http://your8686.blog48.fc2.com/


 旅立ち
2008年04月15日 (火)

本日、午後6時ごろ、チー太が旅立ちました。ちょうど2歳4ヶ月になったところでした。

おいしいもの、たくさん食べたよ。


夕方、ちょっと買い物に出かけている間の、まさかの旅立ちでした。
ごはん皿の前で横向きに寝ていて、野良寝をしているかのような、安らかな体勢と表情でした。
「ボク、ちょっと眠くなったから、一休みするね。」と言ったまま、旅立った感じです。

お昼には普通に、巣箱から出てきてごはんをたくさん食べていました。おやつもねだり、全く普通どおりでした。
事前に、さよなら、というあいさつもしなかったですし、チー太本人も、こんなにすぐに旅立つつもりではなかったのだと思います。

ここ数日、おやつをもらうときなど、興奮すると心拍数が上がり、そういうときには身体で息をする感じになっていました。
でも、普通のときにはすごく元気で、呼吸も普通でした。食欲もとてもありました。
状態から見て、肺炎とかではなく、おそらく、心臓が弱ってきていたのだと思います。
心臓疾患だとしても、もう、通院や投薬でストレスをかけるつもりはなく、このままゆっくり暮らしてもらおうと思っていました。
まだあと1ヶ月や2ヶ月は一緒にいてくれると、信じていたのですが…。

病み衰えることもなく、こんなに元気な状態のまま、あっという間に旅立った子は、チー太が初めてです。
見送ってやれなかったのは心残りですが、ほとんど苦しい思いもしないで旅立てたことは、
チー太にとってはよかったと思います。そして、それは、私たちの願いでもありましたし…。


バイバイ、またね。


我が家に数年ぶりにやって来てくれたキャンベル。
お迎えに行った私と一緒に、6時間の旅をして、我が家にやって来てくれました。
繊細な半面、活発で根が明るく、とてもキャンベルらしいかわいさをもった子でした。

ずっと、チー太のかわいさに夢中でした。

チー太はやさしい子で、生涯、一度も噛みませんでした。
私が落ち込んでいるときには、すぐに察して、必ず長~い「ツン」をしてなぐさめてくれました。
きれいな容貌と、上品な暮らし方、そして、愛敬のある行動。私にとっては、まさに、王子様でした。

これまでの飼育経験のすべてを生かして、大事に大事に、毎日、接してきました。
私にとって、チー太はまさに「掌中の玉」でした。


チー太を見守り、かわいがってくださった皆さん、どうもありがとうございました。
また、こんなにかわいいチー太をくださった、おけいさんに、とても感謝しております。


これまで、亡くなった子の、亡くなってからの写真を載せたことはありませんでしたが、チー太があまりにもきれいなまま、眠っているような様子なので、載せることにしました。
大丈夫な方だけ、続きを見てくださいね。



ゆっくりおやすみ、チー太。


ゆっくりおやすみ、チー太。
そして、またいつか会おうね。
ありがとう。
コメント


チー太くん、またね。
チー太くん、ひっそりと旅立ってしまったのですね。
突然のことで、正直驚きの方が大きいです。

とても安らかな旅立ちだったとこのこと、
チー太くん自身も旅立つつもりではなかったんでしょうね。
きれいな毛並みのまま、ふあふあのチー太くん。
今にも動き出しそうです…。

ゆあさんのところでチー太くんの写真や日記を見せていただいて、
キャンベルへの興味が深くなった我が家でした。

チー太くん、可愛い姿を見せてくれてありがとう。
また会おうね。
2008/04/15(火) 22:23 | URL | ぶのし。   [編集]


眠っているような安らかなお顔ですね。
ゆあさんがどんなにチー太くんを大切に育てているか、ブログを拝見していてよくわかりました。
まさに『掌中の玉』という印象でした。
旅立ちを御見送りできなかったのはゆあさんとしては残念でしょうけれど、チー太君には何か考えがあったのかも知れません。
またいつかきっとゆあさんの元に戻るつもりだと思いますよ。
大切な息子を亡くされてさぞお力落としのことでしょう。
しばらくの間はゆっくりチー太くんの思い出に浸って、そしてまたゆっくり元気を取り戻してください。
チー太君のご冥福を心よりお祈りいたします。
2008/04/15(火) 22:24 | URL | ぷくぷく   [編集]


行ってらっしゃい
旅立ちはいつでも寂しいものです。

チー太くん、旅先でウチのハムたちに逢ったらヨロシクね。
2008/04/15(火) 22:26 | URL | しゃんぷう   [編集]


チー太くん、ゆあさんちの子で幸せだったよね。
ゆあさんがはるばる新幹線でお迎えに来てくれて
小さかったチー太くんは、我が家から旅立っていきました。
2歳四ヶ月。
全身でゆあさんと旦那様の愛情をうけて、幸せな一生だったと思っています。
私の記憶の中では小さいままの子ハムちゃん。
でも、ゆあさんの日記からは愛情でいっぱいの成長した姿を拝見することができました。
ゆあさん、旦那様。
チー太君を可愛がって育ててくださって本当に有難うございます。

チー太くん、いつかまた会うことができますように。
今は安らかに眠ってくださいね。
心より、お悔やみ申し上げます。
2008/04/15(火) 23:05 | URL | おけい   [編集]


チー太くんまた会おうね
突然旅立ってしまったのですね。
私も先週の木曜日にこなつが旅立ったので、チー太くんの旅立ちは自分の事のように感じて涙が止まりません。
チー太くんが何かに連れて行かれたのだとしたら返して欲しいです…。
こういう時は気落ちしがちですが、また運命の子に出会える事を願っています。
2008/04/15(火) 23:07 | URL | 応子   [編集]


チー太くん ありがとう
涙がとまりません・・・
なぜだかずーっといてくれるように思っていました。
2年前ゆあさんが新幹線ではるばるお迎えにいらして、おけいさん宅で一緒に楽しい時間を過ごしたこと、紅緒とチー太くんの成長を楽しみに過ごした日、紅緒の旅立ち・・・
2年分の思い出がよみがえってきました。
今ごろは紅緒と再会してるかなぁ?
愛情たっぷり育てられたチー太くん かわいい姿をたくさん見せてくれてありがとう。
ゆあさん 気をおとされていると思いますが ゆっくり充電して、また元気にブログにもどってきてくださいね。
2008/04/15(火) 23:56 | URL | ロンママ   [編集]


チー太さま。。
チー太さま・・・
今驚きでいっぱいです。
気品のある・厳かな王子様・・・私もチー太さまからたくさんのパワーを頂きました。本当に有り難うね。

又・・・ゆあさんのところに・・・ね。。

2008/04/16(水) 00:22 | URL | けこはむ   [編集]


チー太たん、突然逝ってしまうなんて……
ゆあさんとご主人に愛され、本当に幸せなハム生
でしたね。亡骸も見たことがないほどきれいでツヤツヤ
なのでほんとうに信じられません。またゆあさんの所に
戻ってきてね、チー太たん。
2008/04/16(水) 07:30 | URL | 深雪   [編集]


チー太くん。ありがとう。
ゆあぷ。そでしたか。。。
チー太くん。なんて穏やかなキレイなお顔なのでしょう。
苦しむ事なく眠りについたのですね。
これ以上の欲張り言っちゃいけないのに。
でも、願わくばゆあぷとだんな様が見守る中
温かいおてての上でなんて、思ってしまいました。
ダメですよね。贅沢過ぎる注文ですね。
ごめんねチー太くん。

腫瘍を抱えながらも元気にこんなにも長生きして
くれた親孝行の息子さん。チー太くん。
キャンベル=噛みハムさん とのイメージしか
なかった私にチー太ちゃんはキャンベルさんの
魅力をたくさん教えて下さいました。
チー太ちゃん。お疲れ様ですよぉ。
本当にありがとう。またね!行ってらっしゃい。

ゆあぷ。それからだんな様。とてもお辛いですが、
今はどうぞゆっくりゆっくりされて下さいね。
2008/04/16(水) 08:42 | URL | へこ   [編集]


チー太君の突然の旅立ちに驚いています。
先日、我が家のポッポちゃんに続きポコも旅立ってしまい
今年の春は寂しい季節となってしまいました。
だけど、チー太君、2歳4ヶ月は立派だったよね。
ゆあさん、ご主人さん、そしてチー太君ファンの方々に
たくさん可愛がられ本当に幸せなハム生だった事でしょう。
ゆあさんも寂しくなってしまいましたね。
どうか気を落とさず、ゆっくりゆっくり笑顔を取り戻して下さい。
チー太君の可愛いお顔、私好みの毛色・・・・・忘れないよ。
チー太君、今まで可愛い姿を見せてくれてどうもありがとう!
またいつか、逢える事を信じて、またね・・・・・
2008/04/16(水) 09:42 | URL | ちえ   [編集]


チー太ちゃん、ありがとね。
かわいいかわいいチー太ちゃん。
眠るように旅立ってしまったのですね…。
最期の時まで本当におりこうさんだったのですね。
ほんとに眠っているだけのようですね。
おめめなんか、まだキラキラしてるし…。

辛い辛いお別れですが、ゆあぷぅもおやつ係りの旦那さまも
どうかゆっくり元気になってください。

チー太ちゃん、かわいい姿をいっぱいいっぱい見せてくれてありがとうね。
お空からチー太ちゃんにそっくりなうちのちいりんを見ていてね。
ゆっくりお休みね。
2008/04/16(水) 16:19 | URL | ざりちゅん   [編集]


チー太ちゃんまたね
チー太ちゃんは不死身だと思ってました。でもたぶん、ちょっと眠ったまま旅に出ているんだろうな。ハムスターランドに行ったら、すぐとんぼ返りでゆあさんちに帰ってきそうだよね。待っているからね。           ゆあさんも旦那様も、しばらくさみしいでしょうけど、ゆっくり元気を取り戻してください。              チー太ちゃん、かわいい姿をありがとうございました。

2008/04/16(水) 19:23 | URL | オリーブ   [編集]


ちー太ちゃん・・また会おうね
チー太ちゃんの突然のサヨナラ…
久しぶりに訪問してみたら、昨日突然のことだったのですね。
ビックリしました・・・。
でもチー太ちゃんらしく、静かに穏やかに…ひっそりと、
そして気高いほど見事な最期でしたね。
お写真、なんだかまだ生きているようです。
ちょっとだけ疲れてひと休みって感じでしょうか。

きっと天国でお休みして、こっちを覗いたりして
先にいったみんなと仲良く遊んだりするのかな。
2年4ヶ月、立派な長寿でした。
さよなら、チー太ちゃん。またいつか会おうね。
2008/04/16(水) 22:34 | URL | ニキ   [編集]


なんと・・・・・、あまりに突然のことでビックリしています。。。(T 。T)
可愛いハートの肉球記事のあとすぐにとは・・・・・最後まで愛らしい姿を見せて旅立ってしまうところが、とてもチー太君らしい。。。
魂が抜けたあとのチー太くん・・・・・毛並みも体格もまだまだ頑張るオーラが出ているように思いますし、開眼した黒い瞳はゆあさんを一目見てから旅立とうという意思を感じずにはいられません。

野生味溢れる、ゆあさん自慢のキャンベルハムスターチー太君。
天国に行ったらレイちゃんによろしくね・・・・・どうか安らかに。。。
チー太君のご冥福をお祈りします。
2008/04/17(木) 11:36 | URL | えーきち   [編集]


チー太ちゃん
記事を拝見しながら、泣いてばかりで
なかなか言葉がみつからず、遅くなってしまいました・・・。
腫瘍を抱えながらも元気いっぱいだったチー太ちゃん。
あまりに突然でびっくりしました。
チー太ちゃんもまさかお空に旅立つなんて思ってなかったんでしょうね。
チー太ちゃん、まだまだかわいいお顔を見せてくれると思っていました。
チー太ちゃんがゆあさん宅にやってきたのが
ついこの間のように感じますね。
新幹線でお迎えに行かれた事、今でもよく覚えています。
チー太ちゃんがゆあさんの所にやってきてくれて
それがきっかけで、私もこはるをお迎えできたと思っているので
本当に何とも寂しく思っています。
チー太ちゃん、今にも起き上がりそうな姿のまま
お空にかえってしまったんですね。
きっと苦しむことなく、あっという間の出来事だったんでしょうね。
あぁ、、、まだ信じられません。
チー太ちゃん。
寂しくなってしまいましたね。
チー太ちゃん、どうもありがとうね。
お空でゆっくり休んだら、またゆあさんちに戻っておいでね。
2歳4ヶ月、とっても長生きさんでしたね。
チー太ちゃんのご冥福をお祈りします。
ゆあさんも旦那様も、どうかゆっくりと元気を取り戻してくださいね。
2008/04/17(木) 16:43 | URL | こてつ   [編集]


ありがとう
チー太くん、急に行ってしまったのですね。
何だか私もとても淋しくなりました。

けれどもゆあさんご夫婦に沢山の幸せをもらい、そして沢山の幸せを置いていってくれましたね。
私も写真やゆあさんの文章からその幸せをいっぱいわけてもらいました。

チー太くん安らかに、かわいい姿を沢山見せてくれてありがとう。またね…。

2008/04/17(木) 17:19 | URL | まーにゃんママ   [編集]


チー太君、おやすみなさい。
お久しぶりです。
書き込みはしませんでしたが、日参させて頂いておりました。

あまりにも突然の旅立ちで、呆然としてしまいました…。
生き物と一緒に暮らす以上避けては通れない道とはいえ、何度経験してもその痛みは和らぐ事はありませんよね。
とてもお辛いと思います…。
でも、またゆあさんの所へ戻ってきてくれると思います。
ゆあさんと旦那様の愛情を体一杯感じてたと思いますから。

チー太君のご冥福をお祈り致します。
2008/04/18(金) 20:50 | URL | でび   [編集]


チー太くん、またね
こんばんは。
チー太くん、お空へ旅立っていったんですね。
あっちではこんなふうにうれしそうにペロペロすることはできないですよね。
もう少しこっちにいてもよかったのにね。
チー太くん、かわいい姿をたくさん見せてくれてありがとう。
ゆっくりあっちで休んでまた帰ってきてね。
2008/04/20(日) 22:19 | URL | NEKO   [編集]


チー太くん、お元気で
あんなに元気だったのに・・・。
突然のことで、驚いています。
いままでかわいい姿を見せてくれてありがとう。
お空の上で、少しゆっくりしたら、また大好きな
ゆあさんのもとに帰っておいでね。。。

チー太くんのご冥福を心よりお祈りいたします。
2008/04/22(火) 04:33 | URL | くろすけ   [編集]


チー太くんありがとう
今頃は、お空で、ミー太君と再会したりして、歴代ハムちゃんたちと楽しくすごしているかな。

チー太君は、ゆあさん達に病気で苦しむ姿をみせるよりも
すぱっと突然旅立つことを選択したのかもしれませんね。
チー太君自身、ゆあさん達が突然のことに
ショックを受けるかも。。と心配したかもしれないけど、
ゆあさん達はチー太君の優しさを知っているから、
彼の気持ちを受け止めてあげてる思いが文章ににじみ出ていました。

チー太君のはんてんでのお昼ねシーンなど、
種の違った生き物同士の
限りない優しさに満ちた日々に、教えられることはいっぱいありました。
チー太君、そして、チー太君の優しさを文章につづってくれているゆあさんに、ありがとうです。
2008/04/26(土) 11:18 | URL | tenko   [編集]


ぶのし。さん。
ありがとうございます。
チー太はひとりで行ってしまいましたが、苦しくなかったようなので、何よりだったと思います。心臓が弱ってきていたのだとは思うのですが、ハムの場合、詳しい検査も無理ですし、この年齢で薬を開始することはもう考えられませんでした。
それについては後悔はないのですが、やはり、理屈でなく、寂しいです。

こてつさんのところでおけいさんとお知り合いになって、それから半年後くらいにチー太がやって来て。それから、ぶのし。さんのおうちに、うまぼん君やしょぼたんが来てくれて…。
チー太が残してくれたいろいろなことが、すべてキラキラした思い出になっています。チー太に、また会いたいと思います…。
2008/05/01(木) 21:22 | URL | ゆあ   [編集]


ぷくぷくさん。
ありがとうございます。
いままでもハムを亡くして立ち直るのに時間がかかったことは何度もありますが、チー太の場合は特に、いつでも全力投球でお世話してきたということと、元気なまま突然の旅立ちだったということがあって、亡くなったことを気持ちの中で消化するのに時間がかかっています。
ずっと、チー太が病み衰える姿を想像できずにいたのですが、そのとおりになってしまいました。お見送りができなかったのは残念な気がしますが、こういう旅立ちはいかにもチー太らしくて、私の気持ちの中ではかえって違和感がなくてしっくりしています。
チー太はとても運のいい子で、チー太に関することは何でも、無駄がなくてスムーズに事が運びました。腫瘍があっても排尿障害にもならず、苦しまずにあっさり旅立てたことも、チー太がもって生まれた運だと思います。
またいつか、かわいいチー太にあえたらいいなぁ…と思っています。
2008/05/01(木) 21:24 | URL | ゆあ   [編集]


しゃんぷうさん。
いまごろは、そっくりな先輩、グー太君にごあいさつを済ませたことでしょう。
旅立った方は、安らかに、もう痛みもなく…。残された方は、旅立った者が残していった痛みを噛みしめて消化するのが、務めなのでしょうね。
お言葉、ありがとうございました。
2008/05/01(木) 21:25 | URL | ゆあ   [編集]


おけいさん。
お迎えしてから、とても楽しい日々を過させてもらいました。あまりに楽しくて、キラキラしたかわいいチー太が、ずっとこのまま居てくれるような錯覚をしていました…。
私たちにキャンベルのかわいさを思い出させてくださったおけいさんとチー太に、心から感謝しています。
ご縁があって、出会いがあって、別れがあって…そして、またいつか出会いがあることを信じて、待っていたいと思います。
本当に、ありがとうございました。
2008/05/01(木) 21:26 | URL | ゆあ   [編集]


応子さん。
こなつちゃんも旅立ったのですね…応子さんのおうちで紅一点の、かわいいハムちゃんでしたのに…。おつらいときにお言葉をいただきまして、ありがとうございます。
突然の旅立ちは、まさに、「返してほしい」という気持ちですね。私は、あと数日かも…という予感もなしに旅立たれたのが初めてなので、いっそう、そういう気がしました。
でも、旅立ちを受け入れていくことが、旅立った子たちの冥福を祈ることにつながるのだと、自分に言い聞かせていこうと思います。
こなつちゃんもチー太も、お空でものんびりとしあわせに暮らしてくれますように。
2008/05/01(木) 21:28 | URL | ゆあ   [編集]


ロンママさん。
ありがとうございます。
私もなぜか、チー太はずーっと居てくれるような気がしていました…。紅緒ちゃんのことも、旅立ったと頭ではわかっていても、ずっとロンママさんのところで元気に暮らしてくれているような、そんな気がしていました。
ロンママさんたちにお会いできて、あの時、すごく楽しかったですし、その後もお付き合いいただけてとてもうれしく思っています。紅緒ちゃんやチー太のとりもってくれたご縁ですね。
チー太はいまごろ、紅緒ちゃんと再会して、武緒ママやひろみパパとも再会して、お空でも楽しく暮らしていることと思います。
また戻って来てくれる日を、楽しみに待ちたいと思います。
2008/05/01(木) 21:29 | URL | ゆあ   [編集]


けこはむさん。
ありがとうございます。
いつも見守って、応援してくださり、チー太も私も励みになっておりました。
チー太は、私が言うのも何ですが、上品でかわいくて思いやりがあって…。くろっちくんやぎんちゃんの一族として恥ずかしくない、立派なハム生を送ってくれたと思います。
またいつかめぐり会いたいと思います。かわいがっていただきまして、ありがとうございました。
2008/05/01(木) 21:30 | URL | ゆあ   [編集]


深雪さん。
ありがとうございます。
心臓が弱ってきているのは承知していたのですが、食欲も元気もあって、あの日あの時に旅立つかもしれないとは、全然想像もしていませんでした。
でも、ハムを育てて老年になってくると、いつも、長生きよりも旅立ちの苦しさが少ないことを願ってしまう私たちの気持ちを、チー太は敏感に感じていたのかもしれません。
悔いがないくらいチー太を溺愛してきましたし、旅立ちも苦しくなかったと思えますので、何も心残りはないんです…ないんですが、寂しくて。
また出会える日を楽しみに、待っていたいと思います。
2008/05/01(木) 21:31 | URL | ゆあ   [編集]


へこぷぅ。
元気な姿のまま旅立ったのは、私たちに長くつらい思いをさせないようにというチー太の配慮かな、と、いまでは思っています。
チー太の苦しみが少なかったことにホッとしていて、見送れなかったのが残念だという気持ちは、私の心の中ではあまり強くないような感じです。
ちいぷうお姉ちゃんほどの長生きを目指してほしかったですが、腫瘍を抱えながら排尿障害も起こさず、腫れからの大出血も乗り越えて、亡くなる直前までかわいい様子を見せてくれたことに、とても感謝しています。
キャンベル広報部員として、へこぷぅや皆さんに、かわいいと思ってもらえたのでしたら、チー太も光栄だと思っていることでしょう。
いつも見守ってくださり、ありがとうございました。
2008/05/01(木) 21:32 | URL | ゆあ   [編集]


ちえさん。
ポッポちゃんに続いて、ポコちゃんも旅立って、ちえさんのおうちも、お寂しくなりましたね。
でも、元気爆発中のポジョラちゃんが居てくれるので、とても楽しそうでうらやましいです(*^・^*)
ポコちゃんより2ヶ月ほど年下でしたが、同じオレンジ系の毛色をもっていたということで、ポコちゃんのことをチー太の親しいお姉さんのような気持ちで拝見していました。
チー太は、ポコちゃんのあとをさっさと追って行ってしまいましたが、生き方も旅立ちの状況も、とてもチー太らしくて、それについては悲しい気持ちはないのです…。でも、ただ寂しくて。
またあえる日を楽しみにして、ゆっくり待っていようと思います。いつも見守ってくださり、ありがとうございました。
2008/05/01(木) 21:34 | URL | ゆあ   [編集]


ざりぷぅ。
ありがとうございます。
元気なまま眠るように旅立ってくれたことは、心からよかったと思っています。ハムを育てる上では楽しいことがとてもたくさんありますが、だんだん病み衰えるのを見守って旅立つのを見送るのは、本当につらいですから…。
つらくても、楽しい日々をくれたハムたちへの恩返しとしてしっかり見守るのが務めだと思ってはいますが、できるなら、ハムにとっても人間にとてもつらくない方がいいですよね。
だから、ざりぷぅが言ってくださったように、チー太は最期のときまで、とてもおりこうだったと思っています。
そして、かわいがり尽くして、自分に中には後悔はほとんどないという気がしています。
ただ…。突然断ち切られたチー太との日常。それを受け入れるのに、いままでの子たちのとき以上に時間がかかっていますが…。
チー太の血縁、チー太とそっくりなちいりんちゃんが、チー太の分まで楽しく暮らしてくれることを、願っています。
2008/05/01(木) 21:36 | URL | ゆあ   [編集]


オリーブさん。
ありがとうございます。
おけいさんのおうちでオリーブさんに抱っこしてもらった、おちびだったチー太は、立派にハム生を全うして、行ってしまいました。
私もチー太は不死身だと思っていました。腫瘍や腫れを抱えて危ない状況だったときもありましたが、毛並みもきれいで元気もあって、亡くなってからでさえ2歳4ヶ月には見えませんでした。
私の心の中に、ピカピカの思い出だけを残して行ってしまいました…。
ちょっと休憩したらまた戻ってきてほしいと思います…。
2008/05/01(木) 21:38 | URL | ゆあ   [編集]


ニキさん。
心臓が弱ってきているのでは…?とは思っていましたが、こんなに早く、突然行ってしまうとは、予想もしていませんでした。
でも、ハムを育てる中で一番つらい、病み衰えていくのを見守るという務めを、私たちにさせないように配慮してくれたのかもしれません。
かわいいだけで、困ったちゃんなところは何一つなかったチー太を、溺愛していました。チー太との日常が断ち切られてしまったことを完全に受け入れるには、もう少しかかりそうです…。
チー太は、お空からこっちを見ていてくれるでしょうか。また出会えることを楽しみに、待っていたいと思います。
お悔みのお言葉をありがとうございました。
2008/05/01(木) 21:39 | URL | ゆあ   [編集]


えーきちさん。
年齢的にはもう平均寿命を超えていたと思うのですが、身体のピカピカ具合は、えーきちさんに抱っこしてもらった若いころとそんなに変わっていなくて、こんなに早く旅立つとは、想像もしていませんでした。
ヨシオ君のように、遠山桜(?)を見せてくれるまで、居てくれてもよかったのに…と思います。
お空で、レイちゃんにも会えたかな…そうしたら、もう、黒猫君の奥さんだったりして…。もし、レイちゃんが独身だったら、チー太にチャンスがあるかも? お空組、みんなゆったり暮らしてほしいです。
お悔み、ありがとうございました。
2008/05/01(木) 21:40 | URL | ゆあ   [編集]


こてつさん。
お心遣い、ありがとうございました。
チー太がやって来たのは、こてつさんのBBSでおけいさんとお知り合いになったことがきっかけでしたから、こてつさんには、とても感謝しています。
ご縁の輪ができて、キャンベルつながりも広がっていきましたね。キャンベルの広報として、こはるちゃんもチー太も、十分活躍してくれましたよね。ジャンガリアンはもちろんかわいいですが、キャンベルのかわいさはまた一味違っていて、どうしても惹かれてしまいます。
チー太のことをいつも見守ってくださって、ありがとうございました。お空で、みんなに仲良くしてもらっているころだろうな…と思います。
またいつか会えると信じて、ゆっくり待っていたいと思います。
2008/05/01(木) 21:41 | URL | ゆあ   [編集]


まーにゃんママさん。
ありがとうございます。
溺愛して来ましたので、もう少しこう接すればよかったかも、というような後悔は、ほとんどありません…。ただ、急にチー太という存在が居なくなって、寂しさだけが残っています。
もう少し居てくれてもよかったのに…と思う半面、病み衰える前にあっさり行ってしまうのがいかにもチー太らしくて、旅立ちの状況については、あれでよかったんだと思っています。
とはいえ、そう納得はしていても、やはり、残された私たちは、まだ寂しさから逃れることができません…。
いつもチー太のことを見てくださって、ありがとうございました。
2008/05/01(木) 21:43 | URL | ゆあ   [編集]


でびさん。
ずっと見てくださっていたのですね、ありがとうございます。
ハムの寿命が短いのはわかっていても、こうして亡くしてしまうとそのたびに、もっと居てくれても…と思ってしまいます。
ミー太の場合は、老化が1歳過ぎごろから始まって、亡くなる1ヶ月以上前から腹水もたまり、ああ、もう仕方がないのだ、という気持ちになれたので、悲しみを長く引きずっていたとはいっても、自分の中では消化しやすかったです。
チー太の場合は、年齢的には老ハムでしたが、若々しくて、まだ私たちに心の準備はできていませんでした。今回は、チー太との生活が断ち切られてしまったことを消化することから始めています…。チー太と過ごした日々にも旅立ちの状況にも納得していて、こうすればよかったというような心残りはないはずなのですが、それと寂しさとはまた別ですね。
またチー太とあえる日を楽しみに待ちたいと思います。ありがとうございました。
2008/05/01(木) 21:44 | URL | ゆあ   [編集]


NEKOさん。
ありがとうございます。
本当に、もう少しこっちに居てくれてもよかったのに、と思います。
2日おねえさんの小雪ちゃんを、きょうだいのように感じながら過ごさせてもらいました。小雪ちゃんには、まだまだNEKOさんのそばに居てもらいたいです。
チー太は亡くなる日までおいしいものをたくさん食べて、満足して旅立ったと思います。そして、お空では、もしかすると食べ放題かも? そうだったら、食いしん坊のチー太にはうれしいと思います。
チー太が戻って来てくれる日を、楽しみに待ちたいと思います…。
2008/05/01(木) 21:45 | URL | ゆあ   [編集]


くろすけさん。
お悔み、ありがとうございます。
毎日たくさん食べて、元気だったので、こんなに早く旅立つとは、予想もしていませんでした。
でも、旅立つときの苦しさは少なかったと思えますので、あれでよかったんだと、納得しています。
…とは言いながら、取り残された寂しさが消えるまでには、相当時間がかかりそうです…。
また会えるといいなぁ…という気持ちで、チー太のことをずっと待っていたいと思います。
2008/05/01(木) 21:47 | URL | ゆあ   [編集]


tenkoさん。
ありがとうございます。
1年前に行ってしまったミー太とも、いまごろ再会していることでしょうね。
ミー太のときには、亡くなるかなり前から覚悟ができていましたので、悲しみは長引きましたけれど、ミー太が居ない状態を自分の中で消化しやすかったのです。
ですが、チー太の場合は予想もしていませんでしたから…。亡くなった状況自体は、私たちにつらい思いをさせないで旅立つというチー太らしい選択だったと思えるのですが、チー太との生活が突然断ち切られてしまったことには、まだ完全には慣れることができずにいます。
何度経験しても、ハムとのお別れはつらいです。
またいつか、チー太だ!と思える子に出会えることを楽しみに待ちたいと思います。
2008/05/01(木) 21:48 | URL | ゆあ   [編集]
コメントを投稿する
URL:


コメント:


非公開: 管理者にだけ読めるようにする
Pass:
 
 この記事のトラックバックURL