http://your8686.blog48.fc2.com/


 追いつけたかな…
2005年07月14日 (木)

チー太が亡くなりました。

昨日午前中から、また、徘徊とけいれんの発作を繰り返していました。
おさまっているときは、意識も正常になり、少しは食べることもできたのですが…。
だんだんぐったりしていくチー太を見ながら、
苦しいのはもう少しだからね。ミー太君が迎えに来てくれるからね…。
と、声をかけるくらいしかできませんでした。

A.M.3:00ごろから、呼吸が目に見えて苦しそうになったのを見て、抱き上げずにはいられませんでした。
荒い呼吸と、けいれんと。
苦しんでいても、その姿さえ、かわいく思えてしまいました…。

A.M.3:20、軽いけいれんが3度あり、私の手の上から、旅立ちました。
その後すぐ、チー太の顔がニッコリした表情に変化してきました。
いまも、ほほえんでいます。

ミー太に追いつけたのでしょうか。

チー太は、外見も性格も、本当にハムらしいハムで、どんなしぐさをしていても、かわいかったです。
ころころした容姿と、繊細な心と、頭のよさで、私たちを毎日楽しい気持ちにさせてくれました。

ちょっと苦しかったけど、やっとミー太君のところへ行けたね。
よくがんばったね、偉かったよ、チー太。
そして、2年間、楽しい毎日を、ありがとう。
お空に飽きたら、またいつか、戻っておいで…。


チー太のことをかわいがっていただきまして、ありがとうございました。



この写真は2005年4月、引越しより前に撮影したものです。
やせてしまいましたが、いまも、こんな表情で眠っています。




コメント


チ~太くん、逝ってしまったんですねぇ~…何もそんなに急がなくても…本当にミ~太兄さんの事が好きだったんだねぇ。今まで癒しをありがとう。しばらくはゆっくりと休んで、お空の上でミ~太兄さんと遊んで、そしてまた二人でゆあぷぅの処へ戻って来て下さいネ。安らかな表情で微笑んでいるとの事、いかに気持ち良い日々を過ごしていたのかが伺い知る事ができます。優しく暖かく見守ってきたゆあぷぅ、ご苦労様でした。合掌。
2005/07/14(木) 08:22 | URL | akkie   [編集]


はじめまして。初めてコメントさせていただきます。うちのロボも2匹で飼っていたんですが、1匹が突然亡くなった後、後を追うようにもう1匹もすぐに亡くなってしまいました。今はまだ悲しくて、つらい毎日を過ごされているんでしょうね。私も毎日楽しみに拝見させていただいていただけに悲しいです。2匹のご冥福をお祈りいたします。
2005/07/14(木) 09:04 | URL | みき坊   [編集]


チー太ちゃん・・ミー太ちゃんがお迎えに来たんですね・・。ゆあぷぅにとって可愛いミー太ちゃんとチー太ちゃんの連続の旅立ちで辛い日々だと思います・・。チー太ちゃん、ミー太ちゃんがお迎えに来てくれて不安なく旅立ったんじゃないかな?ミー太兄さんがいるから僕も安心して旅立つよ!って・・。いつまでもミー太ちゃんとチー太ちゃんはゆあぷぅご夫婦の側で見守ってくれてると思います。大好きな大好きなゆあぷぅご夫婦だもの!ミー太ちゃんとチー太ちゃんだけじゃなく、今までゆあぷぅ宅で過ごしてきたハムちゃん達は皆幸せだったと思います!そのうちミー太使者とチー太使者が次なる幸運なハムちゃんをゆあぷぅご夫婦の元へと届けてくれるのかもしれませんね・・。
チー太ちゃん、本当にありがとう!大好きでしたよ♪
2005/07/14(木) 13:37 | URL | ひとみ   [編集]


チー太兄貴…こんなに急に旅立ってしまうなんて。。胸が張り裂けそうです。最期まで仲良し兄弟だったんだね、ミー太&チー太は。チー太兄貴はきっとすぐにミー太兄貴に会えたんだね。こんなに短い間隔で旅立ちを見送ったゆあぷぅとパパの心情を思うと、もうやり切れないほど、悲しい気持ちでいっぱいです。でも優しいチー太兄貴はひとりぼっちで過ごすほうが辛かったのかな…と考えると、追いかけて追いついて幸せなんだと思うことで、少し慰められます。
私事で恐縮ですが、先日7月10日は、うちの先代「ちいちい」の2周忌でした。遺影に向かって「お空ではいっぱいお友だちできたね。」と話しかけました。お空のお友だちが増えるのは、私たちには、とても辛く悲しいことなのですが…。
ひとぷぅが書いてくれてるように、ミー太&チー太の二人の天使が、ずっとゆあぷぅ夫婦を見守ってくれると思います。いつか二人揃って帰って来ますように!
優しくてかわいくて、かっこいいチー太兄貴、ありがとうね♪
2005/07/14(木) 15:24 | URL | ざりちゅん   [編集]


ゆあぷ。とっても残念です。チー太ちゃんはミー太おにーちゃんの分まで
もうちょっぴりだけ元気でいてくれるのでは・・・と思っていました。
ベビーの頃からおにーちゃんの事を意識していたのでしょうね。
そのおにーちゃんが先にお空に旅立ってしまったから。。。
ミー太ちゃんを失った悲しみもいえぬまま今度は
チー太ちゃんもお空に旅立って行ってしまって
もうゆあぷに何と言葉をかけてよいのかわかりません。
ミー太ちゃんもチー太ちゃんもゆあぷママとパパの
愛情をしっかり受け止めて、素直でおりこうさんでとっても優しくて
本当にステキなきょーだいでした。
チー太ちゃん。大好きなおにーちゃんとそしてお友達と蓮の葉っぱに
寝転んだりおやつ食べたり、楽しく過ごしてね。そして大好きなパパと
ママを見守っていてください。
2005/07/14(木) 16:05 | URL | へこ   [編集]


チー太ちゃんも旅立ってしまいましたか・・・。
もうミー太ちゃんに会えたでしょうか。
ミー太ちゃんの事、本当に大好きだったんですねぇ。
またミー太ちゃんとチー太ちゃん、ゆあさんちに戻ってきてくれると思います。
チー太ちゃん、にっこりとした表情に変わってきたのですね。
きっとゆあさんちで過ごせて、本当に楽しかったんでしょうね。
チー太ちゃん、いつもかわいい表情を見せてくれてありがとう。
どうか安らかに・・。
ご冥福をお祈りします・・・・。
2005/07/14(木) 19:31 | URL | こてつ   [編集]


チー太兄貴。。。おっきくってまん丸なボディー、男気いっぱい(←「直立一本○"そ」は男気そのものです!)に見えるけど、実はとっても繊細な心を持ったチー太兄貴が大好きです。ゆあぷぅとパパにとって、チー太兄貴の旅立ちは悲しくて切ない事だけど、微笑んで旅立ちの挨拶ができたチー太兄貴は立派だったね。ミー太兄貴に追いついたら自慢しちゃうんだよ。そして、お空で仲良くゆあぷぅとパパの事を見守ってくださいね。
お腹がよじれるくらい大笑いした面白い仕草や、心がほんわかする可愛い仕草をいっぱい見せてくれてありがとうね、兄貴!
ゆあぷぅ、切ないです。。。
チー太兄貴は、頬袋に入りきらないくらいいっぱい、ゆあぷぅご夫婦との思い出と感謝の気持ちを持って旅立ったことと思います。
どうぞゆっくりと悲しみを癒してくださいませ。
2005/07/14(木) 19:49 | URL | エマ   [編集]


チー太くん、ミー太くんの元に旅立ったのですね・・・。
日記を読んでいて、自分の家のハムのことのように涙が出そうです。
優しい顔立ちのミー太くんとは対照的に、きりっとした2枚目だったチー太くん。
ミー太くんと同様に大好きでした。
ゆあさんご夫婦に愛されて、きっと幸せなハム生だったことでしょう。
チー太くんのご冥福をお祈りします。
2005/07/14(木) 19:54 | URL | ぶのし。   [編集]


チー太ちゃん、ミー太ちゃんのトコに行っちゃったのですね。記事を見て正直、驚きました。急がなくても、何時かミー太ちゃんと逢える日が来るのに本当にお兄ちゃん子なんだから・・・。ミー太ちゃんの事大好きだったんだね。今頃二人で何をしているのかな?チー太ちゃん最後は少し苦しかったのに笑ったお顔になったのはミー太ちゃんに逢えたからなのかな。。ミー太ちゃん、チー太ちゃん、君達を心から愛してくれたゆあさん夫婦をお空のうえから見守っていてあげてね。
二人ともまるで天使のような笑顔で私も癒されました。たくさんの幸せをありがとう。
今は二人を失った悲しみは計り知れないと思いますが、どうかゆっくりと心を癒してください。チー太ちゃんのご冥福をお祈り致します。
2005/07/14(木) 20:56 | URL | うらら   [編集]


チー太くんもお星様になってしまったんですね
今ごろミー太くんと一緒にお空から
大好きなゆあさん達を見てることでしょう
ゆあさんお疲れ様でした。
チー太くんのご冥福をお祈りします。
2005/07/14(木) 21:19 | URL | ちびちゅう   [編集]


チー太兄貴・・・
良きライバルで良き相棒だったミー太兄貴を追っかけて、一目散にお空の上に駆け上って行ったんだね・・・(涙)ゆあぷぅ、ダンナ様、そしてチー太ちゃんの大ファンだった私達は、本当に本当に寂しいです。そんなに急がなくてもイイのに・・って言いたくなっちゃう、切ないよ(T T)
でも、今頃はお空の上で、ミー太ちゃんと一緒に「兄貴同盟」を結成して、女の子ハムちゃんのハートをがっちり掴んでいるんでしょうね♪兄貴たちは本当に本当にカッコ良かったです。
ゆあぷぅ、ミー太ちゃんとチー太ちゃんがいなくなったお部屋は、ガランとして寂しいでしょうね、ゆあぷぅのお気持ちを考えると胸が痛みます。でも、兄貴たちは、大好きなゆあぷぅのため、すぐに戻って来てくれるような気がしますよ。その日を心待ちにしています。
2005/07/15(金) 10:10 | URL | みゆみゆ   [編集]


akkieぷぅ。 チー太は、大急ぎでミー太を追っかけて行ってしまいました。
どこか安らかなところへ旅立っていったミー太のことが、うらやましかったのかもしれません…。
いまごろは、お空でゆったりと、ふたりで遊んでいることでしょう。また戻って来てくれるといいなぁ。
やさしいお言葉を、ありがとうございました。
2005/07/18(月) 15:18 | URL | ゆあ   [編集]


みき坊さん。 はじめまして。みき坊さんのおうちのロボちゃんたちも、相次いで亡くなったのですね…。
チー太の様子を見ていて、やはり、「後を追う」という以外に表現のしようがない感じがしました。単独生活が普通で、一緒には暮らしていなくても、ハムには特別な交信手段があって、仲間意識も、とてもあるのではないかと思いました。
ミー太&チー太のことを見ていてくださり、お言葉までいただきまして、本当にありがとうございました。
2005/07/18(月) 15:19 | URL | ゆあ   [編集]


ひとぷぅ。 私たちは無宗教ですが、魂というか、亡くなってもどこかで意識として存在していてくれるんじゃないかと、信じているんです。
そして、その意識の一部がまた生まれ変わって戻って来てくれると思うことにしています。そうすれば、悲しみも受け入れやすいですから…。
でもね、みんな、戻って来ると、前のときにできていたことはすぐにマスターし、代を重ねるごとに甘え方も濃くなっていくので、「戻ってきてくれた」というのも、ただの妄想ではない感じがしています(^^ゞ
ふたりとも、ちゃんと戻って来てくれるといいなぁ…。いつも、やさしいお心遣いをありがとうございます。
2005/07/18(月) 15:20 | URL | ゆあ   [編集]


ざりぷぅ。 顔を合わせたことはなかったけど、ミー太&チー太には、なにか絆があった気がします。いままでハムと付き合ってきて、人間の考えでははかり知れない面がある、不思議な生き物だという気がしてなりません。だから、ハムに引き寄せられて離れられないのでしょうね(^^ゞ
ちいちいちゃんの2周忌だったのですね…。ちいちいちゃんが旅立って、ざりぷぅは、ハムのいない生活を2ヶ月以上していたのですか…。私たちは、ハムなしでいたのは最長で2ヶ月ですが、本当に寂しいです…。ハムたちはもう空の上で幸せになっていると思うのですが、残された自分たちの寂しさは、どうにもやりきれないです…。
早く戻って来てもらいたいと思います。
いつも気遣っていただいて、うれしく思っています。ありがとうございました。
2005/07/18(月) 15:20 | URL | ゆあ   [編集]


へこぷぅ。 チー太は、やって来たときから、見えないはずなのに、ミー太のまねばかりしていました。ミー太の方は、チー太の気配や臭いがするようになっても、やきもちも焼かず、ゆったり構えていたので、顔を合わせたことはなかったけれど、とても相性のいい兄弟だったのかもしれません。
立て続けに旅立たれたのは、本当につらいです…でも、少し落ち着いてきて、チー太が長く老化と闘うことなくミー太に付いて行けたのは、チー太にとって、良かったのだろうと思うようになりました。
私たちにとって、ふたりとも、本当に素敵な存在でした。また会えるといいなぁ…。へこぷぅ、いつもやさしいお言葉をかけていただいて、うれしく思っています。ありがとうございました。
2005/07/18(月) 15:22 | URL | ゆあ   [編集]


こてつさん。 チー太は大急ぎでミー太を追いかけて行ってしまいました。ミー太が旅立ったころまでは、すごく元気で、3歳まで大丈夫かも?と思うくらいだったのですが…。
目立った症状もないまま、あまりに急に痩せてきて、たとえ獣医さんに診てもらったとしても、チー太を引き止めるのは無理だったと思います…。決断に心残りが全くないといったらうそになりますが、ここまで早く旅立ってしまったチー太を引き止めるのはやはり無理だったと思いますし、それなら、通院や投薬で苦労させなくてよかったのだ…と、自分を納得させています。
亡くなってすぐにニッコリしたのは、ミー太に会えたからかな…と思えました。
いつも、見守ってくださって、優しいお言葉をかけてくださり、ありがとうございます。
2005/07/18(月) 15:23 | URL | ゆあ   [編集]


エマぷぅ。 旅立つ前には苦しかったと思いますが、そのあとすぐに、とっても良い笑顔になりました。チー太は、とても、ミー太を追いかけて行きたかったのだなぁ…と、実感できました。
男気がありながら夜のお仕事もこなしていたチー太には、いつも楽しい気持ちにさせてもらいました。リラックスして眠る顔を見ながら、リラックスさせてもらっているのは私たちの方だよ…と、思いました。
ほお袋にたくさんの思い出を詰めて旅立ったチー太のことを、やっと少しだけ落ち着いて思い出せるようになりました。
エマぷぅ、チー太のことをかわいがってくださり、ありがとうございました。
2005/07/18(月) 15:25 | URL | ゆあ   [編集]


ぶのし。さん。 チー太が行ってしまってから、2倍以上の寂しさが襲ってきました。ミー太のときにはチー太がいてくれましたけど、今度はどちらもいなくなってしまって…。
ミー太とチー太は、顔つきも体型も毛質も性格も違っていたのですが、どちらもやさしくていい子でした。やさしい顔立ちなのに、けっこう肝が据わっていて力ワザが得意だったミー太… きりっとした顔立ちなのに、けっこう繊細で几帳面だったチー太… 私たちは、とても恵まれたハムライフを送らせてもらえました。
いつも見守ってくださり、ミー太&チー太をかわいがってくださって、ありがとうございました。
2005/07/18(月) 15:26 | URL | ゆあ   [編集]


うららさん。 チー太は、ミー太のことを慕っていたのではないかと思います。人間が思うような形ではなくても、仲間意識というか、分身のような存在だと思っていたのかもしれません。チー太は亡くなってすぐに、何とも言えない、満足そうないい笑顔になったのです…。
あまりに急に追って行ったので、私にとって、チー太はまだプリプリと元気だったときのイメージのままです。
空の上から、見ていてくれるといいなぁ…。いつも、あたたかいお言葉をいただきまして、ありがとうございます。
2005/07/18(月) 15:27 | URL | ゆあ   [編集]


ちびちゅうさん。 チー太も行ってしまいました。まだ2歳になったばかりなので、もっとずっと楽しい思いを分けてくれると思っていたのですが、ミー太を追って行きました。
急激に衰えが進んだので、自分の対応は本当にそれでよかったのか、という心残りはありますが、通院や投薬や、そういうストレスを与えずにおだやかな気持ちで見送れたので、いまは納得しています。
いつも見守ってくださり、お言葉をかけてくださって、うれしいです。ありがとうございました。
2005/07/18(月) 15:27 | URL | ゆあ   [編集]


みゆぷぅ。 急いで行ってしまったチー太ですが、みゆぷぅのくださったボーロは、ちゃんと味わってから旅立ちました。亡くなる少し前まで、少しですが食べることもできたので、「おいしい」思いを最後まですることができて、チー太は幸せだったと思います。
ふたりともいなくなった部屋は、ただの私の仕事部屋になってしまい、寂しいです…。そのままにしてあるケースを見ては、話しかけたり、ためいきをついたり、涙をぽろぽろこぼしたり…。空の上で、幸せに過ごしていることはわかっていても、自分の寂しさは消せませんね…。早く戻って来てくれたらいいのですが…。
ミー太もチー太も、みゆぷぅになでてもらった思い出を大切に持って行ったと思います。いろいろお心遣いいただきまして、ありがとうございました。
2005/07/18(月) 15:28 | URL | ゆあ   [編集]
コメントを投稿する
URL:


コメント:


非公開: 管理者にだけ読めるようにする
Pass:
 
 この記事のトラックバックURL