http://your8686.blog48.fc2.com/


 スポンサーサイト
--年--月--日 (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 腫瘍の経過
2005年01月28日 (金)

ミー太の肺炎の症状は、薬が効いてきたのか、だんだん改善してきました。

おなかの腫瘍は、最初、広い範囲が赤くなってじんましんのように少し盛り上がっていたのですが、一昨日、だんだん中央の直径1センチ弱くらいの部分だけが膨らんできました。
色も、ニキビのような感じの、赤いような、黄色いような色に変化してきました。


そして、昨日。
ミー太は、腫瘍の部分が気になって仕方がなかったのでしょう、自分で引っかいて傷をつけてしまいました(^^;

ミー太は以前、臭腺の部分を自分で引っかいて傷つけた前科があるので、腫瘍が「ニキビのような感じ」になってきたことで、ちょっといやな予感はしていたのですが、どうにも防ぐ方法がないので…。


夜になって経過をチェックしてみると、カサブタになっている部分から膿のようなものがにじんでいたので、ふくらみを軽く押してみました。
すると…ビュッという感じで、白っぽいクリーム状の分泌物が出てきました!!
慌ててダンナを呼び、スタミノンでミー太の気をそらしてもらいながら、私は、軽く押しては綿棒で分泌物を拭い取るという作業を、夢中で繰り返しました。

どこにそんなに溜まっていたの?というくらい、大量の分泌物が出ました。
ミー太が気にして引っかいたのも、納得できる気がしました。
分泌物は、色と感触から、膿というより脂肪に近い感じでした。
最後に、人間用の消毒薬(マキ○ン)を傷口に塗って、終了。本当は人間用の薬は使わない方が良いのかもしれませんが、緊急の場合なので…。

ミー太が傷をなめないようになだめながらなでているうちに、寝入ったので、そのまま仰向けで寝かせ、ダンナと交代しながら、1時間くらい手の上で様子を見ました。
そのうち傷が乾いてきたので、やっと巣箱へ。

これは、今朝の傷口の様子です。
きれいにカサブタができて、化膿している様子はありません。
腫瘍はぺチャンコになり、赤みも取れました。
結果として、ミー太は自分で処置してしまったということでしょうか…(^^;


腫瘍の経過として、こういうこともあるのですねぇ…。
先日診察してもらったとき、獣医さんは、「たぶん脂肪腫でしょう」とおっしゃっていました。
ミー太のおなかの腫瘍は、皮下すぐのところにできていた脂肪腫だったから、たまたまこういう経過になったのかもしれません…。

右耳の後ろにできている腫瘍の方は、皮下すぐのところにあるような感じではないので、同じ経過はたどらないと思うのですが…。
全身の状態も改善してきたように見えるので、とにかくできることをして、しっかり見守っていきたいと思います。



コメント


わお~っ!ミー太ちゃん、自分で治療?をしてしまったんですか(汗)
読んでいてドキドキしました・・・・( ̄∇ ̄;)でも、腫瘍がペチャンコになり赤みも取れたのだったら結果オーライですよね!うちのちゅーすけも脂肪腫だったのですが、ミー太ちゃんとは違った経過を辿りました。同じ病名でも、ひとくくりにはできないという事ですねぇ。それにしても、冷静に判断して処置をされたゆあぷぅ&ダンナ様、本当にご苦労様でした。ママとパパを絶対的に信頼していて、なおかつ仰向けになることに慣れているミー太ちゃんだからこそ、できた処置ですよね~(^^;いつも思うのですが、エルフィンの先生に「ネット診断」をしていただけたら、安心できるのになあ!お忙しい先生だから無理でしょうけど・・・。
ミー太ちゃんの全身状態は改善してきたようだし、もうひと踏ん張りですね☆ゆあぷぅ、ご自分の体調にも気をつけて頑張って下さいね(*∩_∩*)
2005/01/28(金) 16:28 | URL | みゆみゆ   [編集]


ミー太ちゃんは仙人でしょうか!?自ら治してしまうなんて・・恐るべしハムちゃんです!なんだか舌の色を見て病気を判断したり気功で病を吹き飛ばしそうな勢いですね・・。
でも全身の状態が改善してきてるとの事で本当に良かったです!ゆあぷぅとご主人の二人三脚看病技に脱帽しました。ハム飼いのお手本ですね・・。みゆぷぅもそうですが、皆さん本当に自分のハムちゃんを心から大事にしてるのが分かるので、そんな皆さんとお友達になれた私はとっても幸せ者です(〃▽〃)
どうかミー太ちゃんの看病、頑張って下さいね♪あと、みゆぷぅも書いてある通りゆあぷぅも体調には気をつけて下さい^-^
ミー太ちゃんっ、ファイトー!!
2005/01/28(金) 16:48 | URL | ひとみ   [編集]


脂肪腫って、人間でいうニキビに似てるんですね。
ミー太君の行動は自己防衛反応なのでしょうか?
結果オーライで、めでたしめでたし!!
ウチの子たちは老衰とか泌尿器系(たぶん)の病気しか
体験したことがないので
腫瘍とかの診断だとかなりオロオロしちゃうかもです(@_@。
病気もかなり個体差があらわれるようですね。
毎日の健康チェックを念入りにせねば・・・と心に誓うtamukingでした!
2005/01/28(金) 19:45 | URL | tamuking   [編集]


ミー太兄貴、すごい自然治癒力だっ!今日の日記は読んでいて本当にハラハラしちゃいましたよぉ。読み終わって「ほーこんなこともあるんだ~。」と感慨深かったです。それにしてもミー太兄貴はおりこうさんだね~。腫瘍がぺっちゃんこになったら、後はカザフタがとれるのを待つだけだねっ!ゆあぷぅ、ミー太兄貴、がんばれ~~!
2005/01/28(金) 22:40 | URL | ざりちゅん   [編集]


みゆぷぅ~ そうなんです! ミー太は、自分で治療してしまいました(^^;
我が家にも脂肪腫になった子がいますが、いまのミー太のような経過ではなく、亡くなるまで腫瘍を持ったままでした…。ちゅー君もそうでしたよね?同じ病名でも、体調や状況によって、経過はそれぞれですねぇ…。
今回は結果が良かったからいいようなものの、ミー太の、力任せになんでもしてしまう性格にはヒヤヒヤします。普段はおとなしい子なんですけれどねぇ(^^;
エルフィンの先生のおかげで、肺炎も軽くなっている感じなので、もうひとふんばり、看病をがんばって行きたいと思います。ご心配&お心遣い、ありがとうございました。
2005/01/30(日) 16:30 | URL | ゆあ   [編集]


ひとぷぅ~ 仙人or荒療治専門家のミー太です…(^^; こちらは慌てるばかりだったのですが、ミー太は、処置の間も終わってからも、おいしいものがもらえるかどうかの方が気になっていたようです(笑)
ハムの健康には、自分の健康よりも気を遣っている!と言い切れる私達ですが、そういうハム飼いさんって、多いですよね? ひとぷぅも、お話からするとかなり重症のハム中毒患者さんだったようですが…。そういう飼い主さんが、またハム飼いに復帰してくださると、ハムの世界はいっそう平和になると思うので、機会があったら、ひとぷぅもぜひ復帰してくださいね!
ご心配&励ましのお言葉、ありがとうございました~。
2005/01/30(日) 16:31 | URL | ゆあ   [編集]


tamukingぷぅ~ 脂肪腫全部がそうだとは言えないと思うのですが、今回のミー太のおなかの脂肪腫は、人間のニキビの、大きくて根の深いものによく似ている感じでした。
ミー太は普段はおとなしいのですが、いったん思いつくと、力で押し通そうとするところがあって、油断できません。チー太は、することが割りとあっさりしているのですが…(^^;
腫瘍は本ハムにとっても、飼い主にとっても気になるモノですが、良性なら、気分的には楽です。悪性の腫瘍がみるみる大きくなるのは本当にやりきれませんから…。
マロちゃんにも、皆さんのハムちゃん達にも、うちの子達にも、なるべく痛い思いをしないように穏やかに年取ってもらいたいですねー。ご心配ありがとうございました。
2005/01/30(日) 16:31 | URL | ゆあ   [編集]


ざりぷぅ~ かなり予想外の展開でしたが、結果的にはおなかのジャマモノが無くなって、楽になったような感じです。人間でもおなかにあんな大きなデキモノがあって腫れていたら、気になりますよね。
今日は、カサブタも小さくなって(自分ではがそうとした?)、腫瘍だった部分は、カサブタ以外、もう他の皮膚と同じ色になっています。ハムの治癒力は驚異的ですね…。
ちいぼうちゃんのふくらみの方は、どうでしょうか? ふくらみや腫瘍といっても、症状や経過がさまざまで、人間が手助けできることはほんの少しなので、とても歯がゆいです。
引き続き、がんばって看病したいと思います。応援に元気付けられています。ありがとうございました!
2005/01/30(日) 16:32 | URL | ゆあ   [編集]
コメントを投稿する
URL:


コメント:


非公開: 管理者にだけ読めるようにする
Pass:
 
 この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。