今まで女の子ばかりをお世話して来たけれど、こんな風に思ったのは初めてです。
なんでだろう?なんて自分でも不思議な気持ちです。
私も里子としてお迎えしたのは、ぽもりんが初めてで
里子って色んな意味を込めいいな~っと思ってますが
亡くしてしまった時、親元さんには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
ぽもりんもせめて長生きしてくれれば良かったのですが…。
でも充分、頑張ってくれた事に私は感謝の気持ちでいっぱいです。
ゆあさん、ぽもりんへのコメントでは温かいお言葉ありがとうございました。
2007/10/11(木) 00:21 | URL | ちえ   [編集]


応子さん。
いつも親身になってくださり、本当にありがとうございます。

通りすがり様は、ご自分のかかりつけの獣医さんの言葉を至上のものと信じていらっしゃるようですが、私から見れば、それは取り上げる価値のあるものだとは全然思えません。ですから、私自身がそれによって傷ついたとかショックを受けたということは、全くないです(^_^)

でも、確かな根拠もない意見を、匿名という方法や断定的な口調で、ネット上の私の家ともいえるブログに書かれたことについては、応子さんがご心配くださっているように、やはり、強い不快感があります。通りすがり様はご自分の書き込みのことを「助言」と書いていらっしゃいました。でも、一般世間では、そういう方法で相手に何かを言うことは「中傷」といいますよね。
今後は、このような形での意見は、「中傷」とみなして対応させてもらおうと考えています。

応子さんがこうして私のために書き込んでくださったことを、とてもうれしく思いました。今後とも、チー太や私のことを、見守ってくださいますよう、お願いいたしますね。
2007/10/12(金) 10:15 | URL | ゆあ   [編集]


ちえさん。
ぽもりんちゃんのこと、残念でしたね…。懸命に看病されて、どうしてもまだお空へ行かせたくないと思っていらっしゃった、ちえさんのお気持ち、とてもよくわかります。ぽもりんちゃんが、お空でもゆったりと楽しく暮らしてくれますように。

ぽもりんちゃんの赤ちゃんを見たかったという、ちえさんのお気持ちは、たぶん、私のチー太に対する気持ちと同じですね。
いままでの子たちもかわいくて大切だったことは同じはずなのですが、どうしてなのか、不思議な感じです。

ちえさんの場合は、ぽもりんちゃんのことをあんなにかわいがって、ぽもりんちゃんの病気とあれほど懸命に向き合っていらっしゃったのですから、申し訳なく思われる必要はないと思いますよ。これまでのぽもりんちゃんの生活を見て来られた親元さんなら、きっと、ぽもりんちゃんをちえさんに託してよかったと思ってくださると思います。
長生きはすばらしいことではありますが、それよりも、ハムにとっては、どのくらい満足して楽しく暮らしたかというのが重要だと、私は思います。ちえさんたちの愛情につつまれて、日々満足して楽しく暮らしたぽもりんちゃんのハム生は、すばらしかったと思います。
おつらい中、さっそくお出でいただきまして、ありがとうございました。どうかご無理なさらず、ゆっくりお元気になってくださいね。
2007/10/12(金) 10:22 | URL | ゆあ   [編集]
コメントを投稿する
URL:


コメント:


非公開: 管理者にだけ読めるようにする
Pass:
 
 この記事のトラックバックURL